「高級ホテル宿泊記リンク集」というサイト
僕はこのブログの管理者として、週に数回は管理者だけに見られるアクセスレポートをチェックしていますが、この数日、このサイトからおいでいただく方が急増しています。
「高級ホテル宿泊記リンク集」というアイスエアさんがもう11年もおやりになっているサイトです。
もちろんホテル・ファンの方にはすでに有名というか、よく知られたサイトでしょうが、日本の高級ホテル別に、そこについて書かれたブログをリンクされています。
ここ数日、僕が最近書いた「高輪・花香路」、「ヒルトン東京」、「ヒルトン東京お台場」、「アンダーズ東京」などが連続して取り上げられているので、そのリンクをたどっての当ブログへのアクセスでしょう。
本当に有難うございます。
11年も続けられているので、もうここのリンク資料数は膨大と言って良い数です。
もしまだご覧になったことのない方がいらっしゃったら、ぜひご覧になって、ホテル選びのご参考になさってください。
(アイスエアさん、勝手にリンクさせていただいてすみませんでした。
不適切でしたら削除します。)

# by shackinbaby | 2017-08-20 13:28 | ホテル | Comments(0)
富山旅行2日目の午後は・・・
「リバーリトリート雅樂倶」発午前11時半の無料バスでJR「富山駅」に。
僕らの旅行は1泊2日なので、この日の午後にはもう富山を離れます。
f0036857_10545876.jpg

駅にある富山土産の殿堂「きときと市場・とやマルシェ」を覗いてみます。
お土産屋がたち並ぶ中、何軒かの飲食店があり、この店は特に行列が出来ていました。
f0036857_10551442.jpg

白えびの専門店「白えび亭」。
最近は東京駅の一番街にも支店がありますが、僕はまだ行ったことがありません。
f0036857_10553327.jpg

刺身の方は前夜食べましたが、海老としての味は薄く、天麩羅の方が・・・と聞いていたので、朝ご飯の食べ過ぎで白えび「丼」までは食べられないかもと、天麩羅単体で注文してみました
f0036857_10555042.jpg

白えびそのものにも少し味が付いていますが、塩で食べてみますが、う~~ん、こんなものかなという印象。
奥さんは「私もお腹一杯で、残すかもしれないけど、富山ブラックてのをぜひ一度食べてみたい」ということで、僕とは別れて「西門大喜」へ・・・。
f0036857_1056535.jpg

当然彼女は写真なんて撮りませんから、本店の方ですがこの映像でご想像ください。



本当にこのラーメン、「ブラック」ですねぇ。
超濃い醤油味に黒胡椒、ラーメン単体としてより、ご飯のおかずのようなラーメンです。
奥さんはTVで見て、富山に行ったらぜひ一口だけでも体験したいと・・・。
僕もお腹が空いていれば挑戦したかったですが、残念、無理、白えびの方に。
彼女の感想、「三口で終わりにしたわ。パパ(僕のこと)が食べたら、高血圧必至ね。」と。
思い思いの食事をし、お土産も大量に買い(白えびせんべい、甘金丹、ますのすし・・・)、「きときと市場・とやマルシェ」にある宅配便でほとんどのものを自宅に送り、身軽になって今度はここに。
f0036857_12484114.jpg

駅の地下通路を反対側に渡り、歩くこと15分弱、世界で一番美しいスタバとして有名な「富山環水公園」内にある「スターバックス富岩運河環水公園店」に急ぎます。
ここで写真を撮ろうとすると、何とデジカメがバッテリー切れ!
スタバの中で充電すれば・・・と思いきや、充電器はさっき他の荷物と共に宅配便で自宅に送ってしまった!!
ついてないときにはついてないです(泣)。
そこでここも、僕らと同じ曇りの日のここの映像を。



休日だったのに、店は程よく混んでいるという程度で、僕らは運良く空いたテラス席で快適な(この日は暑すぎなかった)休息時間を過ごせました。
素敵なロケーション、素敵な建物、素敵なインテリアですが、世界一かどうかは・・・。
僕は京都の「スターバックス」(京都二寧坂ヤサカ茶屋店)の方が人気あると思うんですけど。
f0036857_20424074.jpg
まだご存じじゃない方のために映像も・・。



「スターバックス」でゆっくりした後、またJR富山駅まで戻り、新幹線で夕方自宅に戻りました。
1泊2日の短い旅行でしたが、shackinbay家的にはまずまず満足出来た旅でしたね。
# by shackinbaby | 2017-08-20 00:02 | 旅行 | Comments(12)
「ANA機内食総選挙」の結果
ANAが7月9日までやっていた「ANA機内食総選挙」の結果が発表になりました。
投票総数は21012票。
その結果
★和食
     第1位 牛すきやき丼
f0036857_5533082.jpg

     第2位 とろとろ玉子の鰻玉丼
f0036857_5534771.jpg

     第3位 鶏出汁ご飯 チャーシューのせ
     第4位 焼き鳥丼
★洋食
     第1位 ビーフシチューとオムライス
f0036857_554696.jpg

     第2位 赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ
f0036857_5552482.jpg

     第3位 洋食屋さんのカツカレー
     第4位 ビーフカレー
だったそうで、上位2位までのメニューを採用、12月より国際線エコノミークラス(一部路線)の機内食メニューに出てくるそうです。
前回この話題を取り上げた時に、JALよりずっと美味しそうとの意見が複数出ていました。
JALも頑張らないと・・・。
# by shackinbaby | 2017-08-19 05:58 | 旅行 | Comments(2)
リバーリトリート雅樂倶 (8) 夜~朝、朝食
「リバーリトリート雅樂倶」の夜。
f0036857_1016455.jpg

「楽味」で和食の夕食を食べた後、腹ごなしにとホテルの周囲を歩いてみます。
f0036857_10161845.jpg

昼間歩いた散策路などはもう真っ暗なので、灯りのあるところだけです。
f0036857_10165332.jpg

本館の方の階段。
f0036857_10173162.jpg

部屋に戻るとターンダウンが入っていて、部屋はすっかりきれいになっています。
f0036857_10174842.jpg

夜はまた温泉、奥さんは予約制の岩盤浴(無料)などを楽しみます。
その後は、もちろん熟睡あるのみ。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

そして翌日。
窓を開けると、またも神通川の川面に靄が・・・
f0036857_101852.jpg

僕は部屋のジャクージに入り、奥さんは夜通し開いている温泉に。
その後は午前7時から、事前予約制で好きな時間を選べる朝食を取りに、前日夕食を食べた「楽味」に急ぎます。
このホテルの2食付プランでは夕食はフレンチ、和食、どちらかを選べますが、朝食はこの和食のみ。
f0036857_10182083.jpg

席はあらかじめ決まっているようで、この朝は奥の個室(多分部屋の名前は「水彩」)に通されました。
これがすでにセットされている料理。
f0036857_10184167.jpg

もちろんこの後、温かいものなどが次々に出てきます。
(和洋の)目覚めのドリンク。
f0036857_1018591.jpg

ご飯は炊きたての土鍋ご飯。
f0036857_10191418.jpg

美味しく炊けてましたよ。
f0036857_10155136.jpg

真ん中のは烏賊刺し。
給仕な女性たちが事細かに説明してくれますが、この朝食も富山県産にこだわりぬいているようです。
f0036857_10161072.jpg

富山県産の大豆「あまうらら」を使った手作り豆腐。
f0036857_1017339.jpg

西京焼きも美味しい・・・。
魚が特別好きではない僕もこれは〇。
f0036857_10172647.jpg

手作りの蒸篭蒲鉾。
f0036857_10162995.jpg

笹の香りが良いですね。
f0036857_10164822.jpg

肉の小鉢もちゃんとあって、僕はご飯にぶっかけて、即席牛丼にしてかき込みました。
やっぱり僕は肉好き。
f0036857_1017458.jpg

前日かなりしっかり食べたので、朝食は少し残してしまった僕ら夫婦。
個室で静かにゆっくり食べられ、高級旅館の朝食としては標準程度とは思いますが、総合点では合格ですかね。
f0036857_1018254.jpg

食後はまた緑豊かなホテル周囲の散策を楽しました。
チェックアウトは午前11時。
JR富山行きのシャトルバスは午前11時半発なので、実質その頃まで客室にいたり、ラウンジにいたりも出来ます。
総合的には、どうかなぁ、値段の高さはネックだし、ホテルの一部はやや古めかしくなっていますが、東京から3時間弱(新幹線)でこの環境、更にフレンチや和の美食も楽しめるとなると、「あり」と考えて良いでしょうか。
もちろん値段に関しては繁忙期でなく、部屋タイプにはよっては2万円台からあるし(食事なし)、温泉+食事+スパのデイユース・プランもあるので、お得な時期、プランを探せば、よりリーズナブルにこのホテルを楽しむことが出来るかもしれません。
# by shackinbaby | 2017-08-19 00:03 | ホテル | Comments(8)
世界で最も住みやすい都市ランキング2017
「エコノミスト」誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」(EIU)が発表した「世界で最も住みやすい都市ランキング2017」(The Global Liveability Report 2017)が発表になっています。
調査は安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目で行われ、ランキング・トップは7年連続でオーストラリアのメルボルンだったそうです。。
メルボルンといえば、この9月からJALも直行便を飛ばすので、この街の魅力にも触れやすくなりますね。
以下トップ10は

     1位 メルボルン
     2位 ウィーン
     3位 バンクーバー
     4位 トロント
     5位 カルガリー
     6位 アデレード
     7位 パース
     8位 オークランド
     9位 ヘルシンキ
     10位ハンブルグ

だそう。
この手のランキングは調査によりかなり結果が違いますが、テロの影響の見られるヨーロッパ、トランプ大統領の政策などによりアメリカの位置が下がっているようです。
# by shackinbaby | 2017-08-19 00:02 | 旅行 | Comments(16)
ANAがチャンギ空港に日本食のフードコートを・・・
ANA(正式には全日空商事)はシンガポールのサンテックシティで「Eat At Seven」という日本をテーマにしたフードコートをやっていますが、このほどチャンギ空港ターミナル2の搭乗口前ロビーエリアに日本食のフードコート「JAPAN GOURMET HALL SORA」を11月にオープンすると発表したようです。

     http://www.straitstimes.com/singapore/ana-to-open-300-seat-japan-themed-foodcourt-in-changi-airport-t2

席数は約290席、ラーメンなど旅行者だけではなく、地元の人にも喜んでもらえる店舗展開になるとのこと。
f0036857_1843097.jpg
f0036857_18431521.jpg

日本まで日本の味が待てない方には良いかもしれませんね。
ただしターミナル2はANA,シンガポール航空等が使用し、我がJALはターミナル1です。
# by shackinbaby | 2017-08-19 00:01 | 旅行 | Comments(2)
リバーリトリート雅樂倶 (7) 「楽味」でディナー
「リバーリトリート雅樂倶」での夕食は、和食の「楽味」で取りました。

     https://www.garaku.co.jp/rakumi.html

時間は予約出来て、僕らは早めの午後6時から・・・。
f0036857_11455481.jpg

ランチを食べた「レヴォ」同様、神通川がよく見える、一面窓ののレストラン、奥の方には個室もいくつももあります。
f0036857_11461417.jpg

僕らは幸いにも窓際の席に・・・。
f0036857_11463982.jpg

f0036857_11465553.jpg

反対側にはこんなカウンター席も、でも実際にはあまり使われていないようでした。
f0036857_1147369.jpg

で、お料理、葉月の献立とのことです。
f0036857_1148476.jpg

先付は3点盛り。
手前のは、雲丹、帆立などの入った菊花浸し。
もう和食の世界では初秋が入り始めているんですね。
これは無花果に白和え、荏胡麻のクリーム乗せ。
f0036857_11483888.jpg

素晴らしい色合いの鬼灯の中には玉蜀黍のフリットが・・・。
f0036857_1149033.jpg

汁ものは満月豆腐。
f0036857_11492246.jpg

茸が入り、更にはカサゴも入っています。
出汁が優しく香り、あぁ、和食です。
刺身の4種盛り。
f0036857_11495955.jpg

鮪、ハマチ、鯛、白エビなどがきれいに盛り付けられています。
f0036857_11501931.jpg

どれも鮮度が良く(きときとで)、さすが富山。
白エビは生姜と一緒に・・・。
f0036857_11503816.jpg

鯛は塩昆布と食べます。
f0036857_11505699.jpg

窓の外を見ると、神通川に靄がかかっています。
「ここではよくあるんですよ、雨が降ったりした時とか、川面との温度が違う時とか・・・」と、親切なスタッフ。
f0036857_11511427.jpg

昼間のフレンチ・レストランと違ってここのウェイターたちは誰も笑顔、ホスピタリティ充分です。
富山牛(A5)の握り、これはツメも含めて◎、美味しかったぁ。
f0036857_11513270.jpg

焼き物は太刀魚の塩焼き。
f0036857_1151506.jpg

そう、太刀魚もこの時期が旬です。
酢橘や大根おろしも相性良し・・・。
f0036857_1152528.jpg

もずく酢と、昼間のフレンチでも出たバイ貝の小鉢も付いてきます。
f0036857_11522567.jpg

メインは賀茂茄子のオランダ煮。
オランダ煮といえば金沢ですが、ここ富山でもポピュラーな地元料理なのでしょうか。
f0036857_11524799.jpg

オランダ煮とは、食材を油で揚げたり炒めた後に、醤油、みりん、出汁などの調味料で煮て味付けた料理のことで、江戸時代から食べられている料理。
長崎の出島に降りたったオランダ人から聞き伝わったものと言われてます。
この料理に茄子は良く使われますが、ここでは賀茂茄子が使われ、それに鮑もたくさん入っています。
土鍋ぐつぐつの状態で出て来るので、ふぅふぅしながら食べて行きますが、とろとろになりかけの茄子も鮑も出汁も充分合格点です。
f0036857_1153647.jpg

お新香の真ん中にあるのはいぶりがっこ。
f0036857_11532842.jpg

〆のご飯は、土鍋で炊いたカマスご飯です。
f0036857_11535121.jpg

白髪葱、胡麻、紫蘇、冥加などのトッピングも効果的で、もちろんご飯そのものも美味しい、もう相当お腹一杯でもお替りしちゃいました。
f0036857_115499.jpg
f0036857_1154348.jpg

いわゆるご飯セット。
f0036857_1155277.jpg

デザートは南瓜プリンと、フルーツ入りのオレンジジュースでした。
f0036857_11554933.jpg

中には桃や西瓜、オレンジのフルーツが・・・。
f0036857_1156782.jpg

あぁ、苦しい苦しい、食べ過ぎました。
めちゃくちゃ特別とは思いませんが、高級食材も多く、どれも美味しく食べられましたよ。
味も薄味だったのも我が家好みでした。
ご馳走様。

最後にここの紹介映像を。


# by shackinbaby | 2017-08-18 00:02 | ホテル | Comments(2)
マイルでANA機内食試食会と機体工場見学会
ANAの機内食試食会と機体工場見学会をANAマイレージクラブ(AMC)メンバー・オンリーで9月1日まで募集中のようです。

     https://www.ana.co.jp/amc/cpn/airplane-tasting1707/index.html?cid=EMM170300mif

羽田整備場地区の「ANAコンポーネントメンテナンスビル」の講堂で「飛行機についてのお話し」 → ヘルメット着用で格納庫に移動 → 整備作業を見学しながら、飛行機の説明を聞きます。
「見学中は写真撮影もお楽しみいただきます」と↑にありますから、これは嬉しいですね。
その後、「ANAケータリングサービス川崎工場」に移動 → 北米路線で提供される国際線ビジネスクラスの機内食試食 → 機内食工場見学となります。
見学は、免税品などの在庫を管理する保税蔵置倉庫、機内で使用する客室用品を保管・準備する機用品倉庫、機内で使い終わった食器を洗浄するエリア、工場から羽田空港に輸送するトラックに食事などを積み込むローディングデッキを巡りるそうです。
似たような企画もありましたが、今回は1名12000マイルで申し込め、募集人員は24名です。
# by shackinbaby | 2017-08-18 00:01 | 旅行 | Comments(2)
リバーリトリート雅樂倶 (6) 館内いろいろ
「リバーリトリート雅樂倶」内のいろいろな施設を見て回ります。
ここは地下1階地上3階のホテル。
上から見ていきましょうか。
まずは屋上、ルーフトップから。
f0036857_8333833.jpg

たいてい誰もおらず、静かで、穴場です。
f0036857_8335448.jpg

景色もフル・リバービュー。
f0036857_834587.jpg

今度は本館3階、ここにはホテルが力を入れている茶室があります。
f0036857_8374739.jpg

かなり本格的ですね。
f0036857_838134.jpg
f0036857_8382969.jpg
f0036857_8385292.jpg
f0036857_8391530.jpg

次いで新館2階にあるライブラリー。
f0036857_8544253.jpg

f0036857_8511043.jpg

ここからは1階のあの印象的なロビーが見えます。
f0036857_92532.jpg

今度は1階の屋外、テラスを・・・。
f0036857_96150.jpg

ここもゆったりできます。
f0036857_962433.jpg
f0036857_963950.jpg

館内からも、このテラス沿いにでも行けるカフェ「リヴィエール」は午後3時からは宿泊ゲストのセルフカフェ・スペースとしても使われます。
f0036857_9593375.jpg

実際は3時前でも使えますので、ここはさながら宿泊者用のラウンジというべきでしょうか。
f0036857_9595566.jpg
f0036857_1001020.jpg

カウンターには売り物のケーキなどの他に、宿泊者なら無料でいただける各種ドリンクや焼き菓子類が並んでいます。
f0036857_1003137.jpg
f0036857_1005881.jpg

カウンターの詳細。
f0036857_1013698.jpg

館内で使用されているアメニティ、富山産のセレクト品などは、写真は撮りませんでしたが、このすぐ傍にあるショップに取り揃えてあります。
f0036857_10205771.jpg

コーヒーメーカー。
f0036857_1015684.jpg

ハーブウォーターやデトックスウォーター。
f0036857_1021368.jpg

瓶の中にはホテルメイドの焼き菓子が・・・。
これも宿泊者は自由に食べられます。
f0036857_1023233.jpg

このカフェ・スペースに続いて無料で24時間使えるPCの置いてある小部屋も・・・。
f0036857_10462763.jpg

もちろん館内はfree wifiです。
この奥が多分本当の意味での「リヴィエール」でしょう。
f0036857_10431645.jpg

ランチ時には軽食も食べられます。
f0036857_103190.jpg

同じ場所が午後8時からはバー「ミレニアム」と変わります。
f0036857_1034865.jpg

1階から地下1階にかけて印象に残ったデザイン。
f0036857_10532915.jpg

f0036857_10542668.jpg
f0036857_10544497.jpg
f0036857_1055944.jpg

地下1階にはレストランの他、男女別、ほぼ24時間営業の温泉、更にもう一つ「スプリング・デイ・スパ」という温浴施設もあります。
温泉の方には露天などもありますが、僕が行った時は他のお客もいたので、カメラは持ち込めませんでした。
なので、僕一人だったスパの方の写真を。
f0036857_1171999.jpg

温泉の源泉は春日温泉、ナトリウム泉のようです。
f0036857_1173953.jpg
ボタンを押すとジャクージになります。
f0036857_118458.jpg

サウナもあります。
f0036857_1120038.jpg

ここではマッサージを受けたりも出来、こんなリラクゼーションルームもありました。
f0036857_11202395.jpg

壁にはめ込まれているのはあこや貝。
f0036857_11205889.jpg

この他、ホテル周囲には緑一杯の散策路があり、その写真もと思いましたが、もう今日はこれで終わりにしておきましょう。
# by shackinbaby | 2017-08-17 05:43 | ホテル | Comments(0)
台湾、日本人のパスポート残存期間に関する規制を緩和
これも大陸などからの観光客減少に悩む台湾の政策の一つなんでしょうか、いずれにしても僕ら日本人には嬉しいニュースですが・・・。
台湾当局は8月15日から日本人旅客のパスポート残存期間に関する規制を緩和し、「台湾を訪れる日本人旅客のパスポート残存期間について3カ月以上という要件を取り消し、滞在予定日数より長ければ滞在可能とする」と発表したとのことです。
一般のパスポートだけではなく、公務、外交のパスポートについても同様に適用されると・・・。
ますます台湾は日本人観光客でにぎわいそう。
台湾といえば数日前の大臣が辞任までした大停電、桃園空港などは影響がなかったんでしょうか。
# by shackinbaby | 2017-08-17 05:42 | 旅行 | Comments(2)