JAL、ビジネスクラス+ニッコーハノイで108000円~
欧米の旅行会社、ホテル、エアラインではブラックフライデー・セールが華やかですが、日本ではまだまだそうはいきません。
JALのブラックフライデーのページを見ていたら、海外ダイナミックパッケージではセール価格から更に10000円引き、国内ダイナミックパッケージツアーも安くはなってました。

     http://www.jal.co.jp/intltour/blackfriday/

でも海外ツアーのところに出ていたこれなんかはいかがでしょう。

WEB予約限定 e旅トリップ      
**JALビジネスクラス利用**特別企画 フリーステイハノイ4日間(2泊4日)ホテル・ニッコー・ハノイ(デラックスルーム)
108000円~138000円 燃油サーチャージ込


     http://intltoursearch.jal.co.jp/jal_intl/?DEPT=TYO&SP_CITY=HAN&SP_KEYALL=%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BC%81%E7%94%BB&SP_MONTH=201801-201803&SP_SALESDATE=20171122&ie=utf8&TRACKKEY=special_asi_pivot

ハノイまでビジネスクラスで行けて、しかも泊まるのがホテルニッコーハノイ。
f0036857_8493589.jpg

昨日見たときは最高金額が120000円になっていたのですが、今日見たら138000円に変わっていました。
最低金額での日程で行ける方は、これはお得です。
その他、シンガポールや香港でも割とお得な料金が出ていました。
JALのブラックフライデーセールは明日(26日)までです。
# by shackinbaby | 2017-11-25 08:39 | 旅行 | Comments(0)
昨夜の新千歳空港
大変でしたね、昨夜の国土交通省札幌航空交通管制部の無線周波数障害。
青森空港もでしょうが、特に大変だったのは新千歳空港、その余波で羽田空港や伊丹空港も。




無線周波数に障害が発生した原因は不明(外国の陰謀なんて笑い話には乗りませんが)、午後9時20分すぎに復旧したと報道では伝えられています。
面白いのはその後で、JAL便は遅れながらの羽田などに次々に飛ばしていましたが、ANAはすべて(?)欠航、この差はどこから来るんでしょうか。
この無線周波数障害の影響に合われた皆様、お疲れ様でした。
無事旅程が何とかなったことをお祈りまします。
# by shackinbaby | 2017-11-25 08:38 | 旅行 | Comments(0)
reduced rates 17591円@ヒルトン東京お台場 (3)
いつもの「ヒルトン東京お台場」ステイ。
簡単にレビューといいながら、結構写真載せちゃいました。
部屋からの夕方のベイビュー。
f0036857_2013028.jpg

f0036857_20132274.jpg

夜が更けてからも空気が澄んでいるので、東京のビルや橋のライト、東京タワーも、本当にきれいに見えました。
f0036857_20134876.jpg

夜は5階のフィットネスセンター&スパの野外ジャクージなどでリラックス。
最後に恒例の朝食の写真ですが、以前は「シースケイプ」のバフェを詳しく写真に撮ったので、今回は3階のエグゼクティブラウンジの朝食の方を。
f0036857_2021814.jpg

ラウンジの朝食は朝の6時半から平日は10時まで、週末は10時半までの提供です。
もちろん「シースケイプ」のバフェの方が、卵料理のシェフはいるし、出されている料理の種類も圧倒的に多いですが、ラウンジの静かな雰囲気を選ぶゲストも少なくないようです。
大体のものを写真に撮っておきました。
f0036857_2024044.jpg

フルーツは壺に入っていた時より取りやすくなりました。
f0036857_203388.jpg

パンは普通の出来、というかヒルトン標準。
f0036857_2032917.jpg

温かいものはこんな具合に・・・。
f0036857_2034847.jpg

点心や炒飯、お粥もあります。
f0036857_204833.jpg

野菜の間にポテトサラダが、でもいかにも業務用の袋から出しました状態で皿の中に・・・。
f0036857_2043541.jpg
f0036857_2045789.jpg

コールドカッツ。
f0036857_2051986.jpg

和食もいろいろあります。
f0036857_2054585.jpg

半熟の温泉卵も、ここはいつでも置いてありますね。
f0036857_206716.jpg

朝食を食べているうちに、チェックアウト完了。
さぁ、仕事です。
珍しくゆりかもめの先頭席が空いていたので、思わずカメラを取り出し・・・
f0036857_2063642.jpg

朝のゆりかもめからの車窓をパチリパチリ。
f0036857_2065572.jpg
f0036857_2072057.jpg
f0036857_2074437.jpg

汐留駅、高層ビルが林立して来ると、もう終点新橋駅です。
f0036857_208632.jpg

今日も頑張るぞぉ・・・の朝でした。
# by shackinbaby | 2017-11-25 00:02 | ホテル | Comments(2)
JAL機内食の新エアーシリースは「ス-プストックトーキョー」とのコラボ
12月からの日本発のJAL長距離国際線で到着前に出される機内食2食目は、エアー・シリーズの第26弾がメインとのことです。
f0036857_18452458.jpg

今回は「ス-プストックトーキョー」とのコラボ第4弾で、マッシュルームをソテーした「温野菜と鶏肉のマッシュルームスープ」と。
(前回は「北海道産とうもろこしと鶏肉のシチュー」でした)

     http://press.jal.co.jp/ja/release/201711/004503.html

それに「ジェノベーゼのショートパスタ」、「石窯パン」、「黄桃とヨーグルトのデザート」が付くとのことですが何か軽いというか、だんだん簡単なものになっている気がするんですが・・・。
# by shackinbaby | 2017-11-25 00:01 | 旅行 | Comments(0)
「JAL浪漫旅行2017 沖縄 『結婚』篇」が「全米感涙協会」から「涙活動画」として認定
9月から公開されているJALの「JAL浪漫旅行2017 沖縄 『結婚』篇 」が100万回再生を突破、「全米感涙協会」から「涙活動画」として認定されたとのことです。



相楽樹さん主演の、JAL浪漫旅行シリーズ・特別ロングVer.の「結婚」篇です。
結婚式で訪れた冬の沖縄。沖縄の美しい海と空をバックに、父と娘、それぞれの想いが交差していきます。
楽曲は、3ピース・ピアノバンド「WEAVER」がこのCMのために書き下ろした新曲「僕のすべて」です


全然知らない世界だったので調べてみると、涙活とは

     https://www.ruikatsu.com/

によると

1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動。
離婚式プランナー寺井広樹氏が提唱。


とありました。
更に「全米感涙協会」とはどんな組織かと思ったら、会長さんは日本人で、日本中心の活動をしているようです。

     https://www.excite.co.jp/News/bit/E1390210227068.html

ではなぜ「全米」という名が付いているのかというと、「ハリウッド映画のCM等で頻繁に用いられるコピー『全米が泣いた』から引用されているんだと・・・。
また、「世界に感涙を広める活動がしたい」という思い」からつけられた名前なんだそうです。
# by shackinbaby | 2017-11-24 12:04 | 旅行 | Comments(0)
「パークハイアットバンコク」のグローバリスト特典
ルーニー1985さんから
「初めてコメントします。パークハイアットバンコクに宿泊予定していますが、グローバリストとしての特典一覧のようなものはありますか?」
とコメント欄で質問がありました。
コメント欄の方で僕の知っていることをお答えしても良かったのですが、写真を添付した方が分かりやすいと思い、別項としました。
これがチェックインの時にレセプションで渡されたグローバリスト用の説明書です。
f0036857_11442334.jpg

残念ながら、僕の場合 upgrade to best room, up to standard suites (subject to availability)はよく分かりませんでしたが・・・。
無料の朝食やハッピーアワー、午後4時までのレイト・チェックアウトは充分楽しめました。
他でもグローバリストということは、各所で認知され、良く対応していただけたと思っています。
「パークハイアットバンコク」は良いホテルです。
どうぞ目いっぱいお楽しみください。
# by shackinbaby | 2017-11-24 12:03 | ホテル | Comments(2)
バンコク48時間食べまくり (20) サクララウンジ~JAL34便で帰国
「バンコク48時間食べまくり」と題した今回のバンコク弾丸旅行もこの20回目の報告で終了です。
つまり旅の最後の部分のあれこれを。
午後7時半、「パークハイアットバンコク」を出たタクシーはロイカトーンの日ということで(タクシー運転手の言)、いつもよりスワナプーム空港までの道は混雑。
空港に着いたのは午後8時20分で、タクシー料金は確か280バーツくらい+高速料金でした。 
f0036857_22504964.jpg

僕の乗る飛行機はJAL34便羽田行き、午後10時5分発。
f0036857_2251831.jpg

JALのチェックインカウンターはR。
f0036857_239371.jpg

いつものようにプレミアムレーンンのクーポンもいただけます。
f0036857_23131393.jpg

プレミアムレーンの入口は階段下のここ。
f0036857_2252208.jpg

この日は一般レーンは混んでそうだったので、この優先レーンは本当に助かります。
ストレスなく出国出来、形だけ免税店などを覗いてみますが、欲しいものなし。
なので、即JALのサクララウンジへ急行です。
f0036857_22524956.jpg

以前のここはあまり居心地も良くなかったので、ワンワールド他社のラウンジなどにお邪魔していましたが、今年のリニューアルで、ずいぶんと改良されました。
(free wi-fiのアクセスコードはレセプションでもらえます)
詳細は

     http://shackinba2.exblog.jp/27808670/

に書きましたので、今回は写真の羅列のみで・・・。
ラウンジ内はかなり混んでいて、シャワー室も満室だったので、写真といっても限定的ですが。
f0036857_22531116.jpg

F&Bのディスプレイは以前よりきれいで、種類も多く並べられています。
f0036857_22533839.jpg

このドレッシングを入れてカップの中で振って食べるサラダは前はなかった気がします。
f0036857_2254046.jpg

ポテチやカップ麺は人気。
f0036857_22542467.jpg

僕はバンコクの「日本亭」作のチキンカレーと、JAL特製(?)ビーフカレーを左右に掛けたカレーライスを試しましたが、「日本亭」のカレーは思った以上にスパイシーで美味しかったですね。
今回の旅は、成田空港のJALファーストクラスラウンジでのカレーで始まり、このカレーで食べ収めたことになります。
って、まだ機内食があるか・・・。
f0036857_2255611.jpg

JAL34便の出発はF6ゲートから。
f0036857_22552770.jpg

午後9時40分に搭乗開始。
f0036857_22554742.jpg

機材は往路とは違い777-200型機で、ビジネスクラスのアブレストは1-2-1です。
バンコクエアウェイズとスリランカ航空とのコードシェア便。
f0036857_2256815.jpg

もちろん窓際の一人席をGET。
f0036857_22563014.jpg

すでにJALの小袋に入ったアメニティー、税関申告書、朝食が要る要らない・和食にするか洋食にするかのリクエストカードなどはすでに席に置かれています。
f0036857_22571938.jpg

深夜便、そしてタイ人クルーの目立つフライトでしたが、チーフの丁寧な挨拶も含めて、JALのいつものサービスは健在でした。
f0036857_22574111.jpg

羽田までの飛行時間は5時間15分と・・・。
f0036857_2354963.jpg

なので少しでも寝なくちゃなのですが、何しろこの旅は「バンコク48時間食べまくり」(笑)、最低出されたものは食べないと。
「お休み前に」の寿司と茶碗蒸しもしっかり平らげましたよ。
f0036857_2361126.jpg

もちろんその後はベッドをフラットに倒して、短い熟睡。

       ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ・・・・・

日本到着2時間前くらいに朝食サービスが始まり、僕もコーヒーの良い匂いで眼が覚めます。
僕は洋食に・・・。
f0036857_2363551.jpg

フレッシュ オレンジジュース、フレッシュフルーツ、フレッシュサラダ、メインディッシュはプレーンオムレツ トマトソース・イタリアンチキンソーセージ添え、クロワッサン、プレーンヨーグルト ハニーシロップ添えという布陣。
f0036857_2365970.jpg

食事歯を磨いて、しばらくうとうとしていると、羽田はもうすぐ。
f0036857_2372221.jpg

まだ真っ暗な羽田空港に午前6時前、無事着陸です。
f0036857_2374377.jpg

あぁ、僕の46時間のバンコク旅行もこれで本当に終わり。
家に寄り、お土産を置いてから、服を着替えて仕事に・・・。
もちろん超眠かったですが、これだけ遊んできたんですから少しくらい辛くても・・・です。
弾丸旅行の報告を長々と失礼いたしました。
ここまでご覧いただいた皆様、感謝あるのみです。
ขอบคุณ ครับ
# by shackinbaby | 2017-11-24 00:02 | 旅行 | Comments(8)
「ホテルインディゴ箱根・強羅」」、2019年オープン
僕は珍しく前々回のバンコク・ステイでIHG系の「ホテル・インディゴ・バンコク・ワイヤレスロード 」に泊まりましたが、「ホテルインディゴ」はミッド・プライスちょっと上のライフスタイルを追求したデザイナーズホテル・ブランド。
その「ホテルインディゴ」がついに日本登場、しかも全室温泉付きの箱根・強羅にだそうです。
「ホテルインディゴ箱根・強羅」。
f0036857_22541110.jpg

ロケーションは箱根登山鉄道強羅駅から徒歩10分、箱根登山バス 宮城野橋バス停から徒歩2分の所。
2019年オープン予定で、客室数は約100室(全室温泉風呂付き)で、そのうち約80室はバルコニーに露天風呂が付くそうです。
館内にはレストラン、バー、温泉、スパトリートメント施設、ヘルスクラブを設けると・・・。
「ホテルインディゴ」としては高級な方に入ると思いますが、ここも楽しみですね。
# by shackinbaby | 2017-11-24 00:01 | ホテル | Comments(0)
JAL国内線ファーストクラス10周年記念、千社札10周年記念バージョンも
JALは、国内線にファーストクラスを導入して、この12月で10周年を迎えるとのこと。
ということは胸躍らせてあの白い革張りシートに座ってから、もう10年もたつんですね。
その導入10周年を記念し、12月の1か月間、10種類の特別企画が行われるそうです。

     http://press.jal.co.jp/ja/release/201711/004500.html

① 朝食スペシャルメニュー(出発時刻 ~10:29までの便)
     築地「魚がし 北田」」の焼き魚の和食や、雲丹のロワイヤルや海老のビスクを使った洋食を用意
f0036857_19131583.jpg

f0036857_19133477.jpg

② 昼食スペシャルメニュー(出発時刻 10:30~16:59までの便)
     牛ヒレ肉の大和煮や特製寿司盛り合わせの献立などの和食、牛ヒレステーキやローストダック ポートワインとトリュフのソースなどの洋食を用意
f0036857_19135271.jpg

f0036857_1914390.jpg

③ ブーランジェリー「メゾンカイザー」のパン
     朝食・昼食の洋食メニューに
④ スターシェフ、音羽 創シェフ監修オリジナルデザート
     「ミシュランガイド東京2017」で1★を獲得したフレンチレストラン「シエル エ ソル」のシェフ
⑤ 健康酢、浪花亭「のむトマト酢」
     高糖濃度のミニトマト「キャロルセブン」使用の健康酢
⑥ コーヒーハンター川島 良彰氏厳選、スペシャルコーヒー
     レクエルド デ イヴァン、熟したフルーツの風味と濃厚な甘みが特徴と
⑦ 希少な日本酒特別銘柄4種
     宮城県新澤醸造店の「伯楽星 純米大吟醸 10」など4銘柄を、1種類ずつ
⑧ 「千社札シール」10周年特別バーションをプレゼント
⑨ 国内線ファーストクラス就航地の名産品をプレゼント
⑩ キャンディデスカイ10周年特別パッケージ
     これは全クラスに配布だそうです

早速、こういうことに事の早いさんだーばーどさんに聞いてみました。
すると

ええ!記事観ました。予約入れました。
たぶん、別物で、搭乗者にしか配られないと思います。
あとは今年の例から、お正月3が日にドメの予約を入れて、お正月バージョン千社札がある場合に備えないとと思っております(笑)。


とレスがありました。
えっ、10周年特別バージョンの千社札だけじゃなくて、お正月バージョン千社札がある場合に備えないと?!
すごい、すご過ぎです。
僕は今回集めることにした都道府県シールがあと7県を残すのみになっている・・・なんてのは、まだまだ初歩ですね。
f0036857_19295712.jpg

このシール、1人1枚下さる場合もあるし、セットになったものをくれる場合もありました。
# by shackinbaby | 2017-11-23 19:51 | 旅行 | Comments(6)
金武アグーしゃぶしゃぶ金武
「ステーキハウス・ジャッキー」、「燕郷房」(ヤンキョウファン)、「ちゅらさん亭」、「豚々ジャッキー」・・・と「ダブルツリー那覇」に泊まった時の近隣ダイニング・ベニューをいろいろ紹介してきましたが、今回は場所的には「豚々ジャッキー」の近くになるのかな、しゃぶしゃぶの「金武アグーしゃぶしゃぶ金武」をご紹介します。
f0036857_12152779.jpg

ロケーションはここ、「ダブルツリー」から歩いて5~6分です。



店のウェブサイトやfacebookはないようですが、ネット情報では

琉球王朝最後の王「尚 泰」の曾孫にあたる「尚 承」氏
料理番組や沖縄の伝統料理の出版も多数あり。
NHK朝ドラ「ちゅらさん」の料理監修も務めておりました。
尚氏監修の沖縄料理の数々をお楽しみください。

沖縄の豚肉、島野菜、海産物からデザートまで、沖縄の魅力を存分に味わえるのが魅力のお店。ゆったり過ごせる個室があり、県外のお客様のおもてなしにも最適です。

県内でもあまり流通していない貴重な「金武アグー」

証明書付きの純血統種100%の「金武アグー」は、脂身がさっぱりしており柔らかくてジューシー、しつこくありません。県内で流通しているアグーは純血統種30~50%のものが殆どなのだとか。本物の味を堪能できます。


など、思わずそそられる言葉が並んでいます。
f0036857_12154812.jpg

それにここはこうしたカウンター席があり、1人での飲食にも十分対応しているところが、今回の僕のような一人旅には〇なダイニング。
f0036857_12161134.jpg

アラカルトのメニューもありますが、ここは何といってもアグー純血統種の金武アグーを使ったしゃぶしゃぶがメイン(コースで4000円)、これが基本セッティングです。
f0036857_12163234.jpg

オウナーの瀬古さんが、熱心にというか情熱的に、このアグー純血統種の金武アグーについて、熱弁をふるってくれます。
f0036857_12165881.jpg

この方の熱弁を聞かないと、この店では料理が始まらないよう。
でもこれで料理がより美味しくいただけるってものですが。
f0036857_1219799.jpg

アラカルトもあります。
f0036857_122462.jpg

まずは前菜、クーブ(昆布)イリチーとジーマーミー豆腐。
f0036857_12243098.jpg

そして鍋が煮立つと、いよいよ肉と野菜が運ばれてきます。
f0036857_12251194.jpg

金武アグーのロースとバラ、そして島野菜、別皿に海ぶどう。
オウナーが言う通り、豚肉に何の臭味もありません。
元々沖縄にいた「琉球在来豚アグー」の血統が50%以上の豚、発酵配合飼料(残飯などは使用しないもの)を使い生育した豚で、DNA鑑定済みの雄雌アグー豚から生まれた豚の肉と・・・。
f0036857_12253338.jpg
f0036857_1226455.jpg

美味しそうな色合いです。
f0036857_12262588.jpg

島野菜の方は奥さま(多分)が説明。
f0036857_1227356.jpg

全部覚えきれませんでしたが、クワンソウ、雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)、オオタニワタリ、ターム(田芋)、くだんそう(キクニガナ)、島にんじん、青パパイヤ、ハンダマ、シブイ(冬瓜)・・・などが少しずつ並んでいます。
青パパイヤなどは僕らの想像を超えた姿で(撚れてない干瓢みたい、違うか?)・・・。
しゃぶしゃぶは肉の場合、ほんの10秒くらいで良いようです。
f0036857_1228082.jpg

それを海ぶどうなどに巻いて・・・
f0036857_12282669.jpg

お好みの薬味を付けて、パクリです。
f0036857_1228485.jpg

出されている薬味は実に沖縄っぽく、石垣島産シークワァーサー胡椒、屋我地島の塩、首里の玉那覇味噌とオウナーがこだわり選び抜いたもの。
f0036857_1229930.jpg

僕はこの石垣島産シークワァーサー胡椒がかなり気に入り、店のものとは違うと思いますが、スーパーで買って帰り、家で肉料理などに付けて食べています。
f0036857_13355044.jpg

もずくもあったので、それもしゃぶしゃぶ。
f0036857_12301195.jpg

金武アグーはさすがに脂肪に甘味もあって美味しいものでしたが、オウナーが絶賛するほどにまでは思わないのは、他でいろいろ食べちゃってるからでしょうか。
島野菜も僕らには珍しいと思うものばかりですが、こうして鍋で食べてみるとそれほどの特徴も・・・とまで言うのは意地悪かもしれません。
本当は肉のお替りもしたいところですが、ここはぐっとこらえて、コースの〆、「じゃがめん」をお願いします。
f0036857_12304118.jpg

何でも宜野座村の特産品だそうで、じゃがいもの入った麺と。
肉や野菜の出汁が十分出た鍋に入れて、一煮たちしたら食べられます。
f0036857_12323250.jpg

これもオウナーが言う「絶品」には感じませんでしたが、もちろん素朴な味で悪くありません。
f0036857_12325568.jpg

しかし「絶品」だったのはこの出汁の出まくったスープで、僕は残ったスープを何杯もお替りしてしまいました。
f0036857_1233294.jpg

で、何で肉のお替りをしなかったのかですが、それは偏にアラカルトメニューにあったラフテー(800円)の魅力故です。
f0036857_1234274.jpg

ラフテーに使う豚はアグー豚でもやや純潔度の低いものだそう、コースに出て来るような金武アグーだと煮溶けちゃうんだそうです。
いや~、それにしても旨そうな色。
煮汁が割と多く入っているのを見て、思わずご飯も注文です。
f0036857_12343026.jpg

こうしてラフテー丼にして・・・
f0036857_12345821.jpg

この煮汁がご飯に沁み込んで、ラフテーともども最高でしたよ、これ。
(ま、ラフテーはどこで食べても大抵美味しいですが)
そして最後はアイスクリームのデザート。
f0036857_12352637.jpg

塩パインアイスに琉球伝統菓子の「謝花きっぱん店」の冬瓜漬けのトッピング付きです。
すみません、桔餅(橘餅)にフォーカス合わせ過ぎました。
これも沖縄を代表する銘菓、お土産ですよね。
ということでこの「金武アグーしゃぶしゃぶ金武」という店、いろいろこだわっている店のようですが、大推薦とまではいかないかもしれません。
でもご興味のある方は是非、オウナーおよび店員さん達も親切な対応でしたよ。
なお日曜日はお休みです。
最後にオウナーの名刺の裏を・・・。
f0036857_14345486.jpg

# by shackinbaby | 2017-11-23 13:00 | グルメ | Comments(2)