ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 (2)
僕が宿泊した「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」のステイ・レポート、その続編です。
客室階としては最上階の19階にあるcompact twin roomという部屋の起床時の写真。
f0036857_19373770.jpg

部屋は廊下の両側にシティビュー、マウンテンビュー両方がありますが、やはり那覇の町が一望の下となるシティービューがベターでしょう。
f0036857_19371455.jpg

ホテルの外観。
f0036857_19384047.jpg

19階(上から2番目の階)の窓を見てください。
18階以下の部屋はすべて出窓形式になっているでしょう。
窓1つ見ても、19階はゆとりがない作りなんです。
f0036857_19385522.jpg

「ダブルツリー」の名前は町の人にも(含む年配のタクシー運転手)あまり浸透しておらず、まだ「グランドキャッスル」と言わないと・・・。
f0036857_19391348.jpg

このホテルのロビーは4階にあります。
f0036857_1939284.jpg

リニューアルの済んだ「グランドキャッスル・カフェ&ダイニング」のカフェ・エリア。
f0036857_19404857.jpg

f0036857_19394413.jpg

窓からはホテルのチャペルやプールが見えます。
f0036857_1940073.jpg

レセプション・カウンター。
f0036857_19403615.jpg

レセプション向かいにあるコンビニ、朝早くから深夜まで開いていて、とても便利です。
ちょっとしたお土産も買えます。
f0036857_2029447.jpg

そうそう、このホテルのエレベーターには1台、シースルーの機があるんです。
ここからの那覇の景色も良いですよ。
f0036857_20321585.jpg

最後に4月22日にリニューアルなった「グランドキャッスル・カフェ&ダイニング」の朝食風景を・・・。
f0036857_194118.jpg

朝は6時半からで、入り口には無料で飲めるコーヒーが置かれています。
f0036857_20471133.jpg

中に案内されると、おぉ、きれいになりましたね。
大枠は変わっていませんが、カウンターや料理のディスプレイが変わり、すごくすっきりした感じになりました。
f0036857_20472987.jpg

まだオープン間もないということもあってか、シェフたちも料理の具合を見に頻繁にチェックしに来ていました。
f0036857_20474795.jpg

ヒルトン・メンバーはここでも多少の優遇があり、たいていは一番奥のこの辺りに案内されるはずです。
f0036857_19412227.jpg

エッグ・ステ―ションは大きく変わり、ここでの主役の位置を占めることとなりました。
控えるのはいつものおじちゃん、おばちゃんですが・・・。
f0036857_19421819.jpg

オムレツなどは自分の希望する具材を小皿に入れてシェフに渡すシステム。
f0036857_19423023.jpg

具材にオクラがあり、オクラはサラダの所にあったりと、多用されています。
f0036857_1942471.jpg

中央のテーブルです。
きれいになったディスプレイ。
f0036857_1943175.jpg

和食、じーまーみー豆腐やもずくなど沖縄風小鉢。
サラダ、前述のようにオクラがあります。
f0036857_19432787.jpg

パン類。
f0036857_19434463.jpg

フルーツは少し貧弱かなぁ。
f0036857_19442328.jpg

大体写真を撮ったつもりでしたが、焼売やお粥などの中華もの、ゴーヤチャンプルーやイリチーなどの沖縄ものの写真がなかったですね(すみません)。
f0036857_19444082.jpg

ヒルトンのメンバーだと、こういうものも注文できるんです
ほんの少し特別待遇。
f0036857_19445959.jpg

窓からの景色もそう悪くはありません。
f0036857_19452129.jpg

オムレツと沖縄よもぎ蕎麦。
f0036857_19453628.jpg

メンバー・メニューからランチョンポークのグリルを頼んでみました。
f0036857_19454960.jpg

もうむちゃくちゃなセレクションの朝食となりましたが、これを無料でいただけるので、メンバーシップは本当に有難いです。
# by shackinbaby | 2017-04-28 00:02 | 旅行 | Comments(2)
「丸の内ホテル」の「Enjoy!メインプレート@モーニング」
我が家は時々銀座の「セントル ザ・ベーカリー」で食パンを買ってますということを書いた記事は、今でも毎日定期的なアクセスがあります。
それほど人気のベーカリーということでしょう。
その「セントル ザ・ベーカリー」のパンを使ったホテル朝食があると聞きました。
1924年(大正13年)創業となる東京駅前の「丸ノ内ホテル」がそれで、メインダイニング「ポム・ダダン」の洋朝食メニューに「セントル ザ・ベーカリー」のプルマンが使われているんだそうです。

     https://www.marunouchi-hotel.co.jp/ja/pomme_/breakfast

コンセプトは「Enjoy!メインプレート@モーニング」というもので、メイン料理をプリフィックスで選ぶスタイルの朝食。
つまり「選べるメインプレート+サイドバフェディッシュ」という新しい構成の朝食で、バフェとは違う上質な魅力を出しているようです。
f0036857_19441651.png

この「Enjoy!メインプレート@モーニング」は、宿泊しなくても、ビジターでも利用OKとのことなので、時間があるときに試してみましょうか。
# by shackinbaby | 2017-04-28 00:01 | グルメ | Comments(0)
利尻昆布ラーメン
僕が今月の初め札幌に出張した時のお土産がこれ、「利尻昆布ラーメン」というものです。
f0036857_23361051.jpg

空港の売店で発見、1個295円(税込)と高価でしたが、即購入。
何故ならこのラーメン、TVの中でしか見たことがなかったからです。
そのTVとは、僕がよく見ている「マツコの知らない世界」のインスタントラーメンの回。
そこでインスタントラーメンの神様のような(?)大山即席斎氏が選んだインスタントラーメン・ベスト3というのが

     1位利尻昆布ラーメン (利尻漁業協同組合)
     2位冷やっこチゲラーメン (エースコック)
     3位究麺(きわめん)エボリューション 旨とろ豚骨 (明星)

だったのです。
2位や3位のラーメンは探せばすぐに見つかったのですが、この「利尻昆布ラーメン」は・・・。
奥さんにデパートやスーパーの北海道物産展などで注意して見ておいてと頼んでおいたのですが、あのTV放映以来初めて、僕は現物を空港で目にしたのです。
f0036857_23362312.jpg

「TVチャンピオン第1回インスタント麺通選手権」優勝者である大山即席斎氏については

     https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%8D%B3%E5%B8%AD%E6%96%8E

に詳しいですが、年間600食以上のインスタンラーメンを食べ、これまでに食べたインスタントラーメンは1万食を超える人と・・・。、
インスタントラーメンのパッケージのコレクションもすごくて、6000点以上もある、そんな人の選ぶナンバー・ワンは食べてみたいじゃないですか。
そうそう、彼の一言で「札幌円山動物園 白クマ塩ラーメン」がバカ売れしたのも記憶に新しいですね。
彼のHPはここです。

     http://masayaohyama.blog.fc2.com/

じゃ、ラーメンを作ってみましょうか。
f0036857_12394775.jpg

注意を引くのは袋の裏に大きめに書いてある「この商品は即席ラーメンではありません」という注釈。
じゃ、「マツコの知らない世界」の「インスタントラーメン」の1位ってのもおかしくない?
2番目に気になったのが「麺の茹で汁をスープに使わない」ということです。
つまりスープはスープ用で別にお湯を準備しなくちゃなので、簡単に出来るラーメンではないようです。
ゆで時間はかき回さないで強火で5分、弱火だと美味しくないとあり、液体スープも前もって暖めておけと注文の多い麺です。
出来上がったら「天然利尻昆布とろろ」を乗せます。
f0036857_11353257.jpg

(葱と法蓮草は僕)トッピング)
昆布がじゃわ~と汁を吸って、良い具合に収まってくれます。
f0036857_11354595.jpg

昆布を混ぜ混ぜして食べてみると、昆布粉末が練り込まれているという緑っぽい麺がまず美味しい・・・。
少し縮れの入った中太麺はつるつる感もコシも心地良く、とてもこれはインスタント(袋にはインスタントではないと書いてありますが)とは思えません。
透き通るクリアなスープは塩味でくどさのない旨みのあるもの。
量もあり美味しく食べられましたが、この値段、手に入れにくさ、作りにくさを考えると、次は探さないかなぁという印象でした。
# by shackinbaby | 2017-04-28 00:00 | グルメ | Comments(2)
家族で香港 (8) アップグレードされた「グランドハイアット香港」の続き
ヴィクトリア・ハーバー・スイートという90㎡あるスイートにアップグレードされた「グランドハイアット香港」。
f0036857_13132014.jpg

270度は見える香港のベイビューにまさにノックアウトです。
f0036857_19183885.jpg

部屋にはシャンパンを断ったので、生絞りに近いオレンジ・ジュースと、チョコレートの箱、フルーツボウル、ピスタチオやクッキー、アプリコットなどの入ったガラスのジャーがウェルカム・アメニティととして届きます。
f0036857_1919069.jpg

窓正面に九龍の「ザ・ペニンシュラ香港」が・・・。
f0036857_1317590.jpg

眼の下は「香港コンベンション・アンド・エキシビション・センター」(Hong Kong Convention and Exhibition Centre、香港會議展覽中心)で、ホテルの低層階からは結構目障りとなり、やはりこのホテルでは高層になる程betterのようです。
すぐ隣は現在大規模工事中、見た目も良くないし、時に音も聞こえることがあるのでごめんなさいの注意書きが部屋に置いてありました。
f0036857_13172260.jpg

座りやすいソファー。
そのソファーに座ってのドア方向の目線はこんな風になります。
f0036857_13173926.jpg

今度はベッドルーム、ここも窓が大きい・・・。
f0036857_13175751.jpg

このベッドには奥さんと娘が寝ましたが、寝心地は前泊のホテルの数倍は良かったと言っていました。
僕の為には簡易ベッド(といっても充分立派なもの)を作ってくれ、何時頃に部屋のどこにベッドを置いて欲しいのかなど、詳しく聞いてくれました。
ま、これこそが当たり前の対応だと思いますか・・・。
ターンダウンもあり、かなりきれいにお休みの準備もしてくれます。
f0036857_13181311.jpg

ベッドルームとバスルームの間は電動のブラインドを下ろすことも出来ますが、こうして開けて利用することも出来ます。
f0036857_1318306.jpg

バスタブは巨大な四角いもの。
f0036857_13184756.jpg

もう一度ベッドルームを見てみましょう。
f0036857_1319357.jpg

インテリアも品があるもの。
f0036857_1319193.jpg
f0036857_1319346.jpg

ウェットエリア内からベッドルーム方向を見たところです。
f0036857_13195022.jpg

ウェットエリアの向かい側には本当に巨大なウォークイン・クローゼットが・・・。
f0036857_1320739.jpg

必要なものは揃っていて、シュー・キーパーもあります。
f0036857_13202336.jpg

f0036857_13204680.jpg

ベイシン周囲もぬかりません。
大きな一枚鏡、十分な照明、十分なタオル類・・・。
f0036857_22382819.jpg

引出しの中はアジアのハイアット標準のものが。
f0036857_19173995.jpg

もちろん充分な広さのシャワーブースも完備です。
f0036857_13212499.jpg

どこをどう見ても充分なゆとりを持った使いやすい快適に過ごせるスイートで、斬新な仕掛けやとがったデザインがない分、心安らかに家族で使えました。
部屋で一息入れた後は、最上階30階にある「グランドクラブラウンジ」に行ってみましょうか。
僕らはハイアットのメンバーシップからもラウンジを使えるのですが、スイート宿泊者はラウンジへのアクセス権が付いてくるそうなんです。
# by shackinbaby | 2017-04-27 00:05 | 旅行 | Comments(4)
OAG調査の日本人海外旅行時経由空港ランキング
OAG(official airline guide、月刊の旅客定期航空便時刻表で、世界版と北米版の2冊がある)の航空関連データの分析ツール「OAGアナライザー・スイート」に面白いデータが出ていました。216年に日本人が海外に行く時の経由空港を調べたもので、最も利用されたのは成田空港だったそうです。(ま、当たり前か・・・)データの母集団(1892万件超)は、日本で発件された日本発海外行きの予約なので、日本人が全体のほぼ9割くらいと・・・。

     1位 成田
     2位 羽田
     3位 仁川
     4位 上海浦東
     5位 バンコク
     6位 香港
     7位 シンガポール
     8位 台湾桃園
     9位 フランクフルト
     10位 北京

だったそうで、以下ドバイ、ヘルシンキ、ホノルル、パリ、ドーハ、ハノイ、ホーチミンシティ、ロサンゼルス、マニラ、アムステルダムの順だそうです。
これだけ見ると「いかにも」ですが、いくつかの注目点を・・・
羽田が仁川を抜いてこの2016年の調査から2位に、バンコクは年々順位を落とし、上海浦東は上昇中。
フランクフルトも年々下位になってきていますが、ヨーロッパではトップです。
ただフィンエアの頑張りでしょう、ヘルシンキが年々順位を上げてきています。
日本の地方空港別ではその空港に就航している国際線によって多少のバリエーションがあり、北海道エリアでは中部での乗り継ぎが4位に入り、東北エリアでは新千歳が4位にランクインしています。
沢山の選択肢のある関東エリアでは(全発券数の約45%)、バンコクがトップ、以下香港、北京、ドーハ、フランクフルトと続き、ドバイは9位でした。
エミレーツよりエティハドってことですかね。
関西エリアは香港便が多いせいか、成田、羽田に続いて香港がトップ3の一角を占めています。
中国エリアではそういう便があるからでしょう、大連が9位に・・・。
旅行ファンはこういう統計を見てるだけでも、旅心を掻き立てられますね。
# by shackinbaby | 2017-04-27 00:04 | 旅行 | Comments(0)
朝食のおいしいホテルランキング2017@トリップアドバイザー
トリップアドバイザー恒例の「朝食のおいしいホテルランキング」の2017年度版が発表になっています。
「TripAdvisor Best Breakfast Hotels in Japan 2017」。

     http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/bestbreakfasthotel_2017/

ランキングのトップ3は去年と同じ。

     1位 ホテルピエナ神戸
f0036857_20295644.jpg

     2位 ラビスタ函館ベイ
     3位 ホテルロコアナハ(那覇)
     4位 センチュリロイヤルホテル(札幌)
     5位 金沢彩の庭ホテル
     6位 函館国際ホテル
     7位 城山観光ホテル(鹿児島)
     8位 ベッセルイン札幌中島公園
     9位 ホテル日航金沢
     10位 ホテルオーシャン国際通り(那覇)

トップ3は朝食が美味しいホテルとして高名、それで集客しているので、その質は落とせないんでしょう。
北海道と沖縄のホテルが多いですが、この種のランキング、選ぶ層と、求めるものによってだいぶ変わるのは頭に入れておきましょうね。
# by shackinbaby | 2017-04-27 00:03 | グルメ | Comments(12)
家族で香港 (7) アップグレードされた「グランドハイアット香港」
テキパキしているもののとても丁寧・親切なレセプショニストにアテンドされて着いた部屋は「グランドハイアット香港」の24階、一番端の部屋でした。

     https://hongkong.grand.hyatt.com/en/hotel/home.html

f0036857_13144737.jpg

廊下の高さ、広さはリニューアルでも弄れないようで、最新のホテルと比較すると天井は高くなく、幅も狭いです。
しかしやや暗めではあるものの、質感の良く出た雰囲気ある廊下になっています。
f0036857_137486.jpg

ドアが開けられます。
kの後は部屋の中に入って行く僕らの目線通りの順番で写真を載せてみますね。
f0036857_138316.jpg

入ると足に優しいウッドフロア。
右に大きなクローゼットとトイレ(ともに別の場所にもう一つずつあります)。
左にはウェットエリアに通じるドアと大きなミラー。
f0036857_139374.jpg

小さめの窓からは、眼下にホテルのプールが・・・。
f0036857_139185.jpg

50mはあるフリーフォーム・プール、400mのジョギング・トラックがあるのは、ホテルの11階になります。
f0036857_1394041.jpg

窓も良く磨かれています。
蘭や壁の絵画など、上品なシノワズリーもそこここに散りばめられて、いよいよメインの部屋に入って行くと・・・
f0036857_1395971.jpg

おっ、これはすごい!
f0036857_13101574.jpg

何という広さ、何という大パノラマ!
f0036857_13103217.jpg

さすがVictoria harbour suiteと名乗るだけあって、ヴィクトリア湾のベイビュー、独り占めです。
f0036857_13104943.jpg

惜しむらくはこの曇り空、これが晴れた日だったら、昼に夜にもう息をのむ絶景と言えるんじゃないかと・・・。
オリジナルの予約はgrand suiteの3人利用、そこからアップグレードといっても通常は高層階のgrand executive harbour suiteになるくらいらしいのですが、どういう訳か270度の眺望を誇るVictoria harbour suiteまで。
もうこの上はdiplomat suiteとかしかないはずです。
この部屋の特徴についてホテルのウェブには

Take in the 270-degree views the Hong Kong skyline with the Victoria Harbour Suite in this 90-square-metre room featuring a king bed, separate living space, six seat dining table, a large work space and oversized bath with double bathroom sinks. The unique design of the bedroom and bathroom are spaciously designed to blend together, creating a generously large feel with the ambience of a sophisticated home. For a more spacious experience you may connect your Victoria Harbour Suite with a Grand Deluxe Twin Room for a comfortable two-room suite.

とありました。
f0036857_1311953.jpg

このリヴィングルームのドアに近い方には、6人掛けの大きなサイズの黒いダイニングテーブルがすごい存在感です。
テーブルにはコンセントなど多数、便利に作られています。
f0036857_13113015.jpg

その周囲にはいかにもの趣味の良いインテリア小物に彩られたアーモアや・・・
f0036857_1312726.jpg

こうしたミニバー・コーナーがあり、ダイニング・テーブルとしても、ワーク・デスクとしても便利に使えるようになっています。
f0036857_13115057.jpg

ミニバーも充実の内容。
f0036857_1914286.jpg

f0036857_19144771.jpg

冷蔵庫は引き出し式です。
f0036857_19152162.jpg

この辺りまでをドア方向に振り返ったところ。
f0036857_1312273.jpg

部屋を奥に進むとこのソファ・エリアが・・・。
f0036857_13124432.jpg

もちろん電動でブラインドやカーテンを引くことも出来ますが、この部屋に限ってはそれは野暮、昼も夜の全開で、このビューを楽しみましょう。
f0036857_1313230.jpg

皮張りのソファは本当に座り心地良く、高品質なレジデンシャルな雰囲気120%の、実にリラックス出来るスペースになっていました。
以下(8)に続きます。
# by shackinbaby | 2017-04-26 00:05 | 旅行 | Comments(10)
首里では場違いのものを
急な用事で「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」に泊まったので、空港からゆいレールで首里駅まで移動中に、夕食は何食べようとネットでチェック。
首里辺りの有名店は大体行ったことがあるので、それらを避けて見ていると、沖縄黒糖カレーの店というのが目につきました。
「あじとや」という店で、沖縄に数店あるスープカレーのチェーン店のようです。

     http://ajitoya.net/

沖縄でスープカレー?
黒糖カレーって?
f0036857_10255518.png

地図を見ると、首里の駅から大きく考えればホテル方向なので、だいぶ距離はあるのですが、歩こうかと・・・。



雨のぱらつきも上がり天気は曇り、湿度がそれほどでもなかったので、歩きやすかったです。
基本的には首里城の近く。
f0036857_1063573.jpg

店はこんなPOPな外観。
ターゲットは観光客というよりは、地元の若者といったところでしょうか。
f0036857_1064710.jpg

店内は意外にも混んでいて、日本語がネイティブではない女性1人と、キッチン内のシェフ1人で回しているよう。
一番人気はグリル・チキンのカレーとのことですが、僕はここは沖縄、釜揚げゆし豆腐カレー(880円)の黒糖トッピング(50円)というものにしてみました。
ご飯は1杯までお替り自由です。
f0036857_1065715.jpg

店のウェブでは

沖縄の伝統食材の一つ「ゆし豆腐」。まえさとの釜揚げゆし豆腐は、昔ながらの製法により地釜でゆっくりと仕上げられています。地釜独特の風味と香ばしいおこげの香りがたまらない、あじとやの新作カレーです

とありましたが、ゆし豆腐そのものをまず味わってみると、確かに美味しい豆腐。
でもこれが強烈なスリランカ風カレーと一緒になると、あの繊細な風合いはどこへやら、これはゆし豆腐と一緒にした意味がないような気がします。
1+1が1以上になっていない・・・。
カレーそのものもウコンなど沖縄スパイスも多用してということですが、僕にはよく分からず、辛さは選べるので辛さこそ僕の好みでしたが、追加された黒糖がこくや美味しさを上げているとも思えず、僕的には△なカレーでした。
野菜もやや貧弱、北海道の有名店辺りのとは全然量も質も違います。
僕の沖縄というワードにこだわった選択がまずかったのかな。
ここは各種メディアに割引の宣伝を出していて、僕は「食べログ」に付いていたクーポンで、食後にこのアイスクリームを無料でもらいました。
f0036857_107770.jpg

店から歩き始めたのですが、途中でヘタれてタクシーを拾うとしましたが、夜の首里はタクシーがほとんど走っていない。
首里城の入口まで歩きましたが、もうこの時間警備員だけ。
もう少し歩いて大通りでやっとタクシーを捕まえることが出来、数分でホテルに・・・。
良い運動にはなりましたが、ほとんど人の歩いていない暗い夜の首里は、昼間とは変わってちょっと寂しかったです。
タクシー会社に電話しても「今一杯で・・・。20分くらいしたらもう一度電話してみてください」の繰り返しでした。
# by shackinbaby | 2017-04-26 00:04 | グルメ | Comments(4)
仁川国際空港第2ターミナルは年末完成
年末にも完成予定という韓国の仁川国際空港第2ターミナル。
隣接する統合型リゾート「パラダイスシティ」も4月20日に完成し、新ターミナルもオープンに向けて順調のようです。
f0036857_173545.jpg

地上5階、地下2階のターミナル。
第2ターミナルの完成で年間の空港の利用者数は5800万人から7200万人に増加する見通しと・・・。
まだ第2ターミナルがどう使われるか(このキャリアが使うのか)は不明のようですが、各地の有名な飲食店の支店を集めるほか、仮眠エリアやキッズスペース、フィットネスルーム、通常の有料ラウンジに加えて30人程度を収容できる「グループラウンジ」なども設ける予定であること等は分かっています。
僕の予想では大韓航空とスカイチームが第2ターミナルに移るのかなぁ??と・・・。
f0036857_17352986.png

そうだとすると地下を走るシャトルトレインでの移動距離はかなりありそうで、これはこれで不便かなぁ?



平昌五輪を見据えての第2ターミナル・オープンでしょうが、昨今の韓国状況、無事オープンとなると良いのですが・・・。
# by shackinbaby | 2017-04-26 00:03 | 旅行 | Comments(0)
ANAの提携ホテルが一挙15万軒に
ANAはカナダ・トロントを拠点とする「Points社」、イギリス・ロンドンを拠点とする「Collinson Latitude社」というポイントプログラム運営会社と提携、海外におけるマイル提携サービスを昨日(4月25日)より拡大したとのことです。

     http://www.ana.co.jp/group/pr/201704/20170425-2.html

今回の提携により、ANAのマイルを貯めることができるホテル数は約1100軒から約150000軒へ、マイルを使えるホテル数は約70軒から約150000軒に拡大するなど、対象ホテル数が大幅に増加すると・・・。
詳細は

     http://www.ana.co.jp/amc/promo/anaglobal/

を見ないとですが、ここは会員認証が要るので、会員でない僕はこれ以上進めません。
前者のサイトは

     https://www.points.com/

後者のサイトは

     http://www.collinsonlatitude.com/

で、ぱっと見、かなりな数のホテルやエアラインが提携しているようです。
ANAのサイトから入るとどうなるのか、どなたか教えていただけると嬉しいです。
といっても僕はANAの会員番号を持っていないので、どうにもなりませんが。
# by shackinbaby | 2017-04-26 00:02 | ホテル | Comments(2)