気ままにバンコク (21) ディナー@「チャクラポンヴィラズ」
僕ら夫婦の「チャクラポン・ヴィラズ」でのディナー、眼の前にはエキゾチックにライトアップされた「ワットアルン」。
吹いてくるのは心地良い川風。
幸いバンコクの川沿いで時々感じる独特の溝臭さなどここには全くなく、実にサバイサバイな時間が流れていきます。
(「サバイ」=สบาย=sabai,sabaai=気持ち良い、「サバイサバイ」と単語を重ねて使うことが多いです)
f0036857_124563.jpg

料理は前菜系からメインへと進んで行って、カレーはドライ・マッサマン・カレー。
f0036857_1241042.jpg

CNNがかつて「世界の料理の美食ランキング50」(World's 50 most delicious foods.)で、このタイ南部発祥のカレーを第1位にしたことで一躍再認識された料理。
イスラム起源のカレーということで、具材にはビーフが使われています。
これはボクチョイ(青梗菜)のオイスター・ソース炒め。
f0036857_1243993.jpg

こういう中華風な炒め物ものも実にくっきりした仕上がりで、美味しく食べられました。
メイン中のメインはこの海老の揚げ物でしょうか。
f0036857_1244532.jpg

揚げ方が上手、タマリンドのソースはいかにも上質のタイを強烈に感じさせてくれます。
美味しい・・・。
もうこの辺りで相当お腹いっぱいになりますが、まだまだデザート部門も・・・。
f0036857_1251947.jpg

ココナツ味のシロップの中に、タイ風の甘い団子や何と卵も入っているというデザート。
そしてきれいにむかれたフルーツの盛り合わせ、更にコーヒーや紅茶も出されてこの日のセット・メニューは終わりになります。
f0036857_1252819.jpg

あぁ、美味しい2時間でした・・・。
料理は言うことなかったし、サービスはこちらを極力邪魔しない控えめだけれど不足のないもの。
見えるのは何度も書きますがライトアップされた「ワットアルン」の絶景。
聞こえるのは時々すごいスピードで通り過ぎるボートのモーター音か、遊覧船から漏れ聞こえてくる音楽くらい。
心配していた湿気もこの時期のこの時間は全く問題なし、蚊も強力な蚊取り線香がテーブルの下に焚かれていたし・・・。
これで一人税金サービス料すべて込みで2247バーツ、日本円にすると約6000円というお値段。
タイ料理としてはとんでもない値付けのレストランですが、ほぼ貸し切りというこの場所代も考えると、決してべらぼうということはありません。
f0036857_126070.jpg

もちろんカード決済もOK、この辺りはタクシーがあまり通らないそうなので、スタッフがタクシーを捕まえに外まで出てくれます。
f0036857_126527.jpg

ガードマンと厳重な門に守られていますが、ほとんど人気(ひとけ)のない周囲、3室しかないホテルにも宿泊客がいるのかいないのかといった超人口密度希薄地帯、ここをホテルとして使うのはどうなのでしょう。
案外、僕らにようにレストランだけの利用というのが正解だったりして・・・。
f0036857_1263822.jpg

タクシーを拾って来てくれたホテル・スタッフに礼を言って、タクシーの運転手には「アジアティークまで」と・・・。
まだ、ホテルに帰るには早いので「アジアティーク」に・・・。
by shackinbaby | 2012-12-14 00:32 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ブンパピ at 2012-12-14 01:12 x
更新楽しみにしています。この正月もまたチェンマイとバンコクに滞在します。新しいバンコクおいしいもの情報、参考にさせていただきます!
今回、バンコクは1泊だけなので街の中心ですが、以前、チャクラポンヴィラズは宿泊は検討したことがあるのですが、滞在型にはいいのかもしれませんが、街歩きには向かないかも、と思いやめました。今回、詳細がわかってうれしいです。
Commented by タイスキ2号 at 2012-12-14 10:19 x
自分とは無縁な超高級世界です。タノン・マハラートもあのあたりは夜はタクシーは流してないでしょう。おっしゃるとおりにホテルとして使うにはちょっと場所的に不便なところですね。
Commented by shackinbaby at 2012-12-14 20:32
>ブンパピさん
「チャクラポンヴィラズ」に「宿泊」は、やはりビューにこだわりを持つ人、日数に余裕のある人、リピーター、お忍び旅行・・・など、やはりちょっとバンコク上級者向けのような気がします。
ホテルとしてだけなら素晴らしい設備とホスピタリティを持ったホテルが近くにいくつもありますからね。
今年のお正月、タイは日本人の渡航先としてトップ3に入っていましたから、きっと多くの日本人で賑わうことでしょう。
ぜひお楽しみくださいね。
Commented by shackinbaby at 2012-12-14 20:34
>タイスキ2号さん
いつも有難うございます。
客室数3室のホテルなのでホテル・カーというものもなさそうで、ゲストの要望でいちいちタクシーを捕まえに行ってるようです。
日本みたいに無線で配車なんてシステムはまだ一部中の一部だけでしょうからね。
名前
URL
削除用パスワード


<< フォーシーズンズ・グルメ 椎茸チップス >>