コロンボ&香港 (13) ピンナワラ象の孤児院
さぁ、やっとのことで僕のコロンボでの観光の話に・・・。
長く引っ張ってしまって、スリランカでのレポートをご期待の方、お待たせいたしました。
f0036857_6135383.jpg

僕の今回の旅行は例によって個人旅行、パッケージ・ツアーによるものではありません。
しかしスリランカでは、あらかじめ組まれたスケジュールに乗り合わせる、いわゆる観光バス的な観光というのがあまりなく、比較的物価が安いせいか、個別に車とガイドを手配するオーダーメイド型の観光ツアーが一般的。
ネット上には日本語ガイドが付くツアーなど日本人の扱いに慣れている旅行会社がかなりな数出ていて、正直どの会社が良いのかなかなか分かりづらかったのですが、大きそうな会社(大きそうに見える?)で自分の行きたいところをカバーしているところから、僕は今回その観光に使ってみました。
ガイドとの待ち合わせは、まだ昨日のパーティ・デコレーションが残る「ヒルトン・コロンボ」のロビー。
朝の7時。
昨夜は夜遅くまというより、朝方近くまで、かなりな音量が館内に溢れ、窓から見えるプールなどホテル周囲もかなり強いライトアップが・・・。
そのせいでやや眠りが浅かった、短かったというのも、この日食欲不振などの僕の体調不良の一つだったかもしれません。
で、僕のコロンボ初日の観光はまずは世界遺産であるキャンディという古都を訪ねよう、ピンナワラにある象の孤児院やペーラーデニヤ植物園などにも行ってみようという計画。
会社は「セイロン・サニー・ホリデイズ」というところにお願いしました。
僕一人に、日本語がペラペラのまだ若そうな男性ガイド、それに運転手が付くプレイべート・ツアーで総額US$259。
所要時間は約半日(12時間半)ということでした。
f0036857_6141073.jpg

ガイドの日本語は本当に上手でほぼネイティブ・クラス、日本にも数年いたことがある人だそうです。
運転手は簡単な英語がOK、ともにとてもフレンドリーで、丁寧・親切な人たちでした。
車は混雑したコロンボの町を抜け、東へ東へ・・・。
スリランカという島の中に中に入っていくようにうねうねした道を進みます。
風景は町から田舎に変わり、緑がどんどん増えていきますが、道沿いには思いのほかどこにも民家が並んでいます。
途中で見かけたパイナップル屋。
f0036857_6143736.jpg

車で通る客相手だからでしょうか、一つ100ルピーもするそうです。
1ルピーが大体0.65円ですから、スリランカの一般的な物価にしては、高いものです。
たくさんあるパイナップルからどれを選ぶかはこちらの眼次第、熟れているのもあれば若いのも・・・。
いずれにしてもここのパイナップルは本当に甘く、極端なことを言えば芯まで甘かったですよ。
あとスリランカで美味しかったもの、それはカシューナッツ。
写真には撮りませんでしたが、カシューナッツの道端の店もたくさん出ていました。
空港などにも専門店がありますが、値段は道端の倍以上はします。
粒が本当に大きく、美味しいカシューナッツでした。
f0036857_614527.jpg

この日のスケジュールは
     07:00 コロンボ市内発(ご宿泊ホテルまたは指定の場所 )
     09:15 ピンナワラの象の孤児院で象のミルク飲みや水浴びを見学
     10:15 世界遺産・キャンディへ向かう
     11:20 ペーラーデニヤ植物園を見学
     13:00 レストランでブッフェランチ
     14:15 仏歯寺参拝・散策(キャンディマーケット)
     16:00 コロンボへ向かう
     19:30 コロンボ市内着(ご宿泊ホテルまたは指定の場所 )
というもの。
コロンボを出て約2時間でまず最初のピンナワラというところにある「象の孤児院」に到着です。
f0036857_6151627.jpg

ここは1975年にスリランカ政府の野生生物保護局により創立された施設で、ジャングルで迷子になったり、密猟によって親を亡くした子象などを中心に保護、ここで育った象たちは、寺院や象使いのもとに引き取られていくんだそうです。
50頭以上もの象が一度に見学出来るため、人気の観光スポットに・・・。
f0036857_6152995.jpg

入場料は多分2000ルピー、ガイドがすべてチケットを買ってくれるシステム(チケット代込み)だったため正確には分りませんが、スリランカ人ならもっと安いはずです。
まだまだこの国、かつてのタイのように、自国民用と外国人用値段の2本立ての値段の施設が多いです。
f0036857_615453.jpg

表記はシンハラ語、タミール語、英語の併記。
でも、ここで行われるアクティビティ一覧は英語がメイン。
そのくらいここには西洋系の顔をした客が、そのほとんどです。
f0036857_616973.jpg

ボトル・フィーディング?
それはどうやら象にミルクを与えるというものらしく、それが体験出来ると、わぁ、やってみたい!
早速園内に入ります。
あ、独特の匂い。
いた、いました。
f0036857_616278.jpg

一匹じゃない、象がたくさん。
でかい、でもかわいい・・・。
f0036857_6164916.jpg

特大の哺乳瓶からミルクを飲む象、これがここの名物、ボトル・フィーディング、僕もやらせてもらいました。
ごくごく飲んでくれて、すごくかわいい・・・。
こちらはまだ生まれて間もない保護されたばかりの象とのこと。
f0036857_6171270.jpg

双子?
とても仲が良く、愛らしい動作で、僕らを釘付けにします。
f0036857_6172860.jpg

今度は象が放たれている草地に・・・。
f0036857_6174618.jpg

象たちは一匹で、一日に何十キロという草を食べます。
f0036857_6185431.jpg

この後、象たちは川に向かって行進、水浴びをするというのです。
f0036857_6191562.jpg

これはもう眼の見えなくなった老象。
f0036857_6193299.jpg

素晴らしい牙の持ち主です。
f0036857_620491.jpg

さ、像の行進が始まりそうです。
急いで行進の良く見える場所に移動しましょう。
by shackinbaby | 2013-01-17 00:13 | 旅行 | Comments(6)
Commented by nagi at 2013-01-16 00:02 x
わぁ、かわいい!
これはいいなぁ。
小象は反則的にかわいいですね。
俄然スリランカ行きたい病が発生していますw
Commented by T23 at 2013-01-16 00:58 x
まだ序章ですが、これだけでコロンボにいきたくなっちゃいますね。
しかもこれだけの象が一度にみれることって、貴重な体験だと思いますし。
この後の水浴びも楽しそうですね。期待してます。
Commented by まっつん at 2013-01-16 08:51 x
スリランカで最初の観光は象か、ちょっと想像してなかった
スリランカっていうと紅茶とか宝石しか知らなかったからな
Commented by shackinbaby at 2013-01-16 09:54
>nagiさん
「小象は反則的にかわいいですね」はまさにその通りです。
本当に愛くるしく、2頭は仲が良かった・・・。
スリランカでは象はある種神聖な生き物で、観光客だけではなく、像使いの人たちの扱い方もそして見る目も、ただ単に仕事ということを超えた何か愛情のようなものが基本的にある感じがこちらにも十分伝わってくる感じでした。
Commented by shackinbaby at 2013-01-16 09:55
>T23さん
はい、水浴びがまた良い感じなんです。
本日中か明日にでもアップしますね。
ここは一度見に行っても良いところですね。
象に乗る施設も近くにあります。
Commented by shackinbaby at 2013-01-16 09:56
>まっつん
スリランカの象って、アジアゾウの亜種で、野生でまだ2500~3000頭くらいいるんだって・・・
東京の多摩動物園にスリランカ象の家族が寄贈されるとかニュースになった
スリランカで宝石っていうのはもう過去のイメージみたいだよ
名前
URL
削除用パスワード


<< ANAが787型機の運航すべて... すごかったですね >>