コロンボ&香港 (19) 「ヒルトン・コロンボ」の朝食
僕のコロンボ2日目の朝。
f0036857_108577.jpg

前日は「ピンナワラ象の孤児院」、「ペーラーデニヤ植物園」、そして古都「キャンディ」(KANDY)の「ダラダー・マーリガーワ寺院」、通称「仏歯寺」を観光、泊まっている「ヒルトン・コロンボ」に帰ってきたのは午後8時もちょっと前でした。
相変わらず食欲はほとんどなく、気力も本当に乏しかったのですが、それでもホテル近くのコロンボ最新のショッピングモール「オールド・ダッチ・ホスピタル」(OLD DUTCH HOSPITAL)に、その後出かけたりもしました。
ここは元々1656年から1796年まで続いたオランダ統治時代にオランダ・東インド会社の職員の医療を提供するために作られた病院で、そのコロンボに現存する最古の建物をリニューアルしたこのモールには、夜の早いコロンボでは遅い時間まで開いている店が多めでした。
特に気になったのはスリランカ・クラブで有名な蟹専門店「ミニストリー・オブ・クラブ」(MINSTREY OF CRAB)、取り合えず入ってテーブルには付いてみたのですがどうしても食欲が出ず、ドリンクだけで出てきてしまうという恥ずかしい状態。
グルメの皆さんに、スリランカの蟹体験をお話しできずにすみません。
僕自身もがっくりでした。
f0036857_214975.jpg

で、翌日、相変わらず朝方はやや曇りがちの天気でしたが、高層階の部屋の窓からはインド洋の海岸線が一望のもとに見え、その開放的な景色は窓を開けるのが楽しみだったほど・・・。
「ヒルトン・コロンボ」はとても大きなホテル、ドアの裏に貼ってあるホテル地図を見ても、あるいは窓からの景色を見ても分かるように、一般道路を渡り廊下で渡った向こうに広大なスポーツ・センター、屋外プール、テニスコート等があり、別にホテルの客室棟より広いボールルームが有ったりします。
f0036857_1082669.jpg

レストランも多数あって、コンテンポラリー・キュイジーヌの「スプーンズ」(SPOONS)、スリランカ料理とシーフードの「カレーリーフ」(CURRY LEAF)、中華の「エンペラーズ・ウォク」(EMPEROR’S WOK)、和食の「ギンザホーセン」(GINZA HOHSEN)、イタリアンの「イルポンテ」(IL PONTE)・・・まだまだあって、そのどれもがコロンボでは一流の店と言われているところばかり。
前日の朝食はラウンジで取ったので、この日の朝食はロビー奥にあるオールデイ・ダイニングの「スパイス」(SPICE)でのフル・バフェにしてみました。
f0036857_1084725.jpg

「スパイス」は140~50人は入れる大きなレストラン、一面の大きなガラス窓からたっぷり入る外光が眩しいほど。
雰囲気は明るく、朝食にはうってつけのロケーションと言えます。
f0036857_109660.jpg

出されている料理の種類はかなりなもので、これだけ揃っているのはさすがに高級ホテルのそれ、ラウンジの朝食もまずまずでしたがスケールが全然違います。
ここではブース毎に、インド料理、スリランカ料理、西洋料理など・・・。
f0036857_1092462.jpg

やはりここはスリランカ、まず試してみるべきはスリランカ料理の朝食でしょうか。
f0036857_1093843.jpg

お椀型のクレープのアーッパ、別名ホッパーや、米粉を練って型から出し蒸したインディ・アーッパ(ストリング・ホッパー)はスリランカの朝食の定番。
これにおかず(カレー)を付けて食べます。
f0036857_1095240.jpg

これはキリバット、ミルクライスと言われているもの。
日本の赤飯のように、お目出度い時の朝食によく食べるココナツミルクで炊いたご飯です。
f0036857_10101055.jpg

西洋風なものも各種揃っています。
f0036857_10102915.jpg

フルーツは美味しく・・・
f0036857_10104690.jpg

パンはヒルトン・レシピでほぼ世界共通、前日のキャンディのレストランなどよりずっと美味しいものが揃っています。
f0036857_1011218.jpg

料理のメンテナンスもご覧のようにさすが、いつでも超きれいになっています。
f0036857_10111816.jpg

これで一体いくらくらいするバフェなのでしょう?
僕はヒルトンのメンバーシップのおかげで無料でここの朝食を頂いていますが、後で見たルームサービスでのアメリカン・ブレックファストは1800ルピー+とありましたから、そのくらいはきっとするのでしょうね
f0036857_10113713.jpg

相変わらず食欲はあまりありませんでしたが、少しは食べなくては・・・・。
f0036857_10115431.jpg

この日はいよいよバワの建築を見て歩く日です。
by shackinbaby | 2013-01-22 00:05 | 旅行 | Comments(13)
Commented by まっつん at 2013-01-21 08:57 x
朝食には麺か、でも朝からカレーに付けて食うんだよな
Commented by shackinbaby at 2013-01-21 09:29
>まっつん
麺といえばストリングホッパーは確かに麺なんだけど、蒸してあるから柔らかいし、食感はかなり違う
カレーやサンバルに付けて食べると、これは合うんだ
Commented at 2013-01-21 11:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-01-21 12:16
>XXXさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
管理者だけが読めるコメントをいただき、本当に有難うございます。
いろいろなことをあまり良く分かっていない僕ですが、僕に分かることでしたら、何でもお答えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご質問はコロンボ観光のことでしょうか?
Commented at 2013-01-21 14:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-21 14:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-01-21 21:13
>XXXさん
状況は了解いたしましたが、お答えしにくい部分を多く含んでいると思いますので、適切なお答えになるかどうか・・・。
まず3月上旬のアメリカ東海岸はまだ寒いですが、観光に問題のあるほどではなく、お料理などかえって美味しく食べられることも多いと思います。
ご家族の方が行きたいと直感されたところがベストです。
2週間もお時間がおありでしたらカリブ海のリゾートとかもっと暖かいところでも良いような気もしますが、ある程度日本人もいて、日本語の観光ツアーなどが充実しているところの方がご年配の方はご安心でしょう。
ホテルに関しては僕はヒルトンしか知りませんが、ボストンではバックベイが圧倒的に場所が良く何かにつけて便利です。
人気のホテルなので、部屋のアップグレードなどに関しては期待しないでください。
無料で朝食をいただける程度がせいぜいのベネフィットですが、とにかく場所が便利です。
そのホテル前からリモライナーに乗れば、4時間ちょっとでニューヨーク・ヒルトンに着きます。
Commented by shackinbaby at 2013-01-21 21:13
ニューヨークではそういう意味でここでも良いのですが、とにかく巨大ホテル、メンバーならではのベネフィットもほとんど感じられないホテル。
タイムズスクエアのヒルトンの方が何かにつけてマンハッタンに泊まってる感が強く、ここもせいぜい無料の朝食程度ですが、ウッドベリーコモンに行くときなども便利です。
ホテルとしては今はコンラッドがオープンしたので、ロワー・マンハッタンが良ければワールドトレードセンターの工事でやや眺望の悪くなったミレニアム・ヒルトンよりベターかと思います。
とりあえずこんなところです。
Commented at 2013-01-21 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-01-22 09:05
>XXXさん
ご家族の方がご高齢でも、歩いたりにさほど問題がなければ、コンラッドはほかのヒルトンに比べてホテルとしての質が上です。
周囲にはニューヨークらしいレストランやショップもたくさんあります。
ただバスタブのある部屋を予約してください、あるいはリクエストしてください。
日本人のご高齢の方にはそれは大事なことのようです。
ウォルドルフアストリアまで行くと、古臭い割に従業員はセレブに慣れきっていて、僕ら一般人にはちょっと居心地い悪かったりします。
コンシェルジュは本当に有能で優秀でしたが・・・。
素敵なご旅行になりますよう、お祈りしております。
Commented at 2013-01-23 00:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-01-23 10:32
>XXXさん
このブログにいらしていただけるgeorgeさんのブログで、コンラッド・ニューヨーク、取り上げられています。
http://george3.exblog.jp/18256099/
ヒルトン・ニューヨークはこちらです。
http://george3.exblog.jp/18675028/
Commented at 2013-01-23 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「天草エアライン」のプレミアム... トラベラーズチョイスホテルアワ... >>