コロンボ&香港 (25) ついに「ルヌガンガ」に・・・
僕がJALのマイレージを使っての特典旅行@年末年始の計画を立てている時に急速に脳裏に浮かんできた国、それがスリランカでした。
キャセパシフィック航空便を使えば、コロンボまでも特典で行けちゃうんだ・・・。
スリランカかぁ、紅茶の国だよな、アーユルヴェーダも有名、確か仏教遺跡など世界遺産もいくつもあるはず。
でも僕にとってスリランカって言ったらジェフリー・バワだよな・・・。
そうか、バワが作ったホテルを生で見に行っちゃえば良いんだ。
ホテルだけじゃなくて、彼が自分の理想郷とした「ルヌガンガ」というところも、彼のコロンボでの自宅「ナンバー11」だって、予約さえしておけば見られるはず・・・。
こう考えると僕の行動はほぼ瞬時、数分のうちに今回の旅程をJALのHPから予約完了していたのでした。
(実際にはその後仕事の都合で日にちは若干変更となりましたが・・・)
f0036857_1627562.jpg

バワは1919年、ヨーロッパ系の裕福なスリランカ(当時はセイロンと呼ばれていました)の家庭に生まれ、ヨーロッパとスリランカの血の混じるバーガー(burgher)として社会に受け入れられないなどの苦労は多少はあったようですが、19歳の頃にイギリスのケンブリッジ大学へと留学、英文学を専攻したそうです。
大学卒業後は弁護士となり、1946年にスリランカへ帰国したとあります。
帰国後すぐに1年半にも及ぶ世界旅行をした後、自分の理想郷を作ろうと、ベントタに土地を買ったと・・・。
しかし建築の知識に欠けていたことから、イギリスへ再び留学、38歳となった1957年頃から建築家としての活動を始めたとのことです。
1967年ベントタのビーチリゾート開設に携わり(前述、「ベントタ・ビーチ・ホテル」)、以後数多くのホテル建築を手がけ、現在世界中でラグジュアリー・ホテルを展開しているアマン・リゾーツがその手本としたという、20世紀のアジアン・リゾート建築にもっとも強い影響を与えた建築家と賞されている人です。
f0036857_1628781.jpg

で、ついに「ルヌルンガ」。
ベントタのメインロードから「えっ、こんな道?」と思うような細い道をうねうねと奥に入り、熟練のドライバーでさえ、ガイドと「この道で良かったっけ?」と目を見合わせるような道の奥に、高級車が数台停まっているところにやっと・・・。
どうやらここが「ルヌガンガ」の入口のようです。
コロンボから付いてきた僕の日本語ガイドも園内には入れず、しっかりした門番が鍵を開け、僕だけを更に丘の上にある「ルヌガンガ」まで案内してくれます。
(例によって入場料は僕の場合ツアー代金に込みでしたが、たぶん1250ルピー、入場料込のランチが3000ルピーだと聞いています)
f0036857_16283262.jpg

うっそうと茂った緑の中に良く手入れのされた芝生、そして6軒あるという一戸建ての宿泊ヴィラ(11月から4月までの季節営業のようです)を左右に見ながら、案内されるのがここ。
「ルヌガンガ」の中心的なレセプション・エリアです。
f0036857_16284180.jpg

辺りに聞こえるのは風にそよぐ木々の葉擦れの音、鳥の鳴き声、「ルヌガンガ」で飼っている犬達のじゃれる鳴き声・・・。
静かです。
f0036857_1629954.jpg

時々通りかかる若いスリランカ人男性スタッフも全員物静かで控えめ、ここの静謐で平和、やや禁欲的な雰囲気にとてもマッチしています。
f0036857_16292319.jpg

あぁ、ここに来るまでは大変でした。
どうやらこの正月の時期、ここもハイ・シーズンらしく、ヴィラはすべて埋まり、僕のような見学だけの者は基本的に不可というのが一番最初のメールでのやり取り。
その後、ここをツアーの一部に組み込んだ今回の会社を知り、そこから交渉。
その結果ヴィラの内部見学は不可、庭園見学とランチはOKということに・・・。
それが更には直前にランチまで不可と、やっとここに来られたものの、変更に次ぐ変更の果てにでした。
f0036857_16294760.jpg

ここは彼の1948~1998年の作品。
つまりバワの建築家生活の始まり、そして終わりをも象徴する場所。
スリランカが英国からの独立した当時、彼は実はイタリアへの移住を考えていたそうなのですが、ここ「ルヌガンガ」に惚れ込みスリランカに残ることを決意したんだそうです。
この風情のある木のベンチで、案内役の登場を待ちます。
f0036857_16295735.jpg

比較的きれいない英語をしゃべるスリランカ人男性スタッフが園内を説明しながら案内してくれます。
これは彼の書斎。
f0036857_16302056.jpg

おぉ、いかにもバワといった世界が広がっています。
f0036857_16313153.jpg

彼独自の感性のフィルターを通された彼のヨーロッパ、とくにイタリアなどの南欧への憧憬とスリランカ文化への敬意の入り混じり具合、そしてそこここに後の彼のホテル建築にも出てくる直線使い、シンメトリーの萌芽がもう・・・。
f0036857_16315419.jpg

イタリアっぽさの他に、スペインの影響もあるでしょうか。
f0036857_16332919.jpg

全てが収まるべきところにぴたっと収まっている、そこから1センチずれていても変・・・。
f0036857_16334847.jpg

「南欧+スリランカ」のイメージで作り上げたものとしても、そこにバワのピリピリするほどの感性が加わってるからこそのこの世界、やはり彼独特のものです。
f0036857_163471.jpg

ここにはたとえ動かなくても、この扇風機がこの位置にじゃないと駄目、バワってきっとそう考える人なんだろうなんて思いました。
f0036857_16342496.jpg

by shackinbaby | 2013-01-29 00:50 | 旅行 | Comments(6)
Commented by まっつん at 2013-01-28 08:44 x
50年かけて作った自分の理想の家ってのもすごいな
こういうのがたくさん並んでる?
Commented by Jun@SFO at 2013-01-28 08:46 x
すばらしい!
実際には、あの独特の湿気と暑さの空気と一緒に体験して初めて腑に落ちるのでしょうけれども、写真からも彼の目指すところが、ビンビン伝わってきます。
メインテナンスも行き届いているようですね。
Commented by shackinbaby at 2013-01-28 11:01
>まっつん
建物自体の数はそんなに多くない
ここは庭も素晴らしくて、自然の高低ある地形の中、建物と庭が絶妙のバランスで造られてるんだ
明日にアップするよ
Commented by shackinbaby at 2013-01-28 11:02
>Junさん
そうなんです、その通りなんです。
Junさんは本当に分かってらっしゃる・・・。
あの空気の中であの空間は最高にその魅力を発揮するんです。
写真集だけでは分からない何かを確実に感じましたよ、僕。
Commented by タイスキ2号 at 2013-01-28 18:49 x
自分はバワ氏のことを全く知りませんが、大阪万博のセロン・パビリオンはバワ氏の監修のようですね。shackinbabyさんご存知でした?
Commented by shackinbaby at 2013-01-29 10:06
>タイスキ2号さん
教えていただいて有難うございます。
僕、彼が万博のセイロン館にかかわっていたなんて、全然知りませんでした。
当時の写真をネットで見ることが出来ましたが、バワらしいものもありましたが、バワ節全開のデザインというわけにはいかなかったようですね。
予算の関係でしょうか。
写真だけじゃなくてセイロン館の画像でも残っていないか、もう少し調べてみます。
情報に大感謝です、改めて有難うございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< エミレーツ航空、ついに羽田就航 Octpussyさん、お帰りなさい >>