コロンボ&香港 (27) 「ナンバー11」はバワの自宅
僕のジェフリー・バワの建築を訪ねる旅、その最後は彼のコロンボでの自宅兼仕事場の通称「ナンバー11」。
僕とガイドを乗せた車はベントタから一路コロンボ市内へ・・・。
一見順調そうにみえたその帰路でしたが、途中でトラブル発生。
それはコロンボまでの高速道路のサービスエリアのATMでの出来事、なにがしかのスリランカ・ルピーの現金が欲しかった僕は備え付けのATMでクレジット・カード・キャッシング。
英語の表示も出て、途中までは順調に進んだものの、最後のところでカードが中に飲み込まれてしまい、現金もレシートも出てこない・・・。
f0036857_2031358.jpg

幸いガイドが付いているのでサービスエリアのスタッフ(単なる警備員??)とのやり取りには困らない・・・。
でも彼らは何も知らない、分からない、また分かろうともしない。
「それって俺が悪いわけじゃないし、そんなの知らない、分からない」の一点張り。
さぁ、それからが大変、今何をすべきか、落ち着いて良く考えます。
現地ガイドがATMの銀行の代表番号に電話をかけてくれますが、なかなか埒があきません。
何かすべてにピントがずれているというか、客のために動いていないというか・・・。
結局何かのエラーでカードが飲み込まれて、一度機械の中にカードが飲み込まれると通常の操作では取り出せず、インターナショナル・カードなら一度無効にして新しいものを作り直せ、機械に飲み込まれてしまえば第三者による不正利用は理論的に出来ないはず・・・ここまで分かるのに、長時間にわたる、何回もの電話が必要でした。
僕はその日もまだ食欲がなく、すべてに本調子じゃないところに、この事態・・・僕のイライラも相当なものでした。
それにこれからコロンボに戻って見に行くはずの「ナンバー11」の閉館時間も迫ってきています。
f0036857_16465418.jpg

「ナンバー11」は多分午後5時には閉まってしまう、そしてカードの不正利用はないはずという銀行側の説明を取り合えず信用、車を再びコロンボに向けて走らせることにしました。
車中から日本のクレジットカード会社にコレクトコール。
このカード会社の緊急時の電話番号もコレクトコールする番号もすぐには出てこず、焦りまくり状態。
しかも電波の状態が悪いところが多くて、ちょうど良いところで携帯がプツプツ切れる・・・。
もう超イライラでした(泣)。
最終的には日本のカード会社とも連絡が付き、僕のカードがATMに飲み込まれたことはコンピューター上は何らかの「エラー」と記録されていて、以後全く使用された形跡はないことを確認して、一安心。
飲み込まれたカードは無効にして、新しいカードを日本の住所に送ってもらうように手配がついたころには、僕の車はコロンボの中心部にある「ナンバー11」に・・・。
コロンボでも他の地区とは明らかに違う高級住宅街の奥、これは独りで地図片手に来たりしたのでは見つけるのがちょっと難しい感じの場所にありました。
「ナンバー11」到着は予定より相当遅れた午後4時50分くらい。
「もしかしたら午後4時半以降は入れないかも・・・」とのガイドの事前の言葉に、このバワの自宅を見られない覚悟もしていたのですが、応対に出たスタッフは嫌そうでもなさそうでしたが、明らかに時間を気にする様子でOKと・・・。
で、入るとまずは彼の愛車がで~~ん。
f0036857_16471796.jpg

ここは前述のようにバワが生前コロンボで暮らしていた家、もともとは彼が設計した家ではなく、彼が1958年にこの一角に引っ越してきてからじっくりと時間をかけ、長屋状に連なる4つの家を増改築したものなんだそうです。
現在は「ルヌガンガ・トラスト」(The Lunuganga Trust)、通称「バワ財団」が管理していて、財団のオフィスとしても使用中。
バワのベッドルームや事務所などのあったこの「ナンバー11」の一階部分は、僕のように料金を払えば見学可能ないわゆるミュージアムとして、またゲストルームのある二階部分は、ホテルとしても利用可能だそうです。
f0036857_16472435.jpg

中は英語の堪能な若い男性スタッフが案内をしてくれます。
丁寧ですが、とても控えめでストイックな感じすらする案内振りは、「ルヌガンガ」の時と同じ印象を受けるもの。
f0036857_1648899.jpg

バワが亡くなったのは2003年、まだ10年位前のこと・・・。
f0036857_16481674.jpg

そこここにまだバワがそこにいるかのような、あるいはかつての生活の息遣いがリアルに感じらるような、繊細だけれど実にインティメートな雰囲気に溢れたシーンの連続。
f0036857_16484192.jpg

置かれている家具や調度品、またアート収集が趣味だったというバワが選んだ世界中からのアート作品について、スタッフは一つ一つ丁寧に説明してくれます。
f0036857_16485872.jpg

良いなあ、この辺のインテリア。
でもこの椅子、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ・チェアのコピーでしょうか?
f0036857_16492871.jpg

バワの美意識のエッセンスを感じてしまうようなリヴィングルーム。
f0036857_16493875.jpg
f0036857_1650611.jpg

ここに来る前に見た「ザ・ヴィラ」やインテリアショップの「パラダイスロード」と共通する、バワ後期の好みの色合い、デザイン・パターン、小物・・・。
f0036857_16502061.jpg

f0036857_16513490.jpg

by shackinbaby | 2013-01-31 00:06 | 旅行 | Comments(10)
Commented by まっつん at 2013-01-30 08:49 x
いくつも重なった不幸の一つはこのカード騒ぎってわけか、そのあと荷物もなくなるんだよな
Commented by shackinbaby at 2013-01-30 10:07
>まっつん
良く覚えてたね
そうロスト・バゲッジ、ロスバゲって略すけど、ロスバゲもどきがあって、荷物を取り戻すのにすごく時間がかかったんだ
でもそのおかげか(クレームがんがんした)、日本に帰ってくる時はアップグレードされたんだよ
Commented by サリー at 2013-01-30 13:59 x
本当にお疲れさまでした。海外でこういうトラブルって困りますよね。日本みたいに親切に対応してくれないし。でも、取り合えず時間的には間に合って見たい所が見られて良かったですね。
Commented by shackinbaby at 2013-01-30 21:30
>サリーさん
今回スリランカの銀行に電話したときの隔靴掻痒感には相当なものがありました。
知りたいことがなかなか分からない、部署から他部署へ電話をたらいまわし・・・本当にイライラしました。
日本のこうした窓口の方がずっと親切で丁寧、客の立場に立って動いてくれる・話してくれる感じです。
ただでさえ食欲がなく調子が悪いと思っているところにこれでしたから、もう一度くらいスリランカに行かないと、あの国を楽しめたとは言えないかもしれません。
Commented by プリゴン at 2013-01-30 22:01 x
ちょっとご無沙汰してしまいました。

私の冬休みも災難でしたが、shackinbabyさんのスリランカもアンラッキーが続いたようですね。
やっはり、そんなに異国の地にはもう一度行って、素敵な思い出で上書き保存したいですね♪
Commented by shackinbaby at 2013-01-31 10:02
>プリゴンさん
旅行記、拝見してますよぉ。
ケルンでは災難でしたね。
僕のトラブルなんてプリゴンさんのに比べれば全然・・・です。
実質的な被害は何もありませんでしたから。
ドイツ大使館の「大使館は盗難届けを受ける機関ではない」はそれはそうなのですが、何かなあ・・・。
もう少し答えようがあろうと思うのですが、スリランカのATMトラブルの時もその銀行に電話をして聞いてみたんですが、こんな感じの返答ばかりで、なかなか本当に知りたいことが分からない、もどかしかったです。
Commented by ホテラバ at 2013-02-01 22:28 x
ロールスロイスとメルセデスですな、かっこいい
Commented by shackinbaby at 2013-02-02 16:01
>ホテラバさん
ロールスロイスは1934年製、メルセデスは1953年製みたいですね。
彼は車好きで、それは両親譲りだったってガイドは言っていました。
Commented by hagidas at 2013-03-19 22:48 x
さっきラジオの告知で、どっかで聞いた名前だな~、で、スリランカ、
って続いてたので、間違いない、と。借金君、やっぱスゲ~、J-WAVE
が真似してる、とも思い始める始末に発展の私。
番組の後、またこちらで復習させていただきます。
Commented by shackinbaby at 2013-03-20 22:48
>hagidasさん
リンクしてもらったページのバワ建築は、僕が行ったところよりコロンボから距離があるんで、僕が行けなかったところばかりです。
時間があれば、この辺りのバワも見ておけば、バワ見学もだいぶ本物になったのでしょうが、僕の旅行はいつでも弾丸で・・・。
スリランカ全体を見れば日本人にはこれから「来る」観光地だと思うし、バワはもっともっと有名な名前になるでしょうね。
JALユーザーにはスリランカ航空がワンワールド入りしますし・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 招待状、いただいちゃいましたぁ! クラブ・デ・クロクール・ドゥ・... >>