本場のキムチを食べたかったから週末ソウル弾丸 (21) 「乙蜜台」で行列の出来る冷麺を
明洞での怒涛の買い物の後、一部はEMSで送ってもらい、残りは僕ら夫婦二人で両手に持って・・・。
重かったぁ(笑)。
普段は行かない免税店も奥さんのリクエストでそれなりの時間滞在。
奥さんは広い免税店に欲しいものが全くなかったとのことですが、僕は欲しいもの発見!
前回の香港弾丸の時、「エルメネジルト某」のシルクとリネン混紡のサマー・ジャケットにすごく好みのものがあったけれど値段で諦めたという話を書きましたが、そのジャケットに、ここソウルで再会。
値段もセール中とのことで、香港より2割弱は安い感じ・・・。
で、思い切って大枚はたいて、そのジャケット、買っちゃいました。
清水の舞台から・・・です。
どういう訳か袖なども全く直さずにすべてがジャスト・フィット、これは出会いだと思ってそれ以来そんな良い服着なくてもいい時にも着ちゃってます。
もちろん、免税品は金浦空港で受け取りです。

さぁ、そろそろ時間。
遅めの昼をどこかで食べて、ホテルまで戻りましょう。
チェックアウトは午後4時の約束です。
奥さんに「何食べたい?」と聞くと、彼女しばらく考えて「冷麺なんかは?」。
う~~ん、冷麺ね・・・。
僕の頭の引き出しとこんなこともあろうかと書き留めておいたグルメ情報の中から「乙蜜台」(ウルミルデ、을밀대)という店を思いつきました。
ホテルのすぐ近く、橋を渡ればもう「コンラッド・ソウル」という麻浦(マポ)という地区にある冷麺(ネンミョン)の老舗です。
人によっては韓国一の冷麺との噂も・・・。
f0036857_12522523.jpg

創業は1971年、店名が漢字で書かれているところに、何か歴史を感じます。
「乙蜜台」というのはもともと平壌の慶尚洞にある朝鮮時代の楼亭のことだそうで、北朝鮮の国宝なんだとか・・・。
だからというかここの冷麺は平壌スタイルで、そば粉が多めに入った噛み切りやすいタイプの麺ということです。
f0036857_12525469.jpg

この写真、時間にして午後2時前くらいのもの、それでこの行列の長さです。
すごい人気店のよう。
もちろん僕らも行列に並びますが、我が同胞は全くいないようです。
f0036857_12531467.jpg

店は増築に増築を重ねたような作り、ある本によると3つの建物が合体してるとの記述もありました。
総キャパシティはかなりあるようで、行列の割にはそれほど待ちません。
入口で席に案内してくれるオバさんは、僕らが外国人とみるや、身振り手振りで結構親切。
嫌な思いは全くしませんでした。
写真付きのメニューもあるので、オーダーは指さしでOK。
まずは薬缶に入った少しだけ味の付いた温かい牛骨スープが出てきます。
f0036857_12532975.jpg

これが結構美味しい。
そしてキムチ、薬味の類も運ばれてきます。
f0036857_12534465.jpg

キムチは前日食べた「ウォンハルモニ・ポッサム」のキムチとはまた違うあっさり味のキムチですが、悪くありません。
そして冷麺(平壌式冷麺ですが、メニューには水冷麺、ムルレンミョンとあります)!
f0036857_1254171.jpg

わっ、しゃりっしゃりの半凍り状態の牛骨出汁スープに、平壌スタイルにしてはつるつるっと弾力のある麺。
これは美味~い!
最初は薄いと思うスープも喉越しの良い麺も、どんどん美味しく感じるようになります。
曇り空とはいえ、32度を超す明洞を歩き回った僕らのクールダウンには最高の冷麺でした。
冷麺の他には、外で待っている間にぽつぽつ降り出してきた雨にちなんでピンデトックを・・・。
f0036857_12541713.jpg

緑豆のチジミです。
この記事を書くにあたってネットを見てみたら、これはノットゥジョンと書いてありました。
僕にはピンデトックに見えましたが、正式にはノットゥジョンという料理名なのかもしれません。
韓国料理のお詳しい方、この辺お分かりでしたらご教示ください。
で、何で雨が降るとピンデトック?
聞くところによるとピンデトックを焼く音が雨だれに似ているからとか、雨の梅雨の時期、特に遅い夜などにはピンデトックとマッコリが韓国の人は恋しくなるんだそうです。
f0036857_12543322.jpg

値段はやや高めで、冷麺は10000ウォン、ピンデトックは9000ウォン。
僕らが食べ終えても、外(路地の方)にはまだこの行列。
ま、日曜日だったということもあるのでしょうが、とにかくすごい人気の店でした。
by shackinbaby | 2013-07-24 22:28 | 旅行 | Comments(11)
Commented by muchikopapa at 2013-07-24 23:01 x
美味しいそうな冷麺ですね。ぜひ、食べてみたい。それにしても奥様にお優しいですね。
Commented by nagi at 2013-07-25 00:41 x
うを、美味しそう。
ジャリジャリの牛骨スープが凄くインパクトありますねー
流石に北朝鮮にまで食べに行けませんがw
ここは行ってみたいです!
Commented at 2013-07-25 10:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shoji at 2013-07-25 13:44 x
韓国料理に詳しいわけではないですが、、、。
ピンデトックもノクトゥジョンも緑豆のジョンですから同じものではないですか。同じものかと思っていました。

ところでピンデトックは大好きです。
韓国に行けば必ず食べたい物のひとつです。
ピンデトックとマッコリの相性は抜群です。
Commented by shackinbaby at 2013-07-26 00:20
>muchikopapaさん
最初食べると、スープの味、薄いなあという感じなんですよ。
それが食べてるうちにどんどん美味しくなるって感じの冷麺。
うちの奥さんも満足していたようです。
僕が奥さんに優しい?
それは喧嘩してることなんかはここで書かないだけです(笑)。
Commented by shackinbaby at 2013-07-26 00:22
>nagiさん
麻浦のロッテ・シティー・ホテルとかに泊まれば、この店結構近いですよ。
それにあの地区は地元で名店とされている店がかなり多く存在するみたいです。
僕は次、あの地区をターゲットに食べ歩いてみたと思ってるんです。
Commented by shackinbaby at 2013-07-26 00:24
>通〇す〇り〇@〇ウ〇さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
今回は詳しくお教えいただいて、感謝感謝です。
もしよろしかったら、お送りいただいた文章を誰にも読めるようにしても良いでしょうか。
お許しが出たら、僕がアップします。
ソウルの弾丸はもう終わってしまいますが、またいろいろ教えくださいね。
Commented by shackinbaby at 2013-07-26 00:24
>shojiさん
「鍾路ピンデトック」は2回、行きました。
好きな店の一つです。
ただ量が多いと、少し油が気になって・・・。
そこをマッコリで流し込むと良いんでしょうけど、僕はアルコールが全然駄目。
コーラとじゃね・・・(苦笑)。
で、どうやらピンデトックは日本でいうチジミの総称のようです。
ノットゥ(緑豆)ジョン=ノットゥピンデトックという位置づけみたいです。
Commented by 通りすがり人@ソウル at 2013-07-26 09:52 x
shackinbabyさん
私こそいつもこのブログで色々勉強させて頂いてます。
本当にありがとうございます。
私の残したコメントですが、少し恥ずかしいですがもちろん読めるようにしても構いません。
お手数をかけますが宜しくお願いします。
台北の旅行記も楽しみにしてます。^^
Commented by shackinbaby at 2013-07-26 12:09
>通りすがり人@ソウルさん
有難うございます。
この下に改めて前回のコメントを再掲させていただきます。
ソウルにお住まいでらっしゃるんですか?
もし僕の旅行記でおかしいところ、間違ったところなどありましたら、ぜひお教えくださいね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 通りすがり人@ソウル (再掲) at 2013-07-26 12:11 x
始めまして。たまたま検索で訪問したのをキッカケに、ファンになった人です。
今回私の詳しい韓国料理のことが書かれていたので、勇気を出してコメントを書くことになりました。

ビンデトックは日本で言うチジミ全般指す言葉です。
その中で、上のノットゥジョンはノットゥ・ビンデトックとも言います。ノットゥつまり緑豆で作ったブンデトックということになります。
名前
URL
削除用パスワード


<< 本場のキムチを食べたかったから... 本場のキムチを食べたかったから... >>