B級グルメ食べまくりの週末台北弾丸 (10) 「オークラプレステージ台北」の客室の続き
「オークラプレステージ台北」のエグゼクティブルームを見ています。
ここはミニバー。
f0036857_071689.jpg

最近の高級ホテルのお約束、ネスプレッソ完備、カプセルもたくさん置いてあります。
それに後ろにライトを入れた棚。
ここはコーヒーカップだけじゃなくて、もう少し置くもの、その置き方を考えると、かなりモダンな感じも出せると思うのですが・・・。
f0036857_072873.jpg

紅茶や高山烏龍茶などはホテル・オリジナルのもの。
高齢の日本人ゲスト用には、日本茶のティーバッグなどもう少し充実しているとより喜ばれるのでは?なんて・・・。
f0036857_074076.jpg

冷蔵庫の中の飲み物はすべてラベルがきれいにこちらを向いて並べてあります。
好感(笑)。
さぁ、部屋の中心部分です。
f0036857_07521.jpg

う~~ん、良い感じじゃないですか。
モダン過ぎず、心休まる色使いの使いやすそうなスペースが広がっています。
f0036857_08365.jpg

ホテルの日本語ウェブの「エグゼクティブルーム」の説明には
「プライバシーを確保する角部屋で、ゆったりとしたリビングエリアを備えたエグゼクティブルーム。
快適性と機能性を追求した上質空間でごゆっくりお過ごしください。
エグゼクティブルームにお泊りのお客様には、オークラフロアのプリビレッジをご用意しております。」

とあります。
設備、備品としては
     エレガントな大理石の浴室、及び21インチテレビ付きの広々とした浴槽 
     オンディマンド型映画配信サービス
     レインシャワー
     多機能トイレ
     機能的なワーキングデスクと多機能データポート
     ワイヤレスインターネットアクセス
     40インチフラットスクリーンTV
     衛星放送、ケーブルTVヘアドライヤー
     セーフティーボックス
     各種枕(アレルギー対策用枕もご用意)
     24時間ルームサービス
     ランドリー・ドライクリーニング
     プレスサービス
     電源 : 110V(シェイバー110V/220V対応)
 
とありました。 
見た目よりやや硬めというか、たっぷり感の少ないソファー(好みもあるでしょうが・・・)の前のテーブルには、ウェルカム・アメニティーとしてホテル特製のパイナップルケーキが置かれていました。
f0036857_081680.jpg

台湾産パイナップル100%のいわゆる土鳳梨。
1階のペストリーショップ「THE NINE」で購入も可、一つ一つがそれぞれ違う美しいパッケージに包まれていて、味よりこのパッケージで評判になりそうなスイーツです。
(この後、今回買ってきたパイナップルケーキの食べ較べの記事を載せますね)
f0036857_082793.jpg

バスルーム、洗面所、リビングルームは良く考えられた作りになっています。
f0036857_083812.jpg

引き戸を二方向から引くと・・・
f0036857_085189.jpg

こういう風にリビングから見えなくすることも出来ます。
開けるとスペース的にかなり広く開放的に感じますし、閉めればプライバシーもばっちりです。
窓際のデスクは充分仕事に耐えうる広さのあるもの。
f0036857_09588.jpg

引出しの中の文房具、例えば鉛筆などの芯はきれいに削ってありました。
f0036857_0134791.jpg

良い位置に各種のコンセント。
f0036857_0103290.jpg

テレビ・モニターは40インチのSONYブラビア。
f0036857_0104439.jpg

もちろんテレビだけではなくいろいろに使える高機能なもの。
日本語チャンネルはNHK他、数チャンネルが見られます。
ブローシャにも日本語表記が多く、こうした日本語で書かれたリーフレットもいろいろ置かれています。
f0036857_0105715.jpg

そうそう、ルームサービスのメニューなどもテレビ画面から見られます。
窓際、デスクの方からドアの方を見るとこんな感じに・・・。
f0036857_011121.jpg

(洗面所・バスルームの引き戸を2方向閉めた形での写真です)
by shackinbaby | 2013-07-31 08:10 | 旅行 | Comments(4)
Commented by momo at 2013-07-31 09:09 x
日系のオークラらしい快適さですね(^_^)v
お金に余裕ある中高年日本人客をターゲットにしたかは分かりませんがもってこいですね。
ラウンジ無くても十分そうです。
Commented by ホテラバ at 2013-07-31 11:16 x
エントランスからバスルームは石貼り、リビングはフローリング、ベッドルームはそれにラグ敷きと凝ってますね。
Commented by shackinbaby at 2013-07-31 18:55
>momoさん
宿泊者の6~7割が日本人とのことです。
スターウッド系やハイアットなどで見かける西洋系の顔は、極端に少なかったですね。
でもホテリエの共通語としての英語も堪能なスタッフも多く、彼らのほとんどは台湾語、日本語、英語のトライリンガルということになります。
日本のホテリエも見習わなくちゃ、ですよ。
Commented by shackinbaby at 2013-07-31 18:56
>ホテラバさん
良く見てらっしゃいますね。
そうです、ベッドルームはラグ敷きです。
どうして分かりました?…って、あ、少し見えてますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< デルタ航空、日本のハブを成田か... B級グルメ食べまくりの週末台北... >>