B級グルメ食べまくりの週末台北弾丸 (19) 「四海豆漿大王」で朝食
台北での朝の散歩中、「當代藝術館」(MOCA)の数軒隣に見つけたこの「四海豆漿大王」という豆漿屋。
f0036857_23103373.jpg

いかにも台湾という店構え、そして店先で油条などを作っているオジさんの素早い動き、そして満員の店内。
これは絶対に美味しいと思わせる店です。
f0036857_2310478.jpg

焼餅なども次々に仕上げられていきます。
f0036857_2311126.jpg

ここでオジさんの手先をいつまでも見ていたいほど、でも意を決して観光客など絶対いそうもないこの店の中に入ってみます。
f0036857_23111893.jpg

言葉は全く通じませんでしたが、台湾の人は優しい・・・。
明らかに場違いの僕にも身振り手振りを交えて注文は簡単でした。
f0036857_23113437.jpg

僕のオーダーは鹹豆漿と蛋餅。
f0036857_23114644.jpg

台湾では一番有名な朝食アイテムなので、これは「シェントウジャン」と「ダンピン」と発音すると覚えておくと便利でしょう。
メニュー表が壁にあるので、「あれ」と指差しても店の人に分かってもらいにくい。
なのでこれらの単語を口にし、「中で食べる」のゼスチャーさえすれば、事はめちゃくちゃ簡単に進みました。
値段は2品で50元、約160円!
激安です。
まず、鹹豆漿。
f0036857_231204.jpg

これがなければ台湾の朝は始まらない的な代表的な朝食メニュー、分かりやすく言えば塩味の豆乳スープです。
蓮華でかき回しながら食べていると、どんどん「おぼろ豆腐」のように固まっていきます。
f0036857_23121391.jpg

味を変えたい時には備え付けの辣油を入れるのも良いでしょう。
油条も美味しかったですよ。
今度は蛋餅。
f0036857_23123194.jpg

小麦粉の薄い皮にネギの入った溶き 卵を重ねて鉄板で焼いたもの。
これがまたふわふわで優しい味、決して脂っぽ過ぎません。
f0036857_2312461.jpg

散歩のつもりでホテル周囲を早朝に歩きましたが、良い店に出会えて僕は満足。
ホテルでのありきたりのバフェより(ごめんなさい、オークラプレステージ台北さま)、僕は絶対こっち派です。
by shackinbaby | 2013-08-07 00:03 | 旅行 | Comments(8)
Commented by nagi at 2013-08-07 02:18 x
鹹豆漿だいすきでーす!
ほっとする味ですよね。
このペラペラなプラスチックレンゲも雰囲気ありますよね。
Commented by いんそむにあ at 2013-08-07 07:48 x
どちらのお料理も美味しいと話に聞くばかりで見たことが無かったので、写真を拝見しながら不思議な食べ物と思ってしまいました。確かに美味しそう…どんな味だろう
Commented by shackinbaby at 2013-08-07 08:57
>nagiさん
台湾で豆漿はどこで食べても美味しく感じます。
当たり外れがない食べ物のような気もしますが、やはり客がどんどん回転している繁盛店のは、ことさら美味しいような「気がします」。
あと時間ね。
やっぱりこれは朝に食するものでしょう。
Commented by shackinbaby at 2013-08-07 08:59
>いんんそむにあさん
豆漿屋は台湾にかれたらぜひご体験なさってはいかがでしょう。
どこもかなりローカルで忙しい店が多いですが、そこは台湾のこと、外国人にも優しく接してくれますよ。
ただ指させるところにメニューがある店だけではないので、豆漿屋にどんなメニューがあるのが下調べをしといて、その単語を発音出来るようにしておくと便利かもしれません。
日本人にはどのメニューも大体違和感ないものばかり並んでいます。
薄餅油條、厚餅夾蛋・・・、あ、僕は鹹豆漿じゃなくて甘いほうの豆漿はあまり趣味ではありません。
Commented at 2013-08-08 07:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-08-08 20:45
>〇〇〇〇〇〇さん
溥傑って日本人と結婚してたんでしょう?
嵯峨なんとかという人。
テレビ番組で見たことあります。
それでも彼は日本語通訳が必要なほどだったのでしょうか?
Commented at 2013-08-09 00:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2013-08-09 08:37
>〇〇〇〇〇〇さん
ご馳走様でした(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今度はこんなホテルに泊まってみました AMEX → JMB(JAL)... >>