B級グルメ食べまくりの週末台北弾丸 (20) 「オークラプレステージ台北」のオークラヘルスクラブ
「オークラプレステージ台北」の20階と21階(屋上)には「オークラヘルスクラブ」が広がっています。
フィットネス、スパ、マッサージルーム、温水アウトドアプールなどが主な施設で、ホテル・ゲストとクラブ・メンバーのみが利用可。
なので、どこもそれほど混んでおらず、思い思いのスタイルでゆったりすることが出来ます。
作りはいかにも日系のホテルで、利用について戸惑うことは全くありません。
それに日本語もほぼ通じますし・・・。
f0036857_9492749.jpg

どこもまだ出来たばかり、ぴかぴかで清潔感も充分です。
f0036857_9494087.jpg

誰もいなかった大浴場。
換気がとても良いので、床から天井までの大きな窓も全く曇らず、台北の街が一望の下です。
f0036857_9495740.jpg

浴槽の中からだってシティービュー可能。
f0036857_9501089.jpg

高いところの好きな僕など、のぼせるまでここにいたかったほど(大袈裟?笑)。
f0036857_950306.jpg

もちろんサウナや個室タイプのシャワーブースも完備です。
f0036857_950484.jpg

こちらは反対側(僕の部屋と同じ向き)にあるリラクゼーション・ルーム。
f0036857_95177.jpg

ここも床から天井まで一面の窓から台北の街並みが・・・。
f0036857_9512234.jpg

薄手のカーテンで仕切られていて、仮眠用にか毛布(?)も置いてあります。
f0036857_9513511.jpg

ここもあまり人はおらず、とても静か。
松山空港に降り立つ飛行機など見てると、思わず瞼と瞼が・・・です。
f0036857_9514866.jpg

女性用にも多分これと同等のものがあるはず、さすがはホテルのワン・フロア―すべてを使っての「オークラヘルスクラブ」。
かなり力入っている施設って感じです。
by shackinbaby | 2013-08-09 12:40 | 旅行 | Comments(4)
Commented by hagidas at 2013-08-10 12:49 x
成田ヒルトンで、たまに着衣で大浴場に入ってこられる
外国の方がいらっしゃいますが、逆の立場だと悩む世間知らずです。
ましてや、誰もいない空間で、注意書きを見つけられなかったり、
見つけても現地の言葉で読めなかったり、だったらと。
で、意を決して入るも、後からの人と真逆ってパターン。トホホ。
スミマセン。台湾、どっちなんだろ、からつまんない書き込みでした。
Commented by shackinbaby at 2013-08-10 18:49
>hagidasさん
ここは全くの日本式でしたよ。
浴槽に面してカランとシャワーが並んでいれば、本当に日本みたい。
でもここはそれはなくて、シャワーブースというか個室になっていました。
Commented by さち at 2013-08-12 17:25 x
残暑お見舞い申し上げます。
毎日、お仕事お忙しいのに更新ありがとうございました。
今年のGWにオークラの前を通って、春水堂に行きました。
まさか別のお店になってしまうとは…
オークラの大浴場、とっても居心地よさそうですね。
GWはシェラトンに泊まったのですが、大浴場は湯船が狭い上に、ジムのメンバーの地元のマダム達が大勢いて、隅の方でそっとお湯につかり、のんびりくつろぐどころではありませんでした。
次回、お財布が許せばぜひオークラステイを実現したいです。
「インターコンチ大阪」、来年の宿泊予約をいれたばかりなのですが、トリップアドバイザーを見ても結構辛口評価なのですね。
shackinbaby さんの評価がとっても楽しみです。
Commented by shackinbaby at 2013-08-13 07:18
>さちさん
いつもいらしていただいて本当に有難うございます 。
オークラの大浴場、女性用もこれと同規模でしょうし、シェラトンよりかなり小さいホテルなので、き っとゆったり楽しめ るのではないでしょうか。
インターコンチネン タル のtrip advisorでの評価見させてもらいましたが、散 々なものですね。
あそこまでネガティブなフィードバックが多いと、最近はホテルからのレスまでつかなくなっちゃったほどですものね。
ちょっとかわいそうと思う反面、ま、僕の時も似たような嫌なことが最後に待ち受けていたので、これが今のあのホテルの実情なのかと。
きっとさちさんがお泊まりの頃には、大分洗練されてきているのでは?と思います 。
猛暑のおり、ご自愛ください。
名前
URL
削除用パスワード


<< B級グルメ食べまくりの週末台北... IATA発表2012年度旅客者... >>