いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (2) 羽田発CX549便
本当に数か月前の香港弾丸と全く同じ旅程でお恥ずかしいほど。
いつものようにJALの「ファーストクラスラウンジ」でゆったりした後、午後4時10分、ゲート109へ・・・。
f0036857_20591972.jpg

キャセイパシフィック航空CX549便(JALともコードシェア)は午後4時40分の出発予定ですが、この分で行くとかなり早くドアが閉まりそうです。
f0036857_2059296.jpg

羽田線はキャセイにしては突然の機材変更は少ないようで、予定通りの777-300ERのよう・・・。
f0036857_20594056.jpg

最前部にファーストが2列、その後ろに2コンパートメントに渡ってビジネスクラスが1-2-1で13~14列並んでいるアブレスト。
f0036857_20595472.jpg

このブログではもう何回も出てきているお馴染みの機材です。
だからもう勝手知ったるもので、初めて座った時のようにいろいろなところを開けたり、スイッチを押したり、キョロキョロすることはなくなりました(笑)。
f0036857_21046.jpg

ただこの機材も経年のせいでしょうか、イヤホーン入れのドアの動きが悪かったり、食事用のトレイが上手く引き出せなかったり、よく見れば少しは・・・ですが、全体的にはビジネスクラスでこのスペース・ファシリティは相当なものです。
f0036857_2102080.jpg

サービスの方も抜かりなく、日系のサービスにクールさを加えたような僕にはちょうど良い心地良さ。
日本路線だからでしょうか、FAは日本人をはじめ簡単な日本語もOKの人が多めでした。
丁寧に挨拶に来られたインフライト・マネージャー(シニア・パーサー)も日本人女性黒服でした。
f0036857_2103016.jpg

一席当たりの窓は2つ半くらい。
f0036857_210445.jpg

ウェルカム・ドリンクには今回はオリエンタルブリーズの方がありました。
キャセイデライトとは月替わりとかなんでしょうか。
f0036857_2105574.jpg

メニューも立派なもの。
以前ほどではありませんが、機内食に関してはキャセイパシフィックはまだまだ相当力が入っています。
f0036857_211638.jpg

まずはトレイに前菜がのって・・・。
f0036857_2111656.jpg

鮭の西京焼き・芥子マヨネーズ、アーティチョーク入りのミックスサラダ・胡麻しょうゆドレッシング、豆乳蕎麦というラインナップ。
パンはガーリックブレッドを・・・。
頃合いを見てメインが、運ばれてきます。
キャセイのいつものスタイルで、自分ですべてのメイン料理を見てから決めることが来ます。
f0036857_2112775.jpg

テンダーロインのポメリーソースグリルか海老のチリ炒め蟹身掛け、鶏塩焼きの和風トマトガーリックソースの3種類からの選択。
僕の海老にはジャスミンライスとカイラン菜の生姜にんにく風味が添えられていました。
ジャスミンライスは日本風の白飯ではありませんが、その他はどれも悪くありません。
そしてキャセイなら深夜便でも出てくるチーズとフルーツのサービスが続きます。
f0036857_2113674.jpg

僕はこのフルーツのジェリー(手前の黒っぽいもの)が大好き、FAに言ってたっぷり盛り付けてもらいます。
これはチーズと本当に良く合うんですよね、大好き。
デザートの続きはハーゲンダッツ(3種類からの選択)とチョコレート。
f0036857_2114834.jpg

キャラメルといこのう味は日本のハーゲンダッツにありましたっけ?
香港までは3時間40分の飛行時間、食事の後は映画を見たり、フルフラットにして転寝してたりすると、本当にすぐです。
by shackinbaby | 2013-09-14 00:01 | 旅行 | Comments(4)
Commented by muchiko0907 at 2013-09-14 00:37 x
斜めのシート、ヘリンボーン式と言うのですよね。羨ましい。一度乗ってみたいと思っております。このシートだと離着陸時にもシート倒したままでokと聞いた事があります。3時間半はもったいない。ヨーロッパまで行ってみたい。飛行機の事、詳しくありませんが、今度はよく調べて少し遠回りでも経験します。
Commented by shackinbaby at 2013-09-14 11:58
>muchiko0907さん
例えばニュージーランド航空に乗った時などは離発着時シートは倒したままでも良かったのですが、キャセイパシフィックでは駄目です。
FAにしっかり注意されます。
ヘリンボーンもキャセイには棺桶シートと揶揄される747のビジネスクラスもありますから、使用される機材はウェブで良くチェックされた方が良いでしょう。
羽田発の香港行きは機材は安定していて、たいてい僕の乗った1-2-1の新しいタイプのシートになっていると思います。
Commented by muchikopapa at 2013-09-14 18:26 x
空飛ぶ棺桶と言ったところでしょうか。それでも、乗ってみたい。JAL sky suite767の方が棺桶スタイルのような。こちらも、乗ってみたい。
Commented by shackinbaby at 2013-09-14 20:58
>muchikopapaさん
JALのSS6は旅博の出展されているので、実際に試された方の印象がウェブに載り始めていますが、ここでJunさんが一番最初に「相当狭い気がします」とおっしゃられた通り、寝返りは難しく、特に足先の細まり方は結構・・・との意見が大半を占めています。
でももちろん、今までのシートに比べればこれでも断然良いのは事実ですが、これでこれから10年は勝負するわけなので、あと5年もたつと・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 浅草ついでに、こんなホテルのレ... 今年の誕生日プレゼントは・・・ >>