いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (15) 永合隆飯店
「ザ・ミラ香港」にはチェックインから24時間いられるプランで宿泊しているので、今回はチェックアウト時間にいつものように気を使わなくても良いのは、嬉しいことです。
午後遅くなってから、昼の「キュイジーヌキュイジーヌ」(國金軒)で食べた叉焼があまりに美味しかったので、小食として燒臘店はどうだろうと考えました。
そんな中、思いついたのがMTR「太子(プリンスエドワード)駅」近くの「永合隆飯店」です。
f0036857_161263.jpg

地元の人たちが行き交うディープなエリア(MTR駅から歩いて2分、砵蘭街にあります)に馴染むこの焼味の専門店は、香港政府の認可を受けた焼味料理一筋50余年という超老舗店。
香港版ミシュランにも取り上げられたので、僕ら観光客にも一躍有名になりました。
f0036857_162658.jpg

店の奥のスペースで職人が豚などの食材をさばいて店頭で焼いて売るという自家製焼味が絶品との評判。
香港のこうした料理は一皿が日本よりやや小盛りなので、小腹を満たすにはちょうど良いかもと思ったのです。
f0036857_164278.jpg

店のオバちゃんたちは愛想はありませんが、決して不親切ということもない感じ。
もちろん言葉は広東語オンリーです。
なのでオーダーは基本的に指さし。
座ると箸とか蓮華が直にテーブルの上に投げ出されるので、食べる前に茶碗に入って出てくるお茶で洗いましょう。
僕のオーダーは2種類の肉を載せたご飯もの。
f0036857_171254.jpg

焼肉叉焼飯、一皿HK$45だそうです。
(一番下の写真の数字、読めます?)
ローカルな店としては結構高めの値段ですが、味はさすがに保証付き。
やや焦げてかりかりしたような部分からジューシーな内部まで、どの部分も美味しい・・・。
パサつきのない、とても良い感じの叉焼でした。
タレもあまり濃すぎず絶妙な味。
もう一つの焼肉と書かれた豚肉のローストの方もパリパリの堅い皮と分厚いジューシーな肉とのバランスが中々のもの。
f0036857_172790.jpg

メニューにはこんなにも種類がありますが、きっとどれも美味しいのでしょう。
f0036857_174287.jpg

向かいのテーブルに座ったオッちゃんが、どこかから小袋入りの調味料を持ってきました。
そうか、マスタードとかプラムソースとか常備している燒臘店も多いものな、どこか奥の棚にでも置いてあるのでしょう。
でもここの焼味、味がしっかり付いているので、そのままでも充分美味しかったですよ。
by shackinbaby | 2013-09-29 12:08 | 旅行 | Comments(6)
Commented by hagidas at 2013-09-29 13:48 x
>あまりに美味しかった→小食として燒臘店はどうだろうと考え→そんな中、思いついたのが
旅先でこうやって、頭の中の引き出しを活用できるというか、
そもそも引き出しがある、ってのに憧れます。
借金君には、そういう場所が世界中にあるんだろうな~。
ニッポンからギチギチに書き込んだメモを持って右往左往のスタイルから、
脱却したいもんだ、と思いながらため息ついてます。トホホ。
Commented by Jun@SFO at 2013-09-29 15:24 x
これまた旨そう。
このメニューもそそられます(笑)。漢字でなんとなくわかるけど、広東語出来たら最高でしょうね!
Commented by shackinbaby at 2013-09-29 18:13
>hagidasさん
すみません、書き方でそう書いてしまいましたが、本当はそんなに格好良いものじゃありません。
ただ叉焼を食べるならリニューアルした「華豊」に行ってみようか、僕が良くチェックする「OpenRice」で好評の「再興燒臘飯店」に行こうか、あ、でも後者は日曜は休みのはず・・・とかから、僕の乏しい記憶と賢いPCで絞り込んでるだけです。
確かに昔のように何でも手帳に書き留めて旅行にい出ることは最近少なくなりました。
Commented by shackinbaby at 2013-09-29 18:14
>Junさん
もしかして、Junさん、茶色に味の染み込んだ料理にお弱い?(笑)
Commented by Jun@SFO at 2013-09-30 02:17 x
しかもそれがシンプルにご飯の上に・・・たまりません(^^)
Commented by shackinbaby at 2013-09-30 18:06
>Junさん
大方の日本人はそうですよね。
ましてJunさんは頻回に世界を飛び回っているとはいえ、外国暮らしでらっしゃいますから、きっと余計に・・・でしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 季節のご飯 名古屋飯? (4) 味噌カツ >>