バニラ・エアは12月20日から4路線で運行予定
バニラ・エアは12月20日から、成田空港を拠点として、那覇、新千歳、桃園(台湾)、仁川(韓国)の4路線に1日2~4便の複数便で運航予定と、発表しました。

     http://www.vanilla-air.com/press/20130930-1.pdf

航空券販売は11月1日からとのこと。
運賃はオープン時のセールはあるでしょうが、取り合えず片道、那覇までが7500円~、新千歳までは5500円~、桃園(台湾)は10000円~、仁川(韓国)は8000円~だそうです。
燃油サーチャージ無し、20キロまでの受託荷物も無料と・・・。
噂されていたグアムやサイパンへの予定は無さそうで、もしかするとこれはETOPSの認可の問題なんてのもあるかもしれません。
by shackinbaby | 2013-09-30 18:07 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ほまれ at 2013-09-30 21:34 x
ETOPS180 or 120認可の機体をANAからリースできなかったのかもしれませんね。

個人的には成田-丘珠間のような新千歳ベースの基幹路線を脅かす
ぐらいの進化があればいいなぁ〜と。
ただA320だと明らかに滑走路長が足りないので、滑走路延長が絶対条件のため当面は無理ですね…
Commented by shackinbaby at 2013-10-01 08:33
>ほまれさん
丘珠がハブのHACっての「C」って、僕これまでコミューターの「C」だとばかり思ってましたら、正式には「北海道エアシステム」(Hokkaido Air System Co., Ltd)なんですってね。
最近になってやっと知りました(恥)。
そういえばうろ覚えなんですが、FDAが小牧だか静岡だかと丘珠のチャーターやるみたいですけど、あの滑走路でジェット機ってOK?
もちろん大丈夫だから飛ばすんでしょうけど・・・。
JALの再子会社化で、僕もHACに少し興味出てきました。
丘珠って、そりゃあ新千歳に比べればですが、札幌の人にとってかなり便利ですか?
Commented by ほまれ at 2013-10-01 22:41 x
私も気づきませんでした…(笑)

エンブラエル170の最大離陸重量はA320とほぼ同じだったはずなので、それだと足りないですね。
一般的には重量制限で離着陸する空港の滑走路長に合わせるので、
3分の2〜半分ぐらいにするのではないのかなと。

かなり便利ということはないですね。でも便利です(笑)
千歳に比べれば行くまでの時間が半分ですし、ボーディングブリッジ
を使用しないので、乗り降りが早いです。
プロペラだと離陸10分前でもぎりぎり乗せてもらえることもありましたし、融通が利くのでありがたいです。
Commented by shackinbaby at 2013-10-02 00:16
>ほまれさん
お~、お詳しい!
そうなんですね、何となく了解です(理解したつもりです)。
教えていただいて有難うございました。
丘珠、ちょっと行ってみたい気が・・・。
大昔一度は体験しているはずなんですが、あまり記憶がないんです。
札幌駅からタクシーで3000円はかからなそうだし、地下鉄も近くまでありますよね、地図で見ると。
名前
URL
削除用パスワード


<< 新華社通信選出の「東京名菓トップ5」 いつもと全く同じ、週末香港弾丸... >>