仮想?週末ジャカルタ弾丸 (10) 「グランドインドネシアモール」でショッピング
「マンダリンオリエンタル・ジャカルタ」のエグゼクティブラウンジで一休みしてもまだ午後7時前。
弾丸旅行で来たジャカルタならこれから夜の部開始~~!となるところですが、残念、ジャカルタは観光する場所に乏しく、まして夜に自由に行動したり、遊び回ったりするのは、ビギナーにはちょっと難しい街なのです。
なので、この後はショッピング→ディナーという無難な選択になってしまいます。
f0036857_19365852.jpg

で、行ったのは部屋からも見えていた「グランドインドネシアモール」という巨大ショッピングセンター。
(この他にも「プラザインドネシア」など、ショッピングセンターは目白押しです)
部屋からはウェルカムモニュメント越しにすぐ隣のように見えますが、この巨大ロータリーを超えていくのは超大変。
歩けば歩けそうですが・・・。
そんな時便利なのが、このホテルのフリー・シャトル。
つまりホテルがブルーバード・グループのタクシーと提携していて、ホテル→モールだけではなく、帰りも無料で乗れるというサービスを行っているんです。
これは便利。
車に乗っても一方通行のところがあったり、渋滞個所があったりで「グランドインドネシア」まで10分以上はかかります。
モールは建物だけでも数個あり、巨大過ぎ、たぶん一日いても回りきれないほどの規模だと思います。
とてもここがジャカルタとは思えない洗練されたモールで、いわゆる庶民レベルよりは相当上の層がターゲットになっているようなところ。
夜は午後10時くらいまではやっているそうなので、この時間はまだまだ超混雑中でした。
レストランやフードコートも興味深いですが、僕はこの後ディナーに行く身、ぐっと我慢です。
そんな中、面白い店発見。
f0036857_19371691.jpg

「腹八分に医者いらず」
は、ま、良いとして
「ようこそ!来てください」
は?
f0036857_19395772.jpg

「梅はその日の難逃れ」
なんてのは、ことわざ辞典には載ってるけど、日本人で使ったり知ってたりする人はもうほとんどいないのでは?
きっと日本料理店なので、日本情緒を出すインテリアの一つとして選ばれたんでしょうけど・・・。
で、僕の「グランドインドネシアモール」でのお奨めは、ウェストモールのレベル3にある、この「アルンアルン」という店です。
f0036857_19374897.jpg

広い店内にはインドネシアのお洒落系土産になるものが満載、値段は高めですが、バティックなど質はどれも悪くないようです。
有名な「ビンハウス」のコーナーもあります。
f0036857_1938612.jpg

店員は最低限の英語も理解してくれますし、土産物屋のようにしつこく付きまとったりされないのも嬉しいかも。
何時までいてもきりがないので、ホテルに帰りましょうか。
外に出るとスコール!
かなり激しい雨でした。
f0036857_19382322.jpg

こんな時もこのブルーバード・グループ専用のウェイティング・エリアで待っていれば、配車係のオニーちゃんがすぐに手配してくれます。
前述のように帰りもまたホテルまで無料です。
ただ配車係や運転手が無料ということを理解していない時には、ホテルに着いた時にベルから運転手に説明してもらいましょう。
それで大丈夫です。
by shackinbaby | 2013-10-19 00:12 | 旅行 | Comments(6)
Commented by ホテラバ at 2013-10-19 07:36 x
海外のおかしな日本語ってブログじゃ人気アイテムみたいです。
このジャカルタくらいなら、まだいい方ですよ。すごいのがいっぱい出てます。ご存知でしょうけど。
http://matome.naver.jp/odai/2127787173425674201
http://youpouch.com/2013/06/07/123621-2/
Commented by shackinbaby at 2013-10-19 13:48
>ホテラバさん
リンクしていただいたページにあるような「傑作」(?)にはお目にかかりませんでしたけど、微妙におかしい表記はいろいろなところで結構見ました。
ジャカルタは全体にとても親日的で、日本料理の店もB級っぽいのから高級店までかなりたくさん。
そのインテリアも胡散臭い系から、本当に日本情緒あるものまで、僕が行ったことのあるところだけでも、その「日本風」の表現は様々でした。
Commented by サリー at 2013-10-19 19:32 x
お洒落なバティック屋さんですね。都会的で素敵♪
私の知人でジャカルタから瀬戸の奥地に引っ越してきた女の子がいるんですよ。ジャカルタのような大都会からこんな何にもないところに来ちゃって可哀想~。
Commented by shackinbaby at 2013-10-19 20:35
>サリーさん
ここは「ビンハウス」のコーナーではありません。
コマラ女史の「ビンハウス」はもっと高級感あふれるディスプレイでした。
ところでこうしたいわゆるジャワ更紗とマレーシアのバティックとはどこか違いがあるんでしょうか?
それからジャカルタでもここは特別なところ、東京でいえば銀座といった感じ、一般的なジャカルタとは全然違う雰囲気だと思います。
ただジャカルタは僕らが思うより大都会であることは間違いないようですよ。
Commented by サリー at 2013-10-20 08:51 x
すみません、「ジャワ更紗」って聞いたことはあるんですがマレーシアのバティックとどう違うのかは全然分かりません。インドネシアは一度バリに行った事があるだけで。両方とも手書きかプリントのろうけつ染というところは同じかと思うのですが。ご参考に、マレーシアのバティック工場を訪れた時のページのURLを貼っておきましたので良かったらご覧になられてみてください。
インドネシア人の知人、ジャカルタではとても裕福な暮らしをしていてよく高級ホテルで食事したりエステに行ったりしていたようなんですよ。だから瀬戸なんかに来ちゃってかわいそうだなー、と。
Commented by shackinbaby at 2013-10-20 09:31
>サリーさん
ジャワ更紗ってインドネシアのバティックって意味で書きました。
検索してみるとインドネシアとマレーシアのバティックの違いの主なところは、その図柄、色使いなど主にデザイン上のものみたいですね。
リンクしていただいたサリーさんのページ、読ませていただきました。
また改めて、その他のページも・・・。
食いしん坊の僕は、2012年仕入旅行なんで記事を何度も拝見して、あぁマドラスコーヒーの美味しいの飲んでみたいとか、ペーパードーサ食いてぇとか、いろいろ夢想しています。
僕が経験したマドラスコーヒーとドーサは自分的にはいまいちでした。
コーヒーは明らかにインスタントだったし、ま、日本の店ですけど・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 恋するフォーチュンクッキー もはやLCC並みのセール? >>