仮想?週末ジャカルタ弾丸 (15) ボロブドゥール遺跡
日本語が本当に堪能な遺跡専門のガイドに伴われて、いよいよ「ボロブドゥール遺跡」とご対面です。
f0036857_1433654.jpg

「ボロブドゥール遺跡」、それは世界最大級の仏教寺院遺跡で、その石造り建築の素晴らしさは「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部として世界遺産に登録されているほどです。
インドから東南アジアに伝播した仏教は一般には上座部仏教でしたが、ボロブドゥールは大乗仏教の方の遺跡なんだとか・・・。
2006年の大地震や2010年の火山爆発による降灰などこの遺跡群にはトラブルが続き、いくらインドネシア政府が観光のためにこの遺跡群に力を入れてたとしても、国民のほとんどはイスラム教徒。
そろそろここを自分の眼で見ておかないと将来はどうなるかと思い、今回のジャカルタ弾丸に、このジョグジャカルタ行き・遺跡見学を盛り込んだのです。
f0036857_14332727.jpg

おぉ、全景が見えてきました。
f0036857_14334390.jpg

ここが作られたのは西暦972年頃、平地の中央にある天然の丘に盛り土をして、安山岩や粘板岩を積み上げて作られたと・・・。
f0036857_1434275.jpg

一番下に一辺が約115メートルの屈曲した方形の基壇があり、その上に5層の同形の方形壇、そしてその更に上に3層の円形壇があり、全体で9層の階段ピラミッド状構造になっています。
で、この構造は仏教における「三界」を表していて、構造的には内部に空間のないのが特徴だなどと、ガイドは説明してくれました。
f0036857_14342985.jpg

層の方形壇の縁は壁になっていて、各層には回廊がめぐらされています。
壇の四面中央には階段があり、上に上ることが出来ます。
f0036857_14344735.jpg

回廊には仏教説話にもとづいた1460面におよぶレリーフが時計回りに続いていて、何と登場人物は1万人以上にもなると・・・(ガイドの説明)。
f0036857_1435640.jpg

地震でのレリーフ崩壊の修復後なのでしょうか、石の色が明らかに違うものも混じっています。
f0036857_14352376.jpg

回廊の外縁をめぐる壁にはたくさんの仏像があり、その多くは首から切断されているのにご注目を。
f0036857_14354284.jpg

盗掘団によって無残にも切り取られ、海外に流出してしまったのでしょう。
壁から突き出ているのは吐水口、想像上の生き物の彫刻で飾られています。
f0036857_1436654.jpg

ここの彫刻やレリーフ技術は相当にすごい感じです。
by shackinbaby | 2013-10-26 08:27 | 旅行 | Comments(4)
Commented by momo at 2013-10-26 09:42 x
ジョグジャカルタは現在もスルタンが統治するインドネシアでも特殊な地域です。イスラム原理主義的な中央政府の命令にはスルタンと住民が断固拒否してます。穏健イスラムの土地柄がこのような史跡を大切にするんでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2013-10-26 15:03
>momoさん
この時とは別の時に市内の王宮は見に行きました。
王宮のオウナーであるスルタンはジョグジャカルタ州の知事でもあるんですよね。
イスラム色が強いインドネシアで仏教寺院のボロブドゥールがこんなにも手厚く扱われているのは、おっしゃるように、ジョグジャカルタの持つ伝統というものを大切にしているからなんでしょう。
いつもいろいろ教えていただいて有難うございます。
Commented by いんそむにあ at 2013-10-26 18:07 x
こちらにくると本当に世界旅行をしているみたいで、更に皆様の書き込みに色々と勉強になります。新聞や旅行雑誌を読むよりもタイムリーで、様々な知識人の方々がおられると感心、感動で読ませて頂いてます
Commented by shackinbaby at 2013-10-26 20:32
>いんそむにあさん
僕も日々勉強させてもらっています。
ここに集われる方々は、このブログの本当に財産なんです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 仮想?週末ジャカルタ弾丸 (1... reduced rates! ... >>