仮想?週末ジャカルタ弾丸 (16) 「ボロブドゥール遺跡」の続き
長らく忘れ去られ密林の中に埋もれていた「ボロブドゥール遺跡」。
その原因は火山の降灰によるという説と、イスラム教徒の襲撃を恐れて人々が地中に埋めたという説があるんだそうです。
いずれにしても1814年にイギリス人のトーマス・ラッフルズとオランダ人コルネリウスによってここが発見!!
その一部が発掘され、1854年からの第2次調査で壁面のレリーフなども明らかになったんだそうです。
1900年に入ると復元工事など行われたものの、インドネシア独立後の1960年代初期には再び崩壊寸前に・・・。
そこでユネスコ主導のもと1973年から10年の歳月をかけて大規模な修復工事が行われ、1982年に修復を完了したという歴史があります。
また日本もこの遺跡修復事業に、大いにかかわったとのことです。
f0036857_14384252.jpg

方形壇の四面中央には階段が設けられていて、上の円形壇まで登れるようになっています。
階段入口左右にいるのは狛犬でしょうか。
f0036857_14385714.jpg

この遺跡の構造は仏教でいう「三界」を表していると・・・。
「三界」って?
それは欲界、色界、無色階の三界のこと。
つまり下から、基壇は人間のいる欲界、その上は神様と人間が触れあう世界である色界、そして更にその上に神様のいる無色界があるという考えと構造なんだそうです。
f0036857_14391983.jpg

日差しはすごいですが、一層一層上がっていくと、拭いてくる風に涼やかさを感じるようになります。
結構気持ち良い・・・。
f0036857_14393874.jpg

ガイドはあまり人のいない面を使って、僕にレリーフの内容など、かなり詳しく説明してくれます。
f0036857_14395653.jpg

人の少ない裏側などはかなり良い感じ、この反対側はたくさんの観光客でわぁわぁきゃーきゃー状態でしたが・・・。
f0036857_14462322.jpg

仏像は四面それぞれで違っていて、東側は阿閦如来で指地の印(悪魔を追い払うポーズ)、南側は宝生如来で満願の印(何でも願いを兼ねてくれる)、西側は阿弥陀如来で弥陀定印(瞑想中)、北側は不空成就如来で無畏の印(人々から恐れを取り除いてくれる)をしています。
これは?
f0036857_14464389.jpg

印からして、阿弥陀如来でしょう。
f0036857_14471120.jpg

欲界である基壇から、色界である方形壇へ、そして無色界とされる円壇に上がると、たくさんのストゥーパ(仏塔)が現れます。
ストゥーパとは、お釈迦様の遺骨や遺物などを納める建物ことを言います。
f0036857_14472678.jpg

ストゥーパは全部で72基あり、全体では三重の円を描くように並んでいます。、
頂上にはお釈迦様の遺骨を納めたとされるひときわ大きなストゥーパがあり、天上をめざしています。
f0036857_14474291.jpg

ストゥーパの釣鐘状になっている部分は、石のブロックを透かし格子状に積み上げてあって、中の仏像を見ることが出来るようになっています。
f0036857_1448867.jpg

ここには漆喰などの接着剤の類は一切用いられていないとのことでした。
f0036857_144832100.jpg

それにしてもこんな建造物が、密林の奥深く埋もれていたなんて・・・。
f0036857_14485020.jpg

本当はジョグジャのホテルに泊まって、早朝のここ、つまり日の出の頃がいかにも幻想的で素晴らしい景色とのことなのですが、ま、いいでしょう。
この遺跡、確かに目に焼き付けました。
f0036857_14491439.jpg

カンボジアのアンコール遺跡群ほどではありませんが、とても印象的な遺跡でした。
f0036857_14493048.jpg

by shackinbaby | 2013-10-27 00:06 | 旅行 | Comments(10)
Commented by nagi@GLA at 2013-10-26 20:00 x
うわー、ここも是非いきたいなー
行くなら冬でしょうか。
ストゥーパの景色がとても印象的ですね。
Commented by shackinbaby at 2013-10-26 20:32
>nagiさん
ここにはヒルトンはないですよ~(笑)。
ハイアットとシェラトンはありますが・・・。
朝霧の中の仏塔、日の出直前のこの辺りは、最高に幻想的だそうです。
サンライス・ツアーはこのあたりの宿泊では定番みたい。
ジョグジャカルタは5月から10月が乾季、ガイドによると旅行者が一番多いのは3~5月だそうです。
Commented by momo at 2013-10-26 22:13 x
私の記憶ではボロブドゥール遺跡のサンライズツアーはアマンジオのみが許されていたと思います。このツアーの裏話をアマンジオスタッフから聞きましたがアマンお得意の地元対策には驚かされました(笑)。
Commented by タイスキ2号 at 2013-10-26 22:27 x
この写真撮るのにだいぶ苦労されたのでは?
あれだけの人が観光してる時間帯に、人の入り込みの少ない写真を撮るのは大変だったと思います。
自分が行った時もストゥーパのあたりは激混みで、どこを向いても人だらけでした。
Commented by momo at 2013-10-26 22:50 x
最近のサンライズツアー事情を調べてみました。ボロブドゥール遺跡の中にあるマノハラホテルからツアーが出ているようです。このホテルは昔は遺跡調査研究者専用だったのが一般客も利用可能になりました。ツアー会社のサンライズツアーはこのホテルツアーを使うそうです。ただ眺めの良い場所はアマンジオが押さえてます。
Commented by shackinbaby at 2013-10-27 00:04
>momoさん
調べていただいて有難うございました。
僕もガイドから「マノハラ・ホテル」のことを聞き、あそこがサンライスツアーの最近の出発場所になっているとも聞きました。
「アマンジウォ」が良い場所を押さえているというのは初耳でした。
う~~ん、さすがに「アマン・ホテルズ」!
本当に彼らはそういう「特別さ」には努力を(たぶんお金も)惜しまないようですね。
Commented by shackinbaby at 2013-10-27 00:05
>タイスキ2号さん
はい、おっしゃる通りです。
日曜日ということもあってインドネシアの人と思しき観光客も多くて、遺跡内はかなり混んでいました。
でも四辺形の裏面の方に行くと人が少なめで、何とか人の映り込みの少ない写真撮ることが出来ました。
僕の場合はいつでも弾丸旅行、時間は大切なので、人途切れるまで待つということは絶対しません。
撮れないかったらそれまでと思っています。
なので写真の方には超期待しないでくださいね。
Commented by Octpussy at 2013-12-27 01:54 x
ここのブログで何度も話題にあがるアマン・リゾーツ、一度は利用してみたいのですが、けっこうお値段するみたいですね。
安く泊まるコツみたいのは、このホテルにはないんですかね。

でもアマンジオのサンライズツアーにはあこがれます。
Shackinbabyさんはボロブドゥールにはそこまで思い入れなかったですか?
Commented by Octpussy at 2013-12-27 02:00 x
私は仏教美術が結構好きなので、最近は海外でもいろいろ見に行きたいなと思っているものですからボロブドゥールの記事にも興味津々です。
このブログに触発されて初タイに出かけたときも、しっかりSkohthaiをプランに組み込んで、むちゃくちゃ感動しました。
レンタサイクルで周るのがあんなに楽しいとは思いませんでしたし。

このブログがなかったらタイに行こうなんて思ってなかったです!
なので次はボロブドゥールかアンコールトムへ!(笑)
Commented by shackinbaby at 2013-12-27 22:03
>Octpussyさん
アマン・リゾーツは値切れません。
安くなる秘策も特にありません。
ホテル・チェーンとして世界の頂点に立つラグジャリー・ホテル群です。
ただその値段に見合うだけのものを必ず与えてくれるので、客が絶えないのです。
客がホテルを選びますが、ここはホテルも客を選んでいます。
ボロブドゥールに朝行かなかった理由、それはただ単に時間の問題、僕の場合最近はすべてに弾丸がプライオリティだからです。
この時のインドネシア旅行はジャカルタ滞在を含めて27~8時間だったんです。
僕だって時間があれば・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「エアアジア・ジャパン」運行終了 仮想?週末ジャカルタ弾丸 (1... >>