one day 広島 (4) 「かき名庵」でオイスターランチ
僕が「麗ちゃん」で広島風お好み焼きを食べ、「福屋」の地下に創業明治34年という老舗「うえの」の「あなごめし」弁当を買いに行っていたころ、うちの奥さんは、「麗ちゃん」と同じビル「ASSE」6階にあるレストラン街に・・・。
f0036857_1541285.jpg

彼女はどうしても牡蠣を食べてみたいと・・・、なので彼女は僕と別れて、銀座にも店のある「かなわ」とかその洋風姉妹店である「かき名庵」といった店のショーウィンドーをいろいろ見て回ったそうです。
(この辺りすべて、彼女の撮影)
f0036857_1481389.jpg

で、入ったのは「かき名庵」のほう。
理由はこちらの方がややリーズナブルな価格設定のランチがあったのと、洋風な牡蠣の方が好みだった・・・などのようです。
f0036857_1483673.jpg

座ったのは広めのカウンター席、やや照明を落とし、ジャズ・ヴォーカルが低く流れている、そんな店だったと。
f0036857_1485865.jpg

注文はオイスターランチというものに・・・。
いろいろな牡蠣料理が入っているからの選択とのことでしたが、僕に言わせれば「これじゃ、生牡蠣入ってないじゃん」。
かき佃煮、冷製オイスターバジルソース掛け、牡蠣フライ、牡蠣グラタンと牡蠣のジェノバ風、牡蠣飯、お吸物、フルーツなどが並びます。
f0036857_1492018.jpg

牡蠣フライは揚げたて。
後から出てくる2種類の焼き物もあつあつだったとのこと(当然か、笑)。
f0036857_1494178.jpg

牡蠣飯はお替り自由。
f0036857_150297.jpg

味はどうだった?の僕の質問に、奥さん、ただ「美味しかったよぉ」とだけ。
ま、自分の食べたいものを食べたいように食べるのが一番ですから、どうしてもそういう答えになるでしょう。
ただ僕の印象は、(見た目)この程度なら(ごめんなさい)何も広島で牡蠣食べなくても、東京にもたくさん同種の店はあるし、海岸沿いの牡蠣小屋のシンプルな食べ方のほうがベターだったかもしれません。
でも、牡蠣小屋まで行く時間は今回なかったわけですけど・・・。
by shackinbaby | 2013-11-10 00:11 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2013-11-10 10:51 x
牡蠣フライ、鮮度の良いものを使うと本当に美味です。
生用の牡蠣で中心は生ぐらいでフライにすると本当に大好きですw
牡蠣小屋の牡蠣は意外と温度管理とかに無頓着で自分はあたりを引いたことが(^_^;;;
Commented by shackinbaby at 2013-11-10 12:55
>nagiさん
牡蠣フライは日本のが一番美味しいと思います。
アメリカでも「似たようなもの」を食べましたけど、あのさっくり揚がった衣に包まれたまだ少しジューシーな牡蠣って口福とは程遠いものでした。
日本の洋食屋の揚げ物はどこもたいてい美味しいですよね。
更に素材が良ければ・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< one day 広島 (5) ... プレジデンシャル・スイートにホ... >>