「ちょっと高雄まで」週末弾丸 (10) 六合夜市
「HOTEL DUA」にチェックイン、一通りホテルの中を見て回ってもまだ11時半前。
このまま寝てしまうのは、あまりに時間が惜しいです。
この日は土曜日、台湾名物の夜市などまだ絶賛開催中なはずです。
行ってみよう、夜市。
この「美麗島」駅近くには観光客に有名な「六合夜市」があります。
台湾最大の夜市という「金鑽觀光夜巿・凱旋觀光夜市」まで繰り出しても良いのですが、翌日の朝早くに予定あるし、近場の夜市をチョイスです。
f0036857_2263689.jpg

天気は曇りから時々雨粒も・・・に変化。
蒸してるものの、服装的にはTシャツ1枚でちょうど良い気温です。
26度くらい?
ホテルからはもちろん地上でも行けますが、雨が強くなると嫌だと思って、「美麗島」駅の地下コンコースを通って「六合夜市」まで行きます。
入口でいえば6番から入って、1番で出ます。
相変わらず駅内には人気(ひとけ)が少ないですが、怖い感じはありません。
f0036857_2261746.jpg

1番の出口を上がれば「六合二路」と「中山一路」の交差点。
そしてそこ「六合二路」が「六合夜市」なのです。
ホテルを出てから徒歩10分たらず。
やはり「HOTEL DUA」は僕ら観光客に実にGOOD LOCATIONです。
通りの両側に屋台、もちろん「六合二路」通りの通常の店もやっていますが、台北の僕の知っている夜市に比べてやや人出は少ない印象。
高雄は台北程どこもせわしなくなく、人も少なめ、こういう夜市でさえすべてがゆったり流れている感じがします。
もちろんぽつぽつ落ちてきている天気のせいかもしれませんが・・・。
f0036857_228059.jpg

これはこの夜市で一番の有名店?
僕も行列に並んで西瓜牛乳(NTD50)を・・・。
スイカと牛乳のシェイク、意外に美味しいです。
似たような店は他にもたくさんあります。
f0036857_229854.jpg

典型的な海鮮系屋台。
f0036857_2282259.jpg

台湾なので火さえ通した料理なら問題ないのでしょうが、こうした店にはどうしても躊躇があります。
f0036857_2216221.jpg

カラスミ専門店。
f0036857_22155286.jpg

台南名物の麺屋台。
f0036857_2294074.jpg

これも初めて見た時はビビったぁ(笑)。
「大腸包小腸」だもの、臓物料理かと思いましたよ、最初。
f0036857_22102980.jpg

何てことはないこれ、台湾版ホットドッグのことです。
水餃子の店の店頭では、オネーさんたちが目にもとまらぬ速さで餃子を作っていました。
f0036857_22104740.jpg

胡椒餅も看板を見るとつい食べたくなってしまいます。
f0036857_2214228.jpg

一つTWD40。
胡椒餅とは胡椒がきいた肉の餡に、中はもっちり外はパリパリの皮が特徴の台湾小吃の大定番。
店によって少しづつ味というか辛さの程度も違ったりますが、ここのは小辛程度でした。
釜に貼り付けるように焼いていくので、黒い焦げが少し出来てますね。
f0036857_22142419.jpg

胡椒餅は割と大きめ、重さもあります。
パリパリの皮の中にたっぷりのジューシーな豚肉と葱の餡が・・・。
ちょっとピントの合ってない写真ですみません。
f0036857_22144412.jpg

最後は僕の大好きな割包の屋台。
f0036857_2215661.jpg

割包とは言うなれば台湾風ハンバーガー。
ほかほかのパンの間に豚のバラ肉、酸菜(漬物)、香菜、時にはピーナッツ粉などを挟んで食べるものです。
そうそう、日本で言えば豚の角煮まんといったら良いでしょうか。
f0036857_22153068.jpg

パンの皮はふんわり甘く、肉も柔らかく煮こまれて味がじっくり馴染んで、決して油っこ過ぎることもなく、酸菜の塩分と酸味が程良くて、僕はこれ、大好きなんです。
TWD35。
ぽつぽつ雨も落ちる天気の中、もうお腹も一杯です。
時間は日付を回った0時40分頃、ホテルに帰りましょうか。
でも、どう帰る?
「美麗島」駅構内から帰れば雨が強くなっても心配は無用、でももう終電は出ている頃、まだ駅地下コンコースは通れるんでしょうか?
取りあえず1番入口(出口)まで行くと、口は閉まってはいない。
大丈夫?
意を決っして地下に降りていくと、辺りは薄暗く、人は誰もいない・・・。
時々自動的な短い放送が聞こえます。
途中からめちゃくちゃ不安になってきました。
これが「もうすぐ閉まりますよ」の放送だったらどうしよう。
暗い地下駅の中に取り残される?
とにかく不安、思わず早足になります。
本当に構内では誰にも会わない、駅員にも・・・。
もう最後の方は駆ける感じ。
こんなに不安な気持ちになるんだったら、地上から帰れば良かった。
はぁ、やっと6番出口に着きました。
まさかここの地上口が閉まっていたら・・・。
でも心配は不要でした。
電気はほぼすべて消えているのに、地上に出るエスカレーターは動いたのです。
(人を感知して動くシステム)
そして出口も開いていました。
ほっ(笑)。
時間は0時50分くらい。
ということは?
もしかしたら、ここの地下コンコースは24時間通れるのかもしれません。
そうだとすると心配した僕が損だった、馬鹿だった・・・。
個人旅行にはこうした不安・心配は付きものかもしれません。
ま、でも帰れて良かった。
入浴した後、明日早朝からの行動に思いを馳せ、爆睡。
by shackinbaby | 2013-11-18 00:04 | 旅行 | Comments(5)
Commented by nagi at 2013-11-17 23:45 x
ああ、この適度なゆるさがイイですねw
台湾また行きたいなぁ。
Commented by shackinbaby at 2013-11-18 00:08
>h〇h〇c〇iさん
いつもいろいろ教えいただいて、本当に有難うございます。
それは知っていました。
最初のころはあまりのネーミングに手が出なかったですが、ネットなどで正体を知ってからは2度ほど食べたことがあります。
日本人にも合う味ですよね、僕も好きです。
僕が何かおかしいこと、変なこと書いているようなら、ぜひぜひご指摘くださいね。
よろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2013-11-18 00:08
>nagiさん
高雄は台北より更に良いほうに「緩かった」ですよ。
南国フレイバーもあって、台湾南部、侮れません。
日本、日本人そして日本語大好きな人も多くて、どこでも本当に親切にしてもらえました。
Commented by HK@高雄 at 2016-04-30 22:31 x
今、六合夜市からホテルに戻ったところです。
今日は土曜日にも関わらず、他の行ったことがある夜市よりも人出が少なく感じました。
観光夜市なので、大型バスで乗り付ける観光客がメインな感じですね。
21時過ぎにUberを呼びましたが、5分程度で来ました。
Commented by shackinbaby at 2016-05-01 00:18
>HKさん
そうですね、六合夜市はおとなしめな夜市でしたね。
でも中心駅至近だし、僕のホテルからは近かったし、台湾情緒に浸るには、僕にはここでも充分でした。
家族で5月中旬に台北に行くんですが、台湾初めての子供たちは夜市を楽しみにしてるようです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 広島が終わったら、今度は・・・ ニュージーランド航空のスカイカウチ >>