世界最大の航空会社誕生!
アメリカ司法省は本日、アメリカン航空の親会社AMRとUSエアウェイズの合併を認めると発表しました。
AMRとUSエアは2月に合併を発表していましたが、司法省は新会社が圧倒的なシェアを握ることで競争が阻害されるとして、連邦地裁に提訴していたところ、2社が発着枠を減らすなどの措置をとることで和解に達したとのことです。
これにより両社は12月に合併を完了、計画通り世界最大の航空会社が誕生することになります。
by shackinbaby | 2013-11-13 09:00 | 旅行 | Comments(4)
Commented by Jun@NRT at 2013-11-13 16:14 x
これでAAの再建にも目処が立って、歯車が回りだしますね。
JALとのシナジーが増すと面白いのですが。
Commented by fu-san at 2013-11-14 12:26 x
いやー、本当に一安心です。
これまでUS Airが飛んでいてもAA(おもにAmerican Eagle)が飛んでいない経路では乗継にしていたところが直行便が使えるようになるところがかなりありますので、個人的にはからに助かりません。
Commented by shackinbaby at 2013-11-15 01:00
>Junさん
成田空港からですか、お忙しい中、本当に有難うございます。
もう今頃はアメリカのご自宅にお戻りでしょうか。
お疲れ様でした。
「JALとのシナジーが増すと面白いのですが」ですが、これ、僕らJAL派、ワンワールド派は最も希望するところなのですが、JALにその才覚があるかどうか、良いチャンスなのに・・・です。
Commented by shackinbaby at 2013-11-15 01:02
>fu-sanさん
    レーガン・ワシントンなんか50便も発着枠を減らされたり、その他のハブも発着枠を大幅に減らされたり、ま、大変ではありましたけど、とにかく決着して良かったですね。
この機にリストラもあるだろうし、合併前より少しでも良い方向に転がっていって欲しいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ちょっと高雄まで」週末弾丸 ... one day 広島 (7) ... >>