心配なスターフライヤー
スターフライヤーの経営悪化については以前ここでも触れましたが、11月15日、スターフライヤー唯一の国際線である北九州・釜山線を、来年3月30日から運休、同時に希望退職者を30人募り、経営合理化を図ると発表しました。
運航体制の集約や最適化を行い、経費削減を進めると共に、首都圏や関西圏での認知度向上を目指すとのことです。
スターフライヤーの筆頭株主であるANAの親会社ANAホールディングスの今後の方針は?
エアアジア・ジャパンのこともあるし、ANAも以外に大変そうです。
なお、スターフライヤーとANAは来年2月1日からスターフライヤーの羽田・福岡線、一日あたり10往復計20便でコードシェアを開始するとのこと。
とりあえずこれがANA側の救済第1弾でしょうか?
がんばれ、スターフライヤー。
by shackinbaby | 2013-11-16 00:03 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ほまれ at 2013-11-16 00:17 x
5月に中期軽軽計画で拡大路線と言いながら、半年経たずに
ちゃぶ台返しって、何があったんでしょうね?
Commented by shackinbaby at 2013-11-16 11:25
>ほまれさん
燃油市況の高止まりとか、為替の円安傾向による急激な費用の増加とかはあると思いますが、要はFSC以外での客の奪い合いに負けたということでしょうか。
それにしても随分短期間に方向性が変わったものですね。
ANA系はソラシドエアーもエア・ドゥも一斉に2月から値上げに踏み切りますし、このクラス、この規模のエアラインはどこも苦しそうです。
値上げはどこも判を押したように「企業努力で賄える費用削減の範囲を超えている」とあります。
Commented by ほまれ at 2013-11-16 12:23 x
変動費が上がり続ける中で、売上げがそれほど伸びないとなれば、
損益分岐点は自然と上がり続ける訳で、それを改善させる為に「努力の範囲からの値上げ」というのはロジックとして十分理解できます。

ただSFJのそれは恐らく固定費側に要因がありそうな…
(首切りはその要因例だと思います。)

エアアジアのトニーCEO、ここにいい会社ありますよ〜とかANAが
売り出し始めると面白い展開になりそうなんですが(笑)
Commented by shackinbaby at 2013-11-16 21:14
>ほまれさん
トニーCEOは二度とANAとは関わりあいたくないと怒り心頭か、逆にビジネスライクに良い買い物だったら飛びつくか、どっちなんでしょう。
ま、そういう事態にならないようにANAもテコ入れしていくでしょうが、いずれにしても厳しそうな状況ですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< one day 広島 (9) ... one day 広島 (8) ... >>