one day one night 那覇 (15) 塩屋
観光客で一杯の国際通りを歩いていて、「塩の専門店『塩屋』まーすーや」を発見。
f0036857_203545.jpg

沖縄の方言で塩は「まーすー」、屋は「やー」、なので「まーすーや」と・・・。
この店は沖縄の塩だけではなく世界中の塩を扱っている塩の超専門店。
東京ソラマチの店には行ったことがありますが、沖縄の店はここでしたか、今まで気が付きませんでした。
(沖縄には他にも店舗があるようです)
店内には塩ソムリエといわれる人たちがいて、僕ら客にいろいろアドバイスしてくれます。
f0036857_20524.jpg

この試食コーナーでいろいろな塩が試せますが、試すのは最初の数種類にしたほうが良いです。
だんだん味が分からなくなってしまうからです。
あと塩味ですから、舌の真ん中で味わうのが一番分かりやすいようですよ。
by shackinbaby | 2013-12-06 00:02 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ほまれ at 2013-12-06 00:03 x
まーすーやはホント種類あり過ぎで、塩ソムリエさんがいないと
さっぱりわかりません(笑)

Commented by shackinbaby at 2013-12-06 08:29
>ほまれさん
東京なら分かる気もするんですが、沖縄であそこまでの一等地での店舗展開と塩だけという品揃えで、果たして商売になってるんでしょうかなんちゃって・・・。
ちんすこうみたいにどんどん売れるというわけでもないでしょうし、沖縄の塩ってキャッチフレーズで店に入っていく観光客だってそうそう多くはないと思います。
ま、僕が心配することじゃないですけど、貴重な店であることは確かですよね。
僕を担当してくれたソムエリエのオネーさんは、塩だけじゃなくて料理についてもなかなか詳しかったです。
Commented by ほまれ at 2013-12-07 01:23 x
これは邪推ですが…
商売の基本は仕入れは安く、売りは高くという考えに基づけば、
どこかに利幅の大きい商品があるという仮定が考えられます。

利幅の〜という考えから最もポピュラーな商品は自社商品。
原料を大量に安く、自分のところで加工して付加価値を付ける。
となると恐らく塩屋の「合わせ塩」が稼ぎ頭かなと。

ソムリエの方がさりげなく勧めてくるものそれでしたし、そこに秘密がありそうです。

※ただ、高価な塩も在庫してることからそんなに儲け幅が大きくないのではと?でも単純にこれだけの種類を置いてくれているだけで
個人的には何も言うことはありません。
Commented by shackinbaby at 2013-12-07 13:56
>ほまれさん
なるほど、すごく分かる気がします。
僕の時は何かお薦めは?なんて聞かなかったからでしょうか、ソムリエからの強力推奨品は特にありませんでした。
ただ僕の料理に絡めた質問に、かなり説得力ある答えを返してくれたので、よく知っている人だなの印象は強く持ちました。
ネットでの専門店てのはありがちですが、こうして実際の店舗でしかも味を自分で試せて買える店は、本当に貴重ですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< one day one nig... 「ちょっと高雄まで」週末弾丸 ... >>