one day one night 那覇 (9) 「沖縄第一ホテル」の朝食の続きの続き
僕が「沖縄第一ホテル」で食べた朝食、プラス500円でサトウキビの生ジュースも楽しめます。
f0036857_18263612.jpg

500円は高いと思いましたが、このゆったりした僕しかいない朝食タイムを更に優雅で思い出に残るようにするために、思い切って・・・(笑)。
通常、サトウキビの搾り汁である甘蔗汁を清浄するのには、石灰清浄法という方法を使うそうなんです。
加熱した甘蔗蔗汁に石灰や凝集剤を入れて、不純物を沈殿、上澄み糖液を濃縮させるんだとか・・・。
でもここのジュースはそうした石灰などを使わない生絞りのサトウキビ・ジュース・・・という説明でした。
野菜ばかりで、またそれらが小皿であっても、だいぶお腹に貯まってきた僕には(2度目の朝食ということもあるし、笑)、実に良いアクセント。
素朴な甘味が、体にしみこんでいきます。
料理の一部をもう一度。
f0036857_18264917.jpg

(料理について覚えていることは前回大体書いたつもりです)
食事は終盤、デザート系に入ります。
f0036857_18265959.jpg

押し麦と豆類の黒糖煮、これもぜんざいの一種なのでしょうか。
フルーツはシークワーサー、カーブチー(沖縄みかん)、スターフルーツの3種盛り。
f0036857_18271175.jpg

カーブチーの「カー」は沖縄の方言で「皮」を表し、「ブチー」は「厚い」を意味していると・・・。
カーブチーは、その名の通り厚い果皮をもっていて、外見はごつごつしていて見栄えは良くありません。
味は酸味が弱く、見た目からは想像しにくい爽やかな甘さを持っていて、沖縄でみかんというと、このカーブチーのことを言うとのことです。
最後は40種類の薬草を煎じたというお茶が大きな土瓶で・・・。
f0036857_18275145.jpg

意外に飲みやすいお茶で、口もさっぱりします。
f0036857_18284462.jpg

そのお茶うけには冬瓜漬けが出ていました。
f0036857_1829777.jpg

懐かしい、僕、この沖縄菓子、結構好きなんです。
だいぶ昔、「謝花きっぱん店」(じゃはなきっぱんてん)までこれを買いに行ったことを思い出しました。
そのことを話すと給仕の女性は「もちろんこれは謝花さんのですよ。いまでは謝花さんしかこれを作っていないんです」と・・・。
彼女はこの冬瓜の砂糖漬けを桔餅(きっぱん)と呼んでいましたが、正確には違います。
桔餅はまた別、そおかぁ、また行ってみようかな、桔餅買いに。
この件については後述します。
そんなこんなで実にゆったりした沖縄ヘルシー朝食をいただけました。
若い頃ならもう少しお腹にガツンとくるメイン料理的なものが欲しくなるところですが、今の僕には十分です。
以外にも空腹感はありません(当たり前だ、2回目の朝飯だもの、笑)。
ちょうど良い感じです。
全部食べても585キロカロリー、野菜たっぷりの高ビタミン、超低脂肪、僕らをくすぐるキーワード全開で、味も薬膳臭くなく素材の味を生かしたもの、それもこんな静かな雰囲気の中、まるでプライベート・ダイニングのように楽しめたんですから、もう値段高いとは言いません。
御馳走様でしたぁ。
by shackinbaby | 2013-12-01 00:10 | 旅行 | Comments(2)
Commented by leroy at 2013-12-01 09:52 x
おはようございます。
体にとても優しそうな朝食ですね。女子なら誰でも好きなタイプだと思います。
雰囲気的に大勢でわあわあ言いながらというよりは、親子旅とか一人旅の朝食でしょう。私も静かな雰囲気の中、ここで朝食をいただいてみたいです。
いいところを教えていただきました。
Commented by shackinbaby at 2013-12-01 11:45
>leroyさん
いつも有難うございます。
おっしゃられるように、ここはみんなでワイワイという雰囲気ではないです。
3回の朝食スタート時間があって、うまくすると僕の時のような本当に他に誰もいない静かな時間とスペースが独占出来るかもしれません。
その方がここの魅力を最大限に感じられると思います。
思いのほかお腹にもたまりますから、まして女性なら量的にも充分な朝食だと思います。
ヘルシーさと沖縄らしさはもちろん満点ですから、ぜひチャンスがあればお試しください。
名前
URL
削除用パスワード


<< one day one nig... 「ちょっと高雄まで」週末弾丸 ... >>