「ちょっと高雄まで」週末弾丸 (27) 「愛河」リバークルーズ
「打狗英國領事館」で楽しいティータイムを過ごしたものの、夕陽はやはり駄目。
こうなればと、僕が次に考えたのが高雄を流れる「愛河」のリバー・クルーズ。
船に乗りながら暮れなずむ高雄の街を見てみよう・・・。
暗くなってからより、ちょうど暮行く時間が僕は好き。
そう決めて、「打狗英國領事館」下でタクシーやバスを待ちますが、これがなかなか来ない。
ほとんどの人たちがここには観光バス(ツアー)での来場のよう、あとは地元客が自分たちの車でとか・・・。
やっと見つけたタクシーの空車に乗り込むも、今度は夕方のラッシュに引っかかります。
あぁ、タイミング的に僕の希望通りにはならないかなぁ。
f0036857_0515356.jpg

と思っていると、運転手が「ここ」と、リバークルーズの乗り場近くで下してくれます。
何とか間に合ったかも、この位の暮れ方ならまだ悪くはないです。
f0036857_0523355.jpg

あぁ、こういう船でクルーズするわけね。
f0036857_0525548.jpg

停留所というか駅は数か所あるようですが、ここは高雄国賓大飯店前の駅で、メインとなる駅。
f0036857_0531995.jpg

駅は分かりやすく「愛之船」のサインボードはかなり目立ちます。
ここで乗船券を購入、一人TWD120也でした。
f0036857_0534666.jpg

このまますぐ乗れれば自分の希望通りの暗さの高雄をクルーズ出来たのですが、出発を待つ間に、日はどんどん暮れていってしまいます。
船の正確な運行時間などは決まってないようで、取り合えず午後4時から11時までは船は出るということだけ、筆談で教えてくれました。
f0036857_054785.jpg

船は20人乗りくらい。
f0036857_0542856.jpg

一艘に付き、操縦士と中国語ガイドが一人づつ付きます。。
f0036857_0551995.jpg

河は臭いもなく静か、河風も適当に吹いて、10月末の夕暮れのクルーズは、暮れ方は別にして、とても気持ち良いものでした。
f0036857_0554567.jpg

河の周りや河に架かる橋は色とりどりのネオンでライト・アップされていて、その中を船はゆっくり静かに進んでいきます。
川べりのオープン・カフェ辺りから賑やかな音楽も聞こえてきたり、家族連れやカップルが川岸を散歩していたり・・・思ったより良いムードです。
f0036857_056954.jpg

ガイドによる中国語での解説は僕には全く分かりませんが、抑えた口調の説明は耳障りではありません。
それどころか異国情緒たっぷりで、僕には心地良かったくらいです。
f0036857_057368.jpg

船は途中でUターンするので、左右どちら側に座っても、景色を平等に楽しむことが出来ます。
f0036857_058380.jpg

これは停泊中の巨大客船、ホテルの部屋の窓からも見えていました。
f0036857_0585589.jpg

ガイドは僕を日本人とみたのでしょう、ただ一言「トーヨーノセーヌガワデス」と説明してくれました。
まさか「東洋のセーヌ川です」??
何ぼ何でもそれは言い過ぎですよね(苦笑)。
f0036857_0592222.jpg

クルーズは25分くらい。
めちゃくちゃ面白いとかではないものの、気持ち良い時間が過ごせました。
f0036857_162149.jpg

駅近くの高雄国賓大飯店でタクシーを拾い、僕のホテル漢来大飯店まで戻りました。
f0036857_104936.jpg

by shackinbaby | 2013-12-04 08:32 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ちょっと高雄まで」週末弾丸 ... one day one nig... >>