冬来たりなばタイ遠からじ (14) 「ザ・サイアム・ホテル」を更に奥に
ビル・ベンズレー・デザインによる「ザ・サイアム・ホテル」。
レセプションは船着き場からはかなり奥に入ってきたここです。
f0036857_2134447.jpg

値段は付けられないというアンティークが至るところに飾られています。
すべてオウナーのコレクションなんだそうです。
f0036857_2135910.jpg

ビル・ベンズレーのテーマはいつでも自然との共生、彼のデザインにはどこにも緑が一杯、そして効果的に使われています。
あ、そうそう、「ホテルイースト21東京」のガーデンプールなんかもビルの作品だったと思います。
f0036857_2141714.jpg

コンサバトリー的なデザイン。
f0036857_2144071.jpg

その中にモダンさと、コロニアル、そしてタイのフレイバーを上手に当てはめています。
f0036857_2145558.jpg
f0036857_2151935.jpg

ロビーに続くパブリック・エリアも広くとられていて、ここはライブラリー。
f0036857_2153779.jpg

映画の映写室。
周囲はすべて映画関係のアンティークで溢れています。
日本製のものもたくさん・・・。
f0036857_2155746.jpg

これはカメラのコレクション。
f0036857_2161374.jpg

本のコレクションも相当貴重なものがあるようです。
飾られているコレクションはいつまで見ていてもきりがないので、そろそろ部屋を見せてもらいましょう。
コテッジなどの値段の高過ぎるものは省略、僕らが一番泊まりやすいタイプの部屋を詳しく見せてもらいます。
by shackinbaby | 2013-12-20 00:03 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< これでANY WEEKEND ... 冬来たりなばタイ遠からじ (1... >>