新生アメリカン航空誕生
やっとです。
アメリカン航空の親会社、AMRコーポレーションとUSエアウェイズ・グループは12月9日、正式にアメリカン航空グループとなり、合併が完了したと発表しました。
これで新生アメリカン航空(the new American Airlines)は、世界50ヶ国以上、10万人以上のスタッフ、330地点へ1日6700便を運航する航空会社となります。

     http://hub.aa.com/en/nr/pressrelease/amr-corporation-and-us-airways-group-come-together-to-build-the-new-american-airlines

合併により、USエアウェイズは来年3月30日にスターアライアンスを脱退、どう3月31日にワンワールドに加盟します。
ワンワールド派の僕らには取りあえず嬉しいニュースです。
by shackinbaby | 2013-12-10 00:36 | 旅行 | Comments(2)
Commented by fu-san at 2013-12-10 13:06 x
AAはこのままUSエアウェイズと合併して、ハッピーエンドで良いのでしょうかね??
企業体質もCAもグランドスタッフも全く旧態依然のままなんですが。。
当初、この計画が発表されたときに期待したことは何一つ改善さていませんよ。。
Commented by shackinbaby at 2013-12-11 00:08
>fu-sanさん
JALは倒産で随分変わったようですが、アメリカン航空はどうなんでしょう。
ここで少しでも(良いほうに)変われなければ、新生アメリカンにだって明日はないほど、競争は激しいと思いますけどね。
名前
URL
削除用パスワード


<< ANA国際線の2014年サマー... 冬来たりなばタイ遠からじ (1... >>