シンガポール航空のラウンジ・リニューアル
エアライン・ラウンジにとても力を入れているシンガポール航空。
そのシンガポール航空が世界にある同社の空港ラウンジを順次アップグレード、その新しいコンセプトをシドニーの「シルバークリスラウンジ」で発表しました。
デザインはONG & ONG。
リニューアルのコンセプトを決定するために顧客への頻回のヒアリングを行った結果、「ホーム」としたことに・・・。
つまり搭乗前に自宅で過ごすくつろぎをラウンジで体験してもらうということのようです。
今後5年間でアデレード、バンコク、ブリスベン、香港、クアラルンプール、ロンドン、マニラ、メルボルン、ニューデリー、パース、サンフランシスコ、ソウル、シンガポール、シドニー、台北の15空港のシンガポール航空が運営する「シルバークリスラウンジ」をリニューアル予定。
来年度はロンドン、香港、シンガポール第3ターミナルでのアップグレードを予定しているそうです。
ラウンジ内にはアームチェアなどの調度品、料理としては「シンガポールの味」(何でしょう?)などを提供するとか・・・。
シンガポール航空のface bookには写真がもう掲載されています。
ワンワールド派の僕には使えるチャンスはほとんどなさそうですが・・・。

     https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10152120161823679.1073741847.6352578678&type=1

Designed by renowned architectural and interior design firm Ong & Ong after extensive customer research, the new SilverKris Lounge is modelled after elements of home. Lounge customers can look forward to distinct personal spaces, personalised services and a delectable selection of food and beverages to complement our in-flight offerings. The new design will be progressively introduced to 15 SilverKris Lounges worldwide, as part of a multi-million dollar investment to upgrade all of our lounges around the world.
by shackinbaby | 2013-12-18 00:10 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ほまれ at 2013-12-18 00:24 x
「搭乗前に自宅で過ごすくつろぎを〜」なら3列ソファーが欲しいですね。

スペース的に無駄になりやすいのでしょうけど、ソファー1個だけとか、結局それがラウンジ感を抜け出せない一番の理由じゃないかなと
最近思ったりしています。

今の時期ならコタツにみかんでも充分リラックス感は出せますよ(笑)
Commented by shackinbaby at 2013-12-18 00:51
>ほまれさん
う~~ん、3人座れるソファは導入してもアクセントに一つ二つとか少数でしょうね。
あれは混んでくると非効率極まりないんですよね。
あれに知らない人3人が座り合わせるなんて、考えられないですもの。
キャセイの人気のラウンジも一人用のチェアがいっぱいです。
こたつにミカンの感覚は僕ら日本人にしか分からないかも、きっと。
名前
URL
削除用パスワード


<< ホテルケーニヒスクローネ神戸 冬来たりなばタイ遠からじ (1... >>