冬来たりなばタイ遠からじ (32) 「タイラオイェー」@「カボション・ホテル」でランチ
BTS「プロンポン」駅から約600メートル、「カボション・ホテル」というたった8室しかないプチホテルの中にある「タイラオイェー」(Thai Lao Yeh、 ไทยลาวเย่)がこの日の僕のランチ・レストランです。
f0036857_23192868.jpg

英語も100%OKの丁寧な接遇で、スムーズに中へ案内されます。
おぉ、こういうインテリアですか、なかなか良いじゃないですか。
f0036857_23364979.jpg

ホテルの外観の上海コロニアルとタイ情緒が合体したような、いわゆるタイ・シノワの世界が広がっています。
f0036857_23194817.jpg

雰囲気を大切にするフード・ラバーにはここ、相当お奨めかと・・・。
f0036857_2320674.jpg

鳥籠の使い方もお洒落&スタイリッシュですね。
f0036857_2320209.jpg

更に雰囲気を高めているのが、店内に流れるタイやラオスの民謡風ポップス。
格調高い高級タイ料理店で流れているような伝統的過ぎるタイ古典音楽よりも、こうしたルークトゥンやモーラムなんかの下世話な音楽のほうが客にタイ情調、特にタイ東北部の雰囲気を高めてくれます。
前日行った「ザ・サイアム・ホテル」の「チョン・タイ・レストラン」もそんな感じでした。
f0036857_23203786.jpg

音楽が物語るように、ここの料理はタイ料理の中でもイサーンなどタイ東北部、あるいはラオス辺りの料理をメインにしたレストラン。
イサーン料理の高級版・洗練版を出すレストランとでも言えるでしょうか。
しかもこのレストランを選んだ理由はもう一つあって、ここの料理はどれもポーションが小さいのです。
つまり一人旅行の人間に最適ということもあったのです。
f0036857_23205888.jpg

料理はこんな風に出てきます。
一人には良いでしょ、この量。
f0036857_23211565.jpg

イサーン中心の料理ですから、ご飯は竹籠に入ったカオニヤォ(もち米)です。
まずはお馴染みのガイヤーンから。
f0036857_23213022.jpg

ガイは鶏の意味、つまりタイの焼き鳥です。
さすがホテル・メイドのガイヤーン、鶏肉も肉のよく付いたもの、タレもよくしみこんでいて、これは旨~い。
激辛料理の多いイサーン料理(ここではメニューに唐辛子マークで表示してあります)にしては辛くなく、日本人には最適の一皿です。
ちなみのここには珍しい料理もかなりメニューに載ってますよ。
f0036857_23418100.jpg

例えば↑の「蟻の卵のオムレツ」(ไข่เจียว ไข่มดแดง、 カイジャオカイモッデーン)なんかもイサーン独特の料理ですね。
使われる蟻は赤蟻のようです。
これはラープ。
f0036857_23215059.jpg

これまたイサーンを代表する辛い料理で、鶏肉や豚肉のそぼろ肉の「スパイシー香草サラダ」。
容赦ない辛さで涙が出てきます。
その辛さの向こうに美味しさを感じてくると、あなたはもうタイ料理ビギナーじゃ「ない」ですね。
最後の皿は焼き茄子のサラダ(ヤムマクアヤーオ)。
f0036857_2322121.jpg

これは塩が効果的に効いていますが、何か隠し味もありそうです。
ご飯、進み過ぎ。
大好きな一皿です。
ドリンク1杯とこの3品、そしてカオニヤォで確か710バーツだったような記憶。
街のローカルなイサーン料理店の3倍の値段ですが、スタイリッシュなセッティングの中でのゆったりした食事、決して高いとは思いませんでしたね。
f0036857_23222740.jpg

レストランのエントランスにはこんなイサーン料理の屋台セットが・・・。
遊び心溢れたセットの奥には何とも小規模レストランならではのキッチンが見えています。
ホテル同様、とてもお洒落な作りのレストランでした。
by shackinbaby | 2014-01-01 10:20 | 旅行 | Comments(10)
Commented by らいら at 2014-01-01 11:01 x
お正月から初めまして。
バンコクの旅行記を毎日拝見させていただいています。
わたしもタイが好きでバンコクにもよく行きますが、こちらで取り上げられているようなレストランはガイドブックにも出ておらず、全く存じませんでした。
チョンタイもこちらもステキなレストランですね。うっとりしてしまいます。
お料理の味もですが、インテリアも大切というお考えは私も同じです。
これからもぜひ知られていないステキなところをたくさん紹介してください。
Commented by shackinbaby at 2014-01-01 19:21
>らいらさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
バンコクは東京、上海、シンガポール、香港などと並んでアジアの食都ですね。
本当にいろいろな料理が、超高級から屋台まで食べられます。
そこから何を食べるのか、どうしてもありきたりのレストラン・リストから脱却したくて、いろいろ悪戦苦闘しています。
日本に住んでいて、バンコクには1年に数日行くだけですから、特に詳しいわけではないのですが、それでも・・・。
らいらさんのお勧めなどあったら、ぜひとも教えください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by nagi@BKK at 2014-01-01 22:31 x
สวัสดีปีใหม่ค่!
今回はバンコクのヒルトン全制覇の旅程と言うわけでupdateを。
ヒルトンスクンビットのウェルカムスィーツは借金様のダブルツリーのウェルカムスィーツと同じでした。
もしかして共通かもしれません。
朝食は2Fで頂きましたが確かに説明も無かったですね。
コンラッドは3FのJapanese restaurantが年末年始限定で朝食会場になってました。
バンコクの和食人気凄いですね。朝からカウンターで握ってもらっているご婦人がおられましたがあれは…?

DoubleTreeはGLDと、DIA向けにハッピーアワーとして7Fのプールサイドバーで18時から20時迄アルコールの無料サービスを始めました。
でも全然利用している人がいないみたいです。
部屋もSuiteまで上がりましたし、メンバー向けベネフィットを強化しているように思います。
でもSuiteでも湯船ないのですね>DoubleTree
これだけは意外でした。

DoubleTreeとHILTON値段差とサービスなかなか悩ましい選択かも。
ラウンジは無いですがアフタヌーンティーサービスやらハッピーアワーでDoubleTreeで不足は感じませんし…
Commented by shackinbaby at 2014-01-01 23:31
>nagiさん
良いですね、バンコクのヒルトン制覇。
最近は4軒になりましたものね、スターウッドほどではないですが、梯子も可能になってきました。
実はまだ書いてないのですが、というか書かないつもりだったのですが、12月の中下旬にもう一度バンコクに、今度は仕事で行ったんです。
これは何とYフル・フェアの航空券と2万円分のホテル・クーポンが出たので、ダブルツリーに泊まったんです。
その時は最上階のスイートになり、やはりバスタブなしの部屋でした。
ハッピーアワーも利用してる人はいませんでした。
でもアルコールの種類は限られているようでしたね。
なお日本のヒルトンのカスタマーケアからの情報ですが、バンコクの新設2軒のヒルトン系はポイントの付け忘れとかが多く、システムが不安定なんじゃないかとのことでした。
Commented at 2014-01-02 02:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ホテラバ at 2014-01-02 14:01 x
お正月からおいしそうなもの全開ですね。
このタイ料理店のような small on size but big on flavor 的なレストラン、shackinbabyさんは探すのお得意です。
以外にありそうでないんですよね、こういうところ。
Commented by shackinbaby at 2014-01-02 15:02
>nagiさん
そうみたいです、手動でも訂正出来るみたいなんで、僕はおかしかったところはどんどん突っ込んでいます。
たいていはすぐに修正されてます。
ただあそこ、結構オペレーターの言葉使い、スキルに差があるような・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-01-02 15:04
>ホテラバさん
「small on size but big on flavor」ですか、うまいこと言うなあ(笑)。
まぁ、これ、スペインのタパスの影響もあるんだと思いますけどね。
こういう感じのレストラン、自分のためにもこれからも探し続けていきたいと思っています。
ホテラバさんもご滞在のパリでの成果を、いくらかでもご教示いただけると嬉しいです。
Commented by UADLママ at 2014-01-06 19:10 x
ザ・サイアム、カボション・ホテル、ずっと気になっていた場所の情報、ありがとうございました。
カボション・ホテルのランチはぜひ行ってみたいです。ガイヤーン、おいしそう!!
宿泊は、やはりいつものところにしておきます。
Commented by shackinbaby at 2014-01-06 19:29 x
>UADLママさん
このレストランは、なかなか良かったです。
タパス形式の小皿タイ料理という感覚も新しく、使い方次第で「良いところ、知ってるぅ」と喜ばれrそうです。
辛さの調節などの対応、英語力、少しだけマニナックな料理レパートリーと、ちょっとお洒落なタイ料理好きな方から、ベテランリピーターまで満足出来るんじゃないでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード


<< 名古屋飯? (6) きしめん 冬来たりなばタイ遠からじ (3... >>