JALバンコク線は787に (8) スイートといっても@「ダブルツリー・バンコク」の続き
ヒルトンのポイントで無料宿泊した「ダブルツリーバイヒルトンホテル・スクンビット・バンコク」。
今回は最上階のスイートにまでアッツ/プグレードされました。
nagiさんの場合も同じだったとお聞ききしましたので、このホテルのダイアモンド・メンバー優遇は、かなり確かなもののようです。
f0036857_22484046.jpg

ただ前にも書きましたが、このホテル、スイートとはいっても、広さが普通の部屋の2部屋分というだけで、他のホテルのスイートの持つ特別感はあまりありません。
f0036857_2254388.jpg

ダブルツリーのオリジナル・ブランド。
まだすべてが新しく、肌触りなど標準を上回っていると思います。
f0036857_22491334.jpg

ベッドルームを窓の方から見たところ。
f0036857_22492912.jpg

こっちの部屋にも全く同じミニバーのアーモアと・・・
f0036857_22494292.jpg

クローゼットとラックがあります。
f0036857_2249543.jpg

そういう無駄なところがありながらも、バスルームには普通の部屋と同じ面積しかとられておらず、何とバスタブ無しです。
f0036857_2250835.jpg

とにかく以前のホテルの基本構造、特に水回りなどには手をかけず、すべて表面を張り替えてきれいにした感でいっぱいです。
f0036857_22503414.jpg

シャワーの水量、温度調節などは文句なし。
洗面台の前はスライディング・ドアで、こうして開けることも出来ます。
f0036857_22504780.jpg

アメニティーはダブルツリーのいつものやつ。
f0036857_2251849.jpg

洗面所の前の寝室との境のスライディング・ドアを閉めてあるのを寝室側から見たところ。
f0036857_22512128.jpg

開けるけるとこうなります。
f0036857_22513572.jpg

小さいながらもスタイリッシュな生花が置かれているなんて、アメリカのダブルツリーじゃ考えられないかもしれません。
f0036857_22515073.jpg

歯を磨きながらも外が見えますよ。
f0036857_2252582.jpg

いろいろ文句も書きましたが、ポイントによる無料宿泊でここまでしてくれれば、文句はありません。
もちろん朝食も無料で付きますし、ネットもフリー、ハッピーアワーのドリンク無料も始まりました。
メンバー優遇はなかなかのホテルといえますね、ここ。
by shackinbaby | 2014-01-15 12:24 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< man vs plane 5000番目の記事 >>