JALバンコク線は787に (6) 「ルンルアン」で40バーツのバーミーを
僕が今回泊まった「ダブルツリーバイヒルトン・スクンビット・バンコク」のあるスクンビット・ソイ26にある麺の店「ルンルアン」は、まだタイ初心者だったころに何回か来たことがあります。
f0036857_22211199.jpg

今でも昔のたたずまいを残した、どんどんきれいになってゆくこのソイの中でも、ローカリティ抜群のこの店、バーミーが今でも40バーツで食べられます。
f0036857_22212554.jpg

この角の店の隣にもう一軒同じような店(しかも同じ「ルンルアン」という名前)がありますが、どうやらここと兄弟店のようです。
f0036857_22213945.jpg

客はひっきりなしに入ってきて、今も超人気店のよう。
写真撮り忘れましたが、ここもタナシー殿下の緑の丼マークの店です。
(これについては1月3日の「モンコン・ワッタナー」の項をご参照ください)
f0036857_22215295.jpg

中でも外というかテントの下でも、空いているところに座ります。
従業員が来たら、取り合えず「バーミーナーム」と・・・。
前は「バーミーヘン」、汁無し麺の方を頼んだので、今回は一番普通のものを。
f0036857_2222591.jpg

麺は極細麺(セン・ミン)、細麺(セン・レック)、太麺(セン・ヤイ)の3種類から選べますが、何も言わなければセン・レックで出てきます。
f0036857_22221779.jpg

ここの具は多めで、豚肉のスライスに加え、豚肉のつみれ、豚の臓物、魚のルークチン(練り物)などが入っています。
いつもの調味料入れ。
これで自分好みに味を調えて、いただきまぁす。
f0036857_22223017.jpg

雰囲気も味も「タイ~~~~~~~~~~~」って感じになれますよ。
by shackinbaby | 2014-01-14 00:08 | 旅行 | Comments(6)
Commented by leroy at 2014-01-14 08:20 x
おはようございます。
高いお料理から庶民の麺まですごく幅のあるセレクションですね。
こんなお店の中にも王様のお写真(肖像画?)が壁にあるところがタイっぽいですぅ。
Commented by EL at 2014-01-14 10:58 x
1枚目の写真にモールトンが写ってますね。
お金持ちが高級車で乗り付けてくるクイッティアオ屋ですけど、最近は高級自転車なんでしょうか。
タイもずいぶん変わった気がします。
Commented by shackinbaby at 2014-01-14 18:41
>leroyさん
タイにおいての国王への敬意と人気には本当にすごいものがあります。
最近の政情不安の中、落としどころは国王の鶴の一声だけなんて話も・・・。
ご高齢なだけに、これからのタイの政情も含めて、心配です。
タイ人は朝の8時と夜の6時に必ず立ち止まるってご存知です?
僕、あの光景に初めて出くわしたとき、かなりびっくりしました。
国王賛歌が流れ、街中でもどこでも皆さん立ち止まって敬意を表すんですよ。
Commented by shackinbaby at 2014-01-14 18:41
>ELさん
お久しぶりです、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
あの自転車、アレックス・モールトンなんですか?
僕には見ただけでは全然分からない、ELさん、すごい、お乗りになってらっしゃるんですか?
タイのお金持ちはとてつもなくお金持ちですから、こんな高価な自転車が普通に走っていてもおかしくないかもですね。
彼らの興味も高級車のような分かりやすいものから、こういう趣味の世界への高級品にシフトしてきているのでしょうか。
経済がどんどん成熟していっているようですね。
ま、一部の人たちだけなのでしょうが・・・。
またいろいろお教えくださいね。
Commented by EL at 2014-01-15 13:29 x
こちらこそよろしくお願いいたします。
小径車が好きなのでアレックス・モールトンは憧れですが、最近の円安で憧れのまま終わりそうです。
私はブロンプトンに乗っていて、一年ほど前に訪タイした際、バンコク郊外にあるディーラーを訪ねてみました。
丁度納車のお客さんが来ていたりと繁盛しているようでしたね。
こういう商売が成り立つということは、ハイソーだけでなく中間層が厚くなってきたという印象を持ちました。
一昔前は自転車に乗ってると言うだけでタイでは奇異な目で見られたものですが、隔世の感がありますね。
Commented by shackinbaby at 2014-01-15 22:29
>ELさん
「いつかはブロンプトン!」のブロンプトン・バイシクルですね。
すごいやつにお乗りですね。
タイでも自転車にということは、折り畳みを日本からお持ちになったとか・・・。
僕はもう大分前ですが「Co Van Kessel Bangkok Bicycle Tours」というのに参加したことがあって、オランダ人の学生さんたちとバンコクの街を走ったことがあります。
http://www.covankessel.com/
季節のせいか、ただただ暑くて疲れて、あまり良い印象は残っていないのですが、ガイドがめちゃくちゃベテランといった感じの人で、普段は見られない角度でバンコクを見られたのは、嬉しかったです。
名前
URL
削除用パスワード


<< JALバンコク線は787に (... JALバンコク線は787に (... >>