多謝、香港 (16) 「ジ・アッパーハウス」のスイート
スイートにアップグレードといわれてにやにやの止まらないshackinbaby、それを本当に丁寧にエスコートしてくれるインド系の男性マネージャー。
f0036857_22593146.jpg

このホテルは38階以上に客室、僕のスイートはその39階と・・・。
良いですよスイートなら、このホテルでも一番低いほうの階でも(笑)。
f0036857_22595715.jpg

(エレベーターホール奥は吹き抜け、↑が吹き抜けの一番下の部分の38階、これより下が「JWマリオットホテル香港」ということになります)
f0036857_2256588.jpg

ライティングは新しく、ホテル内はすべてを作り替えているというか張り替えてあって、モダンなデザインに上手くまとまっていますが、基本は1989年建築の古い建物。
どうしても天井高など基本的なところは変えられません。
僕はそれが超高級ホテルとして、まず気になりました。
f0036857_22554198.jpg

カードキーをドア横のセンサーにかざして部屋に入るのですが、このセンサー部分は教えてもらわないとどこにあるか分かりづらい作りです。
ドアが開けられます。
重いドアです。
f0036857_2343128.jpg

するとさすがスイート、中央にモダンなアートが、そして左右に分かれるように部屋が広がっています。
こうしたアートが部屋のあちことに置いてありますが、私見ではどうもしっくりくる感じではありません。
まずは左の方に案内されます。
f0036857_23124461.jpg

そこはリヴィング・ルーム部分。
とにかく広いし、2方に開けた窓、大きなL字型のソファ、数多くある備品、ま、これはどう見ても高級ホテルのスイート、間違いなしです。
f0036857_2351845.jpg

ソファの座り心地も良いし、どこの質感もまずまずです。
でも何か僕には馴染めない感じ、デザイン的に不統一なところ、変型の部屋を上手く使いこなせてない感じがするのです。
f0036857_2353993.jpg

マネージャーもソファに座って、雑談形式で部屋の説明を・・・。
f0036857_2355949.jpg

とにかく広いし、備品も多いので、その説明も長いです。
このホテルには日本語スピーカーはいないようだし、説明はちゃんと聞かなくちゃですが、英語の不得意な人は頭が痛くなっちゃうかもしれません。
f0036857_2361733.jpg

マネージャーに何か飲むかと聞かれたのでコーヒーをというと、レストランからコーヒーが届きます。
ウェルカム・ドリンクということなのでしょうか。
f0036857_236355.jpg

テーブル周りには見えないところにも、各種ボードゲーム等本当にいろいろなものが置いてあります。
f0036857_2365649.jpg

テレビはSHARP製、最新ホテルに比べると、もうこのテレビ、小さく感じてしまいます。
f0036857_237154.jpg

リモコンなどはすべて見えないように木箱に入っていたりしますが、一つ一つが違うデザインなので統一性がに欠けます。
カーテンもリモコンでフル電動で動きます。
f0036857_2373966.jpg

窓の外にはいかにも香港のハーバービューが広がっていますが、残念、天気予報通り、午後になってどんどん天気が悪くなっていきます。
f0036857_2375975.jpg

雲が厚く、低いです。
f0036857_238141.jpg

これは返す返すも残念でした、こんな良い部屋に泊まるチャンスをもらったのに・・・。
f0036857_2383331.jpg

それからこのホテル、新しめのホテルにありがちの「ホテル情報はすべてこのiPhonの中にあります」スタイルです。
つまり紙のブローシャーはなく、この電子ブローシャ―のみということです。
f0036857_239371.jpg

これでホテル内のあらゆる情報が得られますし、ルームサービスなどもここから注文出来ます。
f0036857_2391930.jpg

by shackinbaby | 2014-02-01 00:24 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2014-02-01 19:14 x
私の時にはiPhoneの不具合でサービスに支障がありました。二回交換してもらいましたがそれでも・・・。マネージャー、スタッフからお詫びの意味でかなり良くしていただけました(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-02-02 00:16
>momoさん
このスタイル、世界中でどんどん増えてきていますが、日本人はまだまだ慣れないスタイルですよね。
iPhone使いには便利この上ないのでしょうが・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< エアライン・ラウンジ絡みの珍ニュース 久しぶりの札幌 (1) 便変更... >>