多謝、香港 (17) 「ジ・アッパーハウス」のスイートの続き
アップグレードしてもらって「アッパースイート」という広さ114㎡のスイートルームに宿泊の香港「ジ・アッパーハウス」。
f0036857_1347264.jpg

いかにも有能そうなインド系の男性マネージャーに部屋の説明を受けますが、とにかく備品も多くて、その説明を全部聞くのは相当に時間がかかります。
(このスイートのフロアプランは

http://www.upperhouse.com/en/~/media/Files/TheUpperHouse/pdf/the_rooms/floor_plans/Harbour%20Suite.ashx

で見られます)
室内の備品はすべてビスポーク(注文家具)ということですが、僕にはちょっとデザイン上の統一性に乏しいような気もしました。
贅沢言い過ぎなのは分かっていますが・・・。
f0036857_13474276.jpg

コンセント、コネクター、ジャック類は超豊富。
今度はリヴィングルームの壁面を見てみましょうか。
f0036857_1348786.jpg

壁一面がすべて観音開きで開く仕掛けで、中はミニ・バー・エリアに・・・。
いやいや、「ミニ」バーじゃないですね、この規模では。
こんなにいろいろ揃っている「ミニ」バーはあまり見たことがありません。
f0036857_13482256.jpg

実際このホテルではここを「マキシ・バー」と呼んでいます。
確かにマキシマムでしょう、これでは。
f0036857_13531934.jpg

温度表示付きの冷蔵庫はワインクーラーも兼ねています。
そしてこのワイン以外、ここの飲食物、すべてが無料なのです。
f0036857_13491515.jpg

ビールも各種ソフトドリンクもジュースもミルクもすべて無料、飲み放題なんです。
更にガラスのジャーに入っているチョコレート、ナッツ、ビスケットなど、これもすべて食べ放題。
f0036857_13494318.jpg

中段の黒い箱にはティーバッグ類が・・・。
f0036857_1350027.jpg

カトラリー類も完備。
f0036857_13541021.jpg

トースターまであります。
f0036857_13543211.jpg

じゃ、今度は隣のベッドルームに行ってみましょう。
f0036857_13543485.jpg

わぉ、ここもまた2面窓です。
f0036857_13545115.jpg

このホテルは外から見ても分かるようにぎざぎざの外観、なのでこうした2面窓の部分がとても多いのです。
f0036857_1355924.jpg

2面窓があると景色をより広い角度で見られて、僕ら景色フェチには嬉しい作り。
こちらからはシティー・ビューを中心にハーバーからヒル(マウンテン)まで見えてしまいます。
f0036857_13552744.jpg

どの部屋の窓際にもクッションが・・・。
ベッドに寝そべると、何とも空中浮遊感がすごいです、この部屋。
f0036857_13554443.jpg

ガウンも肌触りに良いものが用意されていました。
f0036857_13573273.jpg

by shackinbaby | 2014-02-03 12:30 | 旅行 | Comments(12)
Commented by momo at 2014-02-03 21:40 x
「空中浮遊感がすごいです」私も全く同感です!
Commented by たにとも at 2014-02-03 22:04 x
リビングはホテルっていうより、どなたかのお宅のよう。
とても寛げそうですね。
・・・とか書いてみましたが、
こんな広いホテルのお部屋に一人で滞在となると
私だと持て余しそう。
shackinbabyさんはスマートに過ごされるのでしょうね。

Commented by ma-yamanaka at 2014-02-03 23:13 x
shackinbaby さん こんにちは。 久しぶりにThe Upper Houseを拝見しました。 最近はRitz Carltonばかりですが、この浮遊感たっぷりの部屋を見せて頂きましたので次回はこちらも検討いたします。特にアッパースイートは狙い目ですね!
Commented by nagi at 2014-02-03 23:57 x
空中浮遊感はピカイチですね。
またディスカウントしてくれないかなぁ(今の円だと無理ですね
Commented by shackinbaby at 2014-02-04 00:28
>momoさん
お泊まりになったことのある方には分かっていただける感覚ですよね(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-02-04 00:28
>たにともさん
僕なんかたまにこんな部屋にしていただいても相当な貧乏性なんで、使うところはその一部だけだったりします。
いろいろ広げてしまうと、チェックアウトするときもう大変で・・・。
分相応の部屋が一番ですが、こういうアップグレードは本当に嬉しいものです。
たまにしかないですけれどね。
Commented by shackinbaby at 2014-02-04 00:29
>ma-yamanakaさん
お久しぶりです、ご無沙汰しております。
見ていてくださったのですか、嬉しいです。
ma-yamanakaさんのような著名な方にコメントいただくと、気分が相当に上がります、有難うございます。
結論は後で書きますが、はっきり言うとアップグレードしてもらって本当に何の文句もないはずですが、何となく僕にはしっくりこないところもあったホテルです。
ちょっと大き過ぎですが、リッツカールトンのハードは素晴らしいと思います。
あれでもう少し小規模で館内に人が少なければ、最高なんですが・・・。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2014-02-04 00:30
>nagiさん
そうなんです、今の為替レートは日本人旅行者にはちょっ辛いです。
僕がバルセロナに行った時と同じような旅行したいとある友人が言うので、大体の計画を立ててあげたら、どう計算しても僕の時の1.5倍以上もかかってしまう感じなんですよ。
ま、あの時は1ユーロが100円ちょっとと激安でしたからね。
今はちょっと・・・。
Commented by たにとも at 2014-02-04 22:28 x
アップグレードって本当に魔法の言葉ですよね。
私の場合は「たまに」では無く「稀に」恩恵を受けると
喜びのあまり、ドアを閉じた途端に舞ってしまいます。
今年は毎月どこかに旅行に行く予定なので
一回くらいどこかで舞いたいなぁ。。
それにしてもshackinbabyさんのレポートって
読ませていただくだけでワクワクします。
Commented by shackinbaby at 2014-02-04 23:47
>たにともさん
このブログにはいつでも本当に起こったことだけ、実際に払った料金、予約経路などきちんと書いています。
過小にも過大にも書いていません。
いつもいつもわくわくするようなことは起こらないですよ。
時々・・・です。
ま、だからこそわくわくするんでしょうけれどね。
月に一度のご旅行(うらやましい)、また何か情報がありましたら教えてください。
そして舞われたかどうかも(笑)。
Commented by ma-yamanaka at 2014-11-03 21:40 x
こんばんは!こちらの記事を拝見して私も宿泊したくなり行ってきました。また漸く記事にする事ができました。私にとってはストライクな宿泊でした何故かthe Upper Houseの宿泊は貴殿がトリガーになる事が多く感じました。これからもよろしく願います!

では
Commented by shackinbaby at 2014-11-04 13:33
>ma-yamanakaさん
ご無沙汰しております。
いまリンクしていただいた「ジ・アッパー・ハウス」のステイ・レポートを拝見いたしました。
当ブログの名前まで出していただいて、本当に有難うございました。
そのおかげで昨日はma-yamanakaさんのサイトから沢山のアクセスをいただき、ma-yamanakaさんの影響力の大きさを改めて実感している次第です。
僕はこのホテルのコンシェルジェ機能を高く評価しています。
あんなPC一つの若いお嬢さんに何が出来ると思っていましたが、いやいや、予約が香港で一番取りにくいという「ザ・チェアマン」の予約は取ってくれるは、「スプーン」の窓際席を当日予約で抑えてくれはで、僕の時はパーフェクトな対応でした。
レストランも一つだけですが、アフタヌーンティーでも本格的なディナーでも満足行くものが出てくる感じです。
日本ではあまり知られていませんが、あのスイートは良いと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< カップケーキ vs スコーン 久しぶりの札幌 (3) ル・ヴ... >>