多謝、香港 (21) アラン・デュカスの「SPOON」
香港に着いて23時間くらいたちました。
この間にいろいろなものを食べましたが、まだ最高級といったランク付けの料理は食べていません。
この夜こそはファイン・ダイニングのチャンス、この日は朝から時間があればPCをチェックしていました。
イタリアンの「Domani」や「8 1/2 Otto e Mezzo 」、モダン・フュージョンの「Bo Innovation」、行きたい店は次々に浮かんできますが、日曜で休みだったり、満席で席が取れなかったり・・・。
そんな中、眼を付けたのがアラン・デュカスのレストラン「SPOON」です。
尖沙咀の先端、「インターコンチネンタル香港」のロビー奥にあるミシュラン2星のフレンチ・レストラン。
(参考までに去年の12月に発売された香港・マカオの2014年度のミシュラン格付けでは
★★★三星店
Bo Innovation、 L’Atelier de Joel Robuchon、 龍景軒、8 1/2 Otto e Mezzo BOMBANA、Sushi Shikon(志魂)
★★二星店
阿一海景飯店、名人坊、天空龍吟、Amber、香宮、夏宮、 新同樂、天龍軒、SPOON by Alain Ducasse、Caprice、Pierre、唐閣、Wagyu Takumi
★一星店
鼎泰豐(尖沙咀)、福臨門(尖沙咀、灣仔)、夜上海(尖沙咀)、駿景軒、富豪酒家、 國福樓、利苑酒家(國際金融中心、九龍灣、旺角、北角、沙田、灣仔)、明閣、都爹利會館、杭州酒家、阿鴻小吃(北角)、蘇浙匯、六福菜館、浙江軒、彭慶記、文華扒房+酒吧、翠玉軒、添好運 (深水、北角)、波士廳、金葉庭、桃花源小廚、欣圖軒、粵 (北角)、 玉蕾、TATE、文華廳、MIC Kitchen、珀翠、Mirror、勝記、L’altro、Tosca、Il Milione、The Principal、Wagyu Kaiseki Den、Gold By Harlan Goldstein、The Steak House winebar+grill
となっています)
f0036857_23554944.jpg

ネットでの予約状況を見ると満席、でも満席表示の後に出てくる、これは常套文句なのでしょうが、「Kindly contact Dining Reservation at +852 2313 2323 for assistance」にかすかな望みを託して、「ジ・アッパーハウス」のエントランス脇に常駐しているコンシェルジュ役の女性に予約を依頼します。
「ミシュランの★付きのレストラン、しかも日曜日のディナーを、その日の昼間に予約取るなんて難しいよね」と僕。
すると、この言葉で彼女のコンシェルジュ魂が燃え上がったのでしょうか、「予約が取れるように全力を尽くしてみます」と、さも勝算があるかのように答えてくれるではないですか。
待つこと15分、「遅い時間なら予約可能のようです」とコンシェルジュから返事が・・・。
このレストランは香港らしく夜遅くまで開いていて、公式な営業時間は午後6時から11時まで。
5時間の営業ということは、すべてのテーブルを2回転させるほど予約は取っていないはず、絶対ネット上では満席でもプッシュすれば席はあるはずと踏んだのが当たったようです。
夜遅いほうが僕もお腹が空いて都合が良いので午後8時45分に予約を入れ、「最初はバー・カウンターでの対応になるかもしれない」とのお断りにもOKを入れておきました。
こういう店は予約を受けた以上はそうはならない可能性が高いはずとも考えたのです。
案の定、そろそろ出かけようかという頃にコンシェルジュからまた電話があって「ダイニング・ルームの方にテーブルを確保してあるとのことです、どうぞ楽しんでらしてください」と・・・。
すごい熱心なコンシェルジュ。
何でも「もしかしたらバー・エリアでの食事開始になるかも」と聞いて心配して、レストランに何度も電話を入れ、プッシュしてくれていたんだそうです。
(彼女の周囲には他のスタッフもいたのでチップは渡さず、「SPOON」特製のマカロンをお土産に持って帰り、ものすごく喜ばれました)
久しぶりの「インターコンチネンタル香港」からのビューはさすがの一言、大きな窓からは香港島の素晴らしい景色が・・・。
雲がとにかく厚かった午後から、風が出てきて、少し晴れてきているようです。
f0036857_23561299.jpg

あ、ここですね、「SPOON by ALAIN DUCASSE」。
f0036857_23562771.jpg

アラン・デュカスはいろいろなタイプのレストランをやっていますが、「スプーン」はコンテンポラリー・フレンチの店。
世界中に僕が知るだけでも、「スプーン・フード&ワイン(Spoon Food & Wine)」パリ、「スプーン・デ・ジル(Spoon des Iles)」モーリシャス、「スプーン・ビブロス(Spoon Byblos)」サントロペなどがあり、どの店も高く評価されている店ばかりです。
f0036857_235647100.jpg

レセプションの女性は物腰が柔らかくとても親切、僕の名前を聞くや英語と片言に日本語で挨拶。
すぐにバーの近くにあるウェイティング・エリアに案内してくれます
f0036857_2357615.jpg

店全体がかなり照度を落としているので、窓の外の景色が本当に良く見えます。
手荷物を預かってくれたり、飲み物はいかがですか・・・などかいがいしくお世話してくれます。
案内された席は何と最高の窓際席、ま、ちょっと端の方でしたけど。
最初の話は「バー・エリアで食事を始めることになるかもしれない」から「ダイニングルームのテーブルが確保された」に変わり、ついには当日予約なのに窓際席にまでたどり着きました。
席は2/3位埋まっていて、もちろん窓際席は満席。
ソムリエには僕がアルコールが苦手なことを話し、ミネラルウォーターとノン・アルコールのカクテルを頼みます。
f0036857_23573019.jpg

これは「イエローイエロー」というマンゴやパッションフルーツなどのカクテル、さすがに美味しかったですよ、これ。
f0036857_23574974.jpg

メニューを持ってメートル・ドテル登場、フランス人のようです。
彼に丁寧に「こんな良い席に通してもらって・・・」とお礼、何でもホテルからスイートルームのVIPゲストだとかいうふれこみで猛プッシュがあったんだそうです。
(単なるスイート・アップグレードのヨタ客なのにね、笑)
やはりただ僕が自分で電話したりしたのでは、この予約は取れなかったのでしょう。
そういう意味では「ジ・アッパーハウス」という高級ホテルの名前、そこの熱心なコンシェルジュ、そうしたおかげでのこの席なのでしょう。
感謝。
f0036857_2358847.jpg

このメートル・ドテルには最後まで本当に良くしてもらい、多少フランス訛りの英語が聞き取りづらいところがあったものの、オーダーを決めるのにもとても参考になるアドバイスをたくさんもらいました。
で、オーダーは、彼のお奨めを聞いて、それが沢山入っている「エクスペリエンス・メニュー」というコースに、値段はHK$1588+(日本円にして総額約25000円!)と・・・。
すごい値段です。
f0036857_23583093.jpg

彼以外のスタッフ、香港人の男女スタッフも動きが流麗で洗練されていて、パリのデュカスのレストランとまではいきませんが、まずまず一流の名には恥じないものだったと思います。
f0036857_23585474.jpg

さぁ、このゴージャスな借景を前にどんな料理が出てくるのでしょうか。
by shackinbaby | 2014-02-09 00:07 | 旅行 | Comments(12)
Commented by momo at 2014-02-09 00:31 x
チップではなくプレゼントに拍手です。感謝のこもったプレゼントに彼女も嬉しかったのでしょう。英国の某ホテルのベテランも高額チップよりもささやかな心尽くしのプレゼントのほうが嬉しいと言っていました。

私もパリ本店でびっくりするような良い席に案内されて恐縮したことがあります。アラン・デュカスの元同僚日本人シェフのご紹介だったのですが別の意味で緊張してしまいました(笑)。
Commented by ホテラバ at 2014-02-09 01:27 x
インターコンのデュカスはオンライン予約で20%オフをやってませんか?
混んでいる日は適用にならないでしょうが、高額レストランなので20%は大きいです。
Commented by JUN2 at 2014-02-09 05:43 x
JUN2@札幌シェラトン、、本日帰 阪です。
Shakingbabyさん、おはようございます。
さすがの一言ですね♪
ホテルもレストランも結構な高額料金ですが、
これだけお洒落に使いきればお値打ち価格だなって思えてきましたよ(^^)
どんなコースをチョイスされたのか本編が楽しみです。
Commented by muchikopapa at 2014-02-09 08:26 x
取りにくいレストランは、一流ホテルのコンシェルジェから予約してもらうのが最も確率く取れそうです。カード会社経由の申し込みでも、カード会社と契約していないところでは、コンシェルジェ経由で予約しています。私もロンドンであくる日急にお昼に会食しなければならなくなり、コンシェルジェに頼むとディナー バイ へストン ブルメンタールを予約してくれ、びっくりした事があります。あの時はじめての事でチップを渡さなかったです。日本人にとってチップの習慣はむつかしいものです。
Commented by shackinbaby at 2014-02-09 13:15
>momoさん
こうしたことの超ベテランのmomoさんにそうおっしゃっていただけると嬉しいです。
でも、実は・・・お恥ずかしいのですが、裏話がありまして・・・。
このレストランでは(誰にでもかどうかはわかりませんが)お土産がありました。
メートルドテルから名刺とともに箱入りのマカロンが渡されたのです。
ここにこんなことを書くと非難ごうごうでしょうが、実はもう一箱もらっちゃったのです。
計2箱ということです。
もっとはっきり書くと「子供が2人いるので、これをもう一つ欲しいので、買えますか?」と聞いたら、「どうぞどうぞ、お持ちください」ともう一箱ってきてくれたのです。
で、結局はそのうちの一つを息子夫婦に、もう一つはコンシェルジュの女の子に・・・というのが今回の事実なんで、本当は全然格好良い話ではないんです。
Commented by shackinbaby at 2014-02-09 13:16
>ホテラバさん
はい、いやというほどそのオファーは見ましたけど、混んでいる日は適用になっていません。
特に日曜日のブランチなどは全然駄目です。
ウィークデイの空いている時に20%OFFで利用してここに書きたかったんですけど、日曜日のディナーの当日予約では無理でした。
Commented by shackinbaby at 2014-02-09 13:17
>JUN2さん
わ、札幌ですか?
大丈夫でしたか、雪?
・・・と思ったら、もう一つの書きもみが。
搭乗直前でらっしゃいますか?
伊丹行きじゃなくて関空行きは定刻に出そうですね。
お疲れ様です。
関東は大変なことになっていて、我が家は無駄に敷地が広いので、もう雪かきに大変です。
腰が痛~~~~い!(泣)
Commented by shackinbaby at 2014-02-09 13:17
>muchikopapaさん
貴重な体験談を有難うございます。
ホテルのコンシェルジュというとちゃんとコンシェルジュ。デスクにいて胸にレ・クレドールのバッジを付けた人達を僕は思い浮かべてしまいますが、このホテルの女性たちは本当に普通の女性スタッフって感じの人たちでした。
僕が信頼するレ・クレドールのバッチなどなくても、彼女たちの熱心さはすごかったです。
そこが今回びっくり、また感激したところです。
ヘストン・ブルメンタールの料理はいかがでした?
僕は評価の割にあまり好みじゃないことが多いんで、まだ2回しか試してないんですけど、つい他のシェフの店を探してしまいます。
Commented by momo at 2014-02-09 19:40 x
その裏話をお聞きしても拍手ですよ(笑)!
Commented by shackinbaby at 2014-02-09 23:32
>momoさん
momoさんは優しいですね、有難うございます。
デュカスのレストランのマカロンは美味しいですね、何か基本の共通レシピがあるのかもしれません。
マカロンなんて皆同じと思う人が多いかもしれませんが、本当に美味しいマカロンを食べると、その差は歴然です。
Commented by muchikopapa at 2014-02-10 00:10 x
へストン ブルメンタールの料理は、まあこんなもんかなと言うレベルでした。ただ、一緒に行ったイギリス人の友人は、イギリスで最も有名な料理人で、毎日テレビで見ると感動していました。私は、日本から予約していた、夜のゴードンラムゼイのクリスマスディナーが食べれるか心配していました。ゴードンラムゼイも、こんなもんかなと思いました。まあ、私の評価ですから大した事はありませんが、一回でいいかなと思っています。日本のレストランの方が美味しいと思います。
Commented by shackinbaby at 2014-02-10 11:56
>muchikopapaさん
僕もヘストン・ブルメンタールよりゴードン・ラムゼイのほうがまだ好印象ですね。
彼の汐留のコンラッドにある店は閉店しましたが、その伝統を継いだ「コラージュ」は評判良いようです。
僕の3月の誕生日はそこで祝ってくれると息子から連絡があったので、楽しみにしてるんです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 香港のお土産 コンラッド・マニラ >>