飛行機内のアルコール
アルコールの飲めない僕には関係ない話題ですが、ANAの機内で泥酔した乗客のために6時間も到着が遅れたというニュースが入ってきました。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140211-00000050-jij-soci

どうしてそんなになっちゃうんでしょうね、と下戸の僕は思ってしまいますが、機内ではアルコールの周りは早いようです。
f0036857_15204776.jpg

その理由はどうやら機内の環境が関係しているようなんです。
まず湿度ですが、機内の低い湿度によって脱水、そしてその脱水によってアルコールの吸収亢進が起こります。
アルコールには利尿作用もありますから、脱水は更に亢進、悪循環に陥ります。
次いで気圧、これは大きく関係しているようです。
水平飛行時の気圧は0.8気圧くらいでしょうが、低気圧になると末梢血管は拡張して血流が増加します。
つまりアルコールが回りやすくなるのです。
そして最大の理由に低気圧による低酸素状態ということがあります。
これはちょっと詳しく書きますと、腸から吸収されたアルコールは、肝臓でアルコールを分解する酵素によって代謝されますが、この代謝には酸素が必要です。
酸素が十分にあった方が分解反応は早く進みますから、機内の低酸素状態では、地上よりもアルコール分解に時間がかかるという事なんです。
以上のように吸収は早くなるは、分解は遅くなるはで、地上より機内ではアルコールの酔いは早く来ると説明されています。
更に言えば機内では末梢血管が拡張していて、突然の体の動きにともなって、血圧を上げにくい状態になっています。
つまりアルコールの過飲では、交感神経と副交感神経の調節が鈍くなり、急に立ち上がるなどに瞬時に対応するということが難しくなってしまっています。
トイレなどにひょいっと立つといつもより・・・ということもあるkもしれません。
ま、皆様、どうぞ機内のアルコールはほどほどに。
今回のANAの泥酔客、いったい損害賠償はいかほどになるんでしょう。
by shackinbaby | 2014-02-11 14:07 | 旅行 | Comments(20)
Commented by Smash@ken at 2014-02-11 16:04 x
Shackinbabyさん、こんにちは。いつも?上品な情報ありがとうございます。私も少ない経験ながら、機内は酔いやすいなぁと思っていました。理論的な詳しい説明は調べてなかったので、すっきり理解でき。良い記事だなぁと思い、コメント投稿しました。また更新楽しみにしています。(^^)/
Commented by momo at 2014-02-11 17:56 x
問題の乗客は某最高学府に勤務?との話もありますよ(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-02-11 19:35
>Smash@kenさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
飛行機内のアルコールについては、ここには僕以上に専門家の方が多数いらっしゃっているので、僕が間違って理解しているところがあれば、訂正が入るかと思います。
最近の787は湿度など大幅に改善したつくりになっていますが、「787では酔わない」なんてことも聞きませんから、もしかするとこうした説明以外にも、いわゆる飛行機酔いなんてのが相乗効果になっているとか、いくつもの複合因子があるのかもしれません。
今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2014-02-11 19:36
>momoさん
さすが2チャンネルですよね、すぐに特定されちゃってますね。
facebookの登場以来、本当にこういう事が調べようとすればどんどん引っかかってきますね。
もし本当に泥酔して暴れた人がうわさの人なら(たぶんそうでしょうが)、通訳的な仕事or翻訳の仕事をしていたようです。
Commented by ほまれ at 2014-02-11 20:54 x
航空法上の刑事責任は50万円以下という話で明確にありますが、
損害賠償って今までこの手の事件で訴訟とか聞いた事が無いですね。

少し調べてみるとSKYは請求する旨をHP上で示していますが、
他社は無いようですね。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 00:14
>ほまれさん
そうなのですか、僕はものすごい額を請求されちゃうのかと・・・。
燃料を余計に使った分だけでも相当になりそうな気がして。
こういう場合に、例えばニューヨークでの乗継に失敗しても(別切りのチケットだとして)、乗客はANAに何も請求出来ないですよね。
乗継遅延補償の保険金くらいですか、後でもらえるのは。
僕、そういうところにすごく疎くて・・・。
Commented by nagi at 2014-02-12 00:29 x
あらら。
飛行機にかぎらずその時々で人の体調変化はありますから…。
と、いう状況ではないみたいですね。
「俺の酒はどれだ」…は流石にドランカーのような(^_^;;;

そういえばMUCにYで行く時に隣のバックパッカー風の女性が大量のアルコールを飲んでいるなーと思ってたら案の定具合が悪くなってCAさんに「どこか横になれる所ありますか?」と、機内後方の床に寝かされていたことが。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 00:59
>nagiさん
その後ろの方で寝かされていた女性、床の上に直になんでしょうかね。
そういう時用の何か布でもあるんでしょうか。
米系エコノミーのようにアルコールを有料にすれば、また少しは違うんでしょうけど、僕も「嫌だなぁ」と思う度を越した酔っ払い、機内で随分過去に見ました。
自分が飲まないので酔っ払いに関しては全然同情しません(キッパリ)
Commented by muchikopapa at 2014-02-12 08:45 x
この方は、どのクラスの席に座ってられたのでしょう。ファーストなら対応が違っていたような気がします。私の姪っ子がエミレーツのCAをしていますが、酔っ払って暴れる客はよくいるそうです。その時は、男性のパーサーが結束バンドで捕獲すると言っておりました。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 13:00
>muchikopapaさん
ニュースの映像で見る限りはエコノミーだったみたいです。
ANAには男性のFAはいないと思いますから、酔客の拘束にはコックピットからの助っ人、あるいは機長・FAの指示で乗客の一部が手伝ったのかもしれません。
いずれにしても米系のキャリアーなどよりはこうしたことに寛容な日系エアラインでここまでのことが起きたというのは、この乗客の大トラ状態が相当なものだったということでしょう。
エミレーツ絡みですが、エミレーツには親族が利用出来る割引ってないのでしょうか(下世話な質問で失礼いたします)?
エミレーツが上手く利用出来れば、もう世界中どこへも行けちゃう路線網ですよ、最近。
Commented by yujigeorge at 2014-02-12 14:40
私も20年以上前に”お酒”での恥ずかしい思い出を反省を込めてご披露!
NY行のNorthだったと記憶してますが、そんなに多く飲んだ覚えはないのですが、太平洋上で気分が悪くなりトイレに向かう途中で意識を失い倒れたのです。
既に皆さんは就寝TIME。
後ろの席に寝かされ、私、気が付いた時には、自分でも状況がつかめず、シートの上から5,6人のアメリカンCAさんに心配そうに覗かれていて、その瞬間、小さな歓声で迎えて頂きました。
後でわかったのですが、すぐ脇には機内放送で見つけてくれた、やはりアメリカン女医さんが付きっ切りでお世話してくれた模様!
もぉお、恥ずかしいやら、情けないやら(-。-;)
でも、意識が戻らなかったらロスあたりに緊急着陸だった、と聞いて、更に・・(-。-;)!!
量的に少しでも、その日の体調などで、酷いことになるという事をその時知ったのでした!
まあ、私より、女医さんやCAさんの方が酷い目に会ったのですが!
大好きなアルコール、shackinbabyさんの情報を頂き、更に注意しなければ、と再認識いたしました!
ごめんなさいNorthさん、そしてありがとうNorthさん、 shackinbabyさん(*゚▽゚)ノ
Commented by muchikopapa at 2014-02-12 15:37 x
自分はもちろんのこと、親兄弟はビックリするくらいの値段で利用できます。ただし、エコノミーですが。
Commented by momo at 2014-02-12 18:31 x
米国便にはスカイマーシャル(武装警察官)が搭乗している場合があります。日系エアラインの場合は日本の警察官です。ただし余程のことがない限り(飛行の安全に重大な影響)身分を明かして対応しないそうです。それからANAにも男性FAは乗務してますよ。特に欧米系FAにはハンサムが多いとの噂です(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 21:20
>yujigeorgeさん
貴重な体験談を長文に渡り本当に有難うございました。
でもこれ、ご自身のブログでご披露する方が良かったんじゃないですか?
僕のところで良かったですか、すみません。
yujigeorgeさんのこの事例は、僕が文中で上げた起立性の低血圧による失神だったんじゃないでしょうか。
健康な人間の平常時では、立ち上がったとき、血圧調節の機構が自律神経などを介して即反応、心拍数や心拍出量を増加させ、下半身の血管を収縮させて、心臓へ戻る血流量を増加させます。
上記に書いたように、アルコール摂取時など、こうした血圧調節の機構が即座に反応できないか、ゆっくりになっている人では、急に立ち上がると、下半身に血液が貯まり、心臓に戻る血流量と心拍出量が減少し、血圧が低下して起立性低血圧が起こるという機序のようです。
もちろんこれにいくつかの他の要素も絡んでの症状だったのでしょうが・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 21:20
>muchikopapaさん
叔父さんまでには回ってこないのですか、そのチケット?
僕の親友は某外資系航空会社勤務ですが、その辺り相当に融通が利くようです。
彼自身は、ステイタスはスタンバイといえど、嘘みたいな料金でプライベート旅行しています。
羨ましいですけど、僕の業界でも同じようなことはあるんで、人のことは言えませんね。
Commented by shackinbaby at 2014-02-12 21:21
>momoさん
そうでしたね、JALでも運航乗務員から整備士、空港スタッフやグランドハンドリング、そして客室乗務員に至るまでのすべてのスタッフが全員男性という『こいのぼりフライト」なんてありますものね。
JALのfacebookによると、約1年前の時点で海外ベースも含めて男性客室乗務員は約70人もいるそうです。
でもなかなか会うことは少ないですよね。
スカイマーシャルは正式には航空機警乗警察官っていうんですね、一体アメリカ行き何便に一人の割合くらいで乗ってるんでしょう。
Commented by ほまれ at 2014-02-12 23:14 x
燃料代だけでもすごい値段になりそうですね…

私もこういう場面に遭った事が幸いないのですが、悪天候と同等の
取り扱いですよね。そうなら振替か払い戻しかの2者択一ですもんね、そりゃ迷惑かけられた乗客に取っては踏んだり蹴ったりでしょうね。

何らかの費用精算が多少あればいいですけど、あとは個人の
旅行保険でカバーされないと乗客の気持ちはやっぱりカバーできませんよね。
Commented by shackinbaby at 2014-02-13 10:12
>ほまれさん
300人近くも乗っていれば、皆さん行き先がニューヨークだけじゃないですものね、乗客のあせり、イライラは大変なものだったでしょう。
せめて機内からメールが送れれば、多少は何とかなる人もいたかもしれません。
ANA機はネットに接続出来るのでしょうか?
確か去年の夏ごろにはと予告されていたので、今は可能なのかもしれません。、
それにもましてこの便のFA達はもうくたくただったでしょう。
勤務時間は6時間も長くなるは、事件後は緊張しっぱなし、後半はイライラする乗客に対応しなくちゃですからね。
思わず同情です。
Commented by さんだーばーど at 2014-02-14 16:05 x
>某外資系航空会社勤務ですが、その辺り相当に融通

米系でいらっしゃいましたよね?(ちがってたらごめんなさい)

米系はプリビリッジのエリジビリティがゆるいんですよね。
バディフェアとかあって、社員同等の割引率で旅行できちゃうんです。
わたしが勤めてたところはドメスティックパートナーでもOKでした。じゃないと差別だって怒るのでしょう。
アライアンスがはじまったあたりからzoneフェアが導入され激安がさらに激安になったところもあります。
でもその頃から燃油が導入されたので結構それが負担。
でも、まちがいなくコンファームで出かけるほうが快適です(笑)
Commented by shackinbaby at 2014-02-14 19:05
>さんだーばーどさん
このブログをよく読んでいただいているようで、本当に感謝しています。
有難うございます。
ご想像の彼です。
彼からその辺の事情は聞いています。
米系は組合が強かったですからね、バディ・フェアに代表されるような優遇はかなりすごかったみたいですね。
給料はそう高くないものの、そういう付加的な優遇のために、高齢になっても皆なかなか辞めないんだよねなんて、彼は言ってました。
最近はまた事情が違うんでしょうけど・・・。
スタンバイの実情もいろいろ聞き、そのラッキーさにうらやましがったり、あまりの混み具合に全く乗れなかった時の時間の無駄さを笑いあったり、確かにコンファームが一番ですね。
彼も子供が出来てからは、スタンバイはやめて、あの手この手で系列アライアンスの安いチケットを入手、あとは空港で知り合いに「よろしく」と頼み込んでと移籍をゲットしているようです。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... 多謝、香港 (22) アラン・... >>