春の韓国弾丸 (7) 「コンラッド・ソウル」にチェックイン
僕の韓国弾丸、宿泊ホテルは汝矣島(ヨイド)の「コンラッド・ソウル」です。
ビジネス街として知られる汝矣島の漢江(ハン川)に面した場所に建つ複合施設・IFC(国際金融センター)内にあり、僕の着いた金浦航空からは地下鉄5号線(パープル・ライン)1本でアクセス可能、タクシーなら約20分で到着という便利なロケーション。
f0036857_15101933.jpg

このホテルの利用は僕は2度目で、前回の記録は去年の7月中旬の「キムチを食べたかったから週末ソウル弾丸」シリーズの(5)以降に詳述してあります。
今回も午後5時50分JAL93便着陸、午後6時イミグレ通過、午後6時10分タクシー乗車、午後6時35分ホテル到着とテンポ良く進み、汝矣島から地下鉄でソウルのどこにでもアクセス可能ということからも(実際空港からホテルまで濡れないで行けます)、このホテル、ビジネスユースだけではなく、一般観光ユースにも充分耐えうるホテルと言えます。
ホテルの作りは本当に高級ホテル、エントランスの英語ネイティブ・クラスのドアマンからベル、レセプションと一流の対応が続きます。
f0036857_15104032.jpg

極端なほど高い天井、直線を多用して、過剰な装飾品を少なくした、コンテンポラリーでスマート・ラグジャリーなデザイン。
f0036857_1514404.jpg

韓国テイストはほとんど感じませんが、唯一ロビーの各所を飾る桜は、汝矣島のこの時期の名物です。
f0036857_15111120.jpg

ホテル内は英語が公用語状態。
どの人も素晴らしい英語が話せ、中には日本語も堪能な人もいるようです。
f0036857_15112647.jpg

僕の予約はヒルトンのウェブからで、予約時点で一番安かったeasy cancellation (best available rate)料金で305000ウォン+、総額335500ウォンというもの。
どういう訳かその日はadvance purchase料金は見当たらず、部屋タイプもこのホテルで一番普通のdeluxe roomがなく、premium river view room以上の部屋が表示されていました。
f0036857_15114754.jpg

ただこのホテル、海外のホテルでは唯一、HPCJ(ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン)割引の効くホテルなので、宿泊料金はこのレートから20%OFFになります。
つまり244000ウォン+、最終的に268400ウォンが支払金額に・・・。
韓国ウォンを日本円に両替すると、その日は「 KRW 100 → JPY 9.7791 」だったので、日本円にすると1泊1室27818円でした。
f0036857_1512626.jpg

最近のウォン高を反映して、僕が韓国のホテルで支払った(スイート以外)一番高い金額に・・・。
それでもヒルトンのメンバーシップのおかげでexecutive with lounge accessにアップグレードされ、ラウンジも使え、午後4時までのレイト・チェックアウトもOKとなりました。
f0036857_1516437.jpg

5階まで続く螺旋階段もこのホテルのロビー・エリアのデザインの要。
f0036857_15131276.jpg

すごく印象的かつスタイリッシュなもので、高さは40メートルは超えるでしょう。
ダイナミックな作りのエントランスからロビーへの良いアクセントで、これはデザイナーの勝利。
誰でも思わずここで写真を撮ってしまいたくなるほどです。
f0036857_15165144.jpg

この木(銀杏?)もこのホテルのシンボル・モチーフなんだそう・・・。
レセプション・カウンターにはこんなキッズ専用の場所もあります。
洒落てますね。
f0036857_15171686.jpg

カウンター近くにあるここはコンシェルジュ・デスク?
f0036857_15173640.jpg

いえいえ、これは誰でも使える共用のPC(MACです)が置いてある、ビジネスセンターなんです。
だらしない恰好では使えない場所ですが、ちょっとした調べ物には便利でした。
もちろん自分で調べなくても、コンシェルジュに頼めば、何でも上手にやってくれますが・・・。
ホテル・チェックインの時間は午後6時40分。
37階にあるエグゼクティブラウンジは午後7時までならイブニングカクテルの時間、何か軽食も出ているはずです。
喉も乾きました。
まずはラウンジにでも行ってみましょう。
by shackinbaby | 2014-04-19 00:56 | 旅行 | Comments(6)
Commented by shoji at 2014-04-19 20:01 x
上海出張が終わりハイアットオンザバンドをチェックアウトしました。今回はスイートアップしてあったので、ものすごく快適なお部屋でした。今日のお昼までが仕事で午後からオフになったのでパークハイアット上海に移りアワードステイをしています。
あいにくの連日の雨空で、お部屋は雲の中です。
オン・ザバンドのスイートとパークの少し広い部屋ですと完全にバンドのほうがいいですね。
昨年泊まったアンダーズ上海のスイートも良かったですが、オンザバンドのスイートのほうがかなり良いかなというのが僕の感想です。
Commented by shackinbaby at 2014-04-20 00:01
>shojiさん
上海のお仕事お疲れ様です。
どうぞゆっくりお仕事の疲れを取ってください。
「オン・ザ・バンド」はバンド・ビューなら、もちろんスイートならそうでしょうが、バンドの景色は本当に良い感じで見えますよね。
shojiさんのご体験を参考にして、上海に行く時はここと「アンダーズ」のスイート・アップグレードを狙ってみましょう。
アップグレードって特典の無料宿泊にも使えるんですか?
ただ中国には仕事のチャンスがあまりないのと、個人旅行で行くにも奥さんがあの国は乗り気じゃないし・・・なんです。
Commented by shoji at 2014-04-20 07:00 x
アワードの際にはスイートアップは出来ないです。有償での宿泊の時です。
ですので、僕の場合、スイートアップは出張の時だけで、プライベート旅行はアワードばかりなので、スイートに泊まることはないです。
このあたり、SPGならアワードでもジュニアスイートくらいにはなることが多いので、悩ましいです(笑)
Commented by shackinbaby at 2014-04-20 07:22 x
>shojiさん
朝からのコメント、有難うございます。
やはりそうですか・・・ま、そりゃ、そうでしょうねぇ、了解しました。
すごく変なことをお聞きしますが、上海って街で普通に街歩きする時に、日本人であるが故の眼に見える不利益って実際にあるようでしょうか?
それがあまりなければ奥さんを説得出来そうな気もするんですが・・・。
変な質問ですみません、答えにくかったらパスしちゃってください。
Commented by shoji at 2014-04-20 16:40 x
まったく、問題ないですよ。
不利益、厳しい視線、暴言、そんなのはありません。至って平和です。
街には日本人も溢れていますし、一見して日本人だとわかります。もちろん、中国人もひとめでわかります(笑)
上海人はおしゃれな人が多いですし、広東省や福建省あたりからきている人はセンスのかけらもないので、これまたひとめてわかります。
Commented by shackinbaby at 2014-04-21 11:37
>shojiさん
そうですか、教えていただいて本当に有難うございます。
ネットで見聞きすることと、実際はだいぶ違うのですね。
やはり上海は大都会、外国人、日本人にも普通に接せられるのでしょう。
うちの奥さんにもそうした実情は話してみますが、リラックスのための旅行、嫌々行くのでは何にもなりません。
shojiさんのお話を踏まえて、もう少し夫婦で考えてから、上海はトライしてみたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ヒルトン東京」のレストラン大改装 土産はえごまのキムチ >>