ANAの新制服は格好良いかも・・・
ANAグループが今冬から採用する新制服デザイン発表会は、スケートの羽生選手もフィーチャー、なかなかに華々しいもので、一般ニュースでも大きく取り上げられていました。
制服のリニューアルは10年ぶり、そして客室乗務員の制服はこれで10代目になるとのことです。
デザインは初の外国人、ブラバル・グルン氏。
オバマ大統領夫人、キャサリン妃などセレブ御用達のデザイナーだそうです。
ANAのコーポレートカラーを活用した「ブルーライン」を大胆に取り入れ、海外でも世界の人々が「ANAの制服」とを認知できるよう、新制服をデザインしたとこと。
f0036857_9592554.jpg

個人的な感想ですが、僕、これ好きですね、良い感じです。
少なくとも最近のJALのレトロ調の制服よりずっとスマートです。
by shackinbaby | 2014-04-25 00:12 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2014-04-25 20:40 x
後ろ姿の「ブルーライン」が目を引きますね。
私もJALよりもこちらのほうが良いように感じますが、ただベテラン乗務員の方にはどうでしょうかね?(笑)

それから雑学です。
JALは"Airlines"、ANAは"Airways"と自社を英語で呼ぶ時に使います。米系の影響を受けていると"Airlines"、英国の影響を受けている航空会社は"Airways" を使うそうです。JALは運行方式をUNITEDから学びダグラス社製の飛行機を当初から導入したのでJAL系Crewが使用している航空英語は米語が中心です。一方ANAは最初に投入した機材は、英国デ・ハビラント社製の飛行機、国際線に本格参入するにあたっては、国際線機内サービスを英国系であるキャセイ航空に多くを学びました。その事情からANA Crewは、どちらかというと英国英語の影響を受けています。
そんな事情からJALとANAでは使用する用語が違うそうです。
AirwaysからAirlinesヘ転職すると非常に戸惑うそうです。エミレーツ航空やカタール航空への移籍だと、同じAirways系なので用語を理解しやすいそうですよ。
Commented by shackinbaby at 2014-04-25 23:05
>momoさん
そうなんですよ、着る人が着ないとね、なかなか・・・。
これはモデル(たぶん)が着てますからね。
それからairlineとairwaysのお話、なるほど~~~~です。
すごくためになる・・・。
JLはUAから、NHはCXからなんて、今のユーザーからは信じられないかもしれませんね。
Commented at 2014-04-27 11:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-04-27 12:46
>mXmXさん
おぉ、こんなサイトがあったのですか。
全然知りませんでした。
内容も僕の知らなかったことだらけで、興奮しました。
LAVチェックが片やトング、片や手袋とか・・・僕もこういう事に面白がれるので、やはりオタクの端くれなんでしょう。
ご紹介有難うございました。
Commented at 2014-04-27 19:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-04-27 21:56
>さ〇だ〇ば〇どさん
極秘(?)内部情報を有難うございます。
時代を感じるお話ですね、わくわくしながら読ませてもらいました。
僕、こういう話、大好物なんです。
「日ペリの遺伝子残りまくり・・・」、ははは、最高に雰囲気分かる表現と思いました。
多分さ〇だ〇ば〇どさんとお会いしたら、僕、もっとお話聞きたくて、いつまでたっても話が終わらないかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 2014朝食がおいしいホテルラ... 成田空港にカプセルホテル >>