ベトナム土産はプラカゴ
「ハイアット」シリーズが終わり次第、GWのベトナム旅行のレポートに入ります。
その前にleroyさんから聞かれたこと、お土産のことを書いておきますね。
ま、はっきり言ってベトナムにはこれが欲しいと強烈に思うものはほとんどなくて、買って帰ってきたのはベトナムらしい食料品(ブランドらしい高めのニョクマムとかライム塩、胡椒・・・)の他は、奥さんからの頼まれものばかりでした。
頼まれたのは免税の化粧品の他にこれ、荷造り用のヒモ(PPバンド)を編んで作ったプラカゴというバックです。
f0036857_282630.jpg

ベトナムでのこのバッグの本来の使い方は、素材がプラスティック紐ですから、雨に触れても紙と違って破れない、汚れたら水で洗える、重い物も入れられる丈夫さから、ストリート・マーケット等で売られる魚や野菜のバイクでの運搬に使われているんだそうです。
それが数年前日本女子の目に留まり、お洒落なバッグや籠として一躍ブレイクしたのです。
ジモティが買う店で色やデザインを選ばなければ一つ50000ドン(日本円にして220円)くらいから買えます。
もちろんそういう店は僕ら観光客の目には触れにくく、観光客御用達のベンタイン市場などでは日本人客を狙ってその数倍の値付けで売られるようになりました。
その後、安いだけでは日本人は買わないとみるや、色やデザインに工夫をこらし、編み方も手が込んだものになり、取っ手を皮にしたり、内袋を付けたりしたプラカゴが登場、更に高い値段が付けられるようになって、今に至っているようです。
僕が買って帰ってきたのは一般に日本人が買うものじゃなくて大きなもの、旅行鞄ぎりぎりのサイズのものを主に買ってきました。
そんな大きいプラカゴを何に使う?
我が家(奥さんのリクエスト)の場合はランドリー・ボックス用です。
写真の小さめサイズの方のバッグなどは奥さんが友達にあげるんだそうです。
僕が買ったのはレタントン通りの日本人街にある専門店なので定価販売、値段交渉なしの店。
大きさによって値段は違いましたが、一つ平均日本円にして1000円弱でした。
思ったよりずっと高かったですが(たぶんもっと安い店は必ずあるはず)、奥さんには喜ばれましたよ。
「日本のベトナム・フェアで売ってるのより、作りがしっかりしてるよ。チャチ感がない」
by shackinbaby | 2014-05-09 00:23 | 旅行 | Comments(4)
Commented by leroy at 2014-05-08 20:46 x
わたしかちょっとだけお願いしたことにすぐにお答えいただいてありがとうございます。このプラバッグすてきですぅ。わたしが知っているものよりずっとしっかりした作りのようです。ランドーリー用というのもいいですね。わたしはバックの白いソファ?の方も気になります。
Commented by エガ at 2014-05-08 22:48 x
数年前BS、恋する雑貨でマイコさんがプラカゴ編んでました この番組大好きでプラカゴも可愛くて私も欲しいなと思いました
奥様も見てらしたのでしょうか 私はランドリーバッグ用がいいです
Commented by shackinbaby at 2014-05-09 00:47
>leroyさん
いえ、どこかで書こうと思っていたことなので、ちょうど良かったです。
安いものなので買おうとすれば大きくても買えるんですけど、大きいものは日本に持って帰りにくいんですよ。
本当はもう少し大きなものが欲しかったんですが・・・。
プラカゴの専門店に行くと、女性はもうみんな買いたくなっちゃうみたいで、選ぶのに迷っているところをよく見ました。
僕自身は材料が原価ほぼ数円と考えると、この値段は高過ぎと思って、急速にブレーキかけちゃいました。
Commented by shackinbaby at 2014-05-09 00:48
>エガさん
あ、エガさん、プラカゴご存知でしたか。
僕は今回ベトナムに行くまでよく知りませんでした。
今回奥さんは行かなかったので、こういうの買って来てとたくさんの画像やウェブ記事を旅行前に見せられたのです。
「恋する雑貨」、NHKのBSなんですね。
これも僕は知りませんでした。
きっと女性にはたまらないものが一杯出てくるんでしょう。
本やDVDもあるとウェブには出ていました。
そういえば、ホーチミンシティは女性が好みそうな雑貨で溢れてました。
実際女性の旅行者は多かったです。
僕が初めてベトナムに来たころは、バックパッカーが旅行する場所、ほとんどが男性ばかりだったのとは、まったく様変わりしてました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大勝軒元祖つけ麺バーガー 皆さんのゴールデンウィークは? >>