もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (26) 覚林寺、ヤックラム寺
僕のベトナム2日め、朝はプール、そして朝食。
朝食の後はホーチミンシティのツアーに・・・。
僕はホーチミンシティは3回目、最初は友人とバックパッカー時代に、メコン・デルタなど一般的なところは大体回りました。
2回目は奥さんと・・・。
これは街歩きと食べ歩きが中心で、ホーチミンシティのメジャーな観光場所はほとんど見たつもりです。
f0036857_2049980.jpg

同じところにまた出かけても・・・なので、今度はこの街の少しディープなところに、プライベートツアーで行くことにしました。
大ざっぱにいうと行きたいのは中華街のチョロン、庶民生活の本当の市場(「ベインタイン市場」など観光客向けの市場ではなくという意味)辺り。
そんなツアーがあればと思い僕がアクティビティ探しによく使っている「VELTRA」(旧Alan1 net)をチェックしてみたのですが、僕の希望に合うツアーはあっても、問い合わせてみると他の参加者がいなくて2名分の費用を払えば催行可というものばかりでした。
そんな中、唯一空いていたのが、一人でも参加出来る4.5時間の半日自由ツアー、US$35。
ネットで決済、ツアー当日の朝8時半に、いかにもベテランそうな中華系ベトナム人が「パークハイアットサイゴン」のロビーに登場です。
参加者は僕一人。
前もって僕の行きたい場所の希望は伝えてあるので、車中でスケジュールの最終調整をします。
日本語にやや聞き取りずらいところもありましたが、日本に一度も来たことがないという割には、本当に日本人に慣れている人のようでした。
運転手も一人付きます。
僕の今回のテーマは中華街のチョロンとその周辺、庶民生活見学です。
まず最初に連れて行ってもらったのがヤックラム寺、覚林寺というお寺。
f0036857_20494235.jpg

ここはホーチミンシティ最古のお寺だそうで1744年の設立と・・・。
七重の塔がそびえ、お寺一帯は公園になっていて、この地域の人々の憩いの場所ともなっているそうです。
f0036857_20505049.jpg

ベトナムの仏教徒は非常に熱心、ここはベトナムの仏教文化を知るにも良いチャンス、詳しいガイドの説明に聞き入ります。
f0036857_2050285.jpg

f0036857_20512235.jpg

ベトナムのお寺では、どこでも必ず鳥を売っています。
これは、功徳のために、捕らえていた鳥を逃がしてやるということらしいのですが、場所によっては逃がした鳥を捕まえるための罠がすぐそばに仕掛けられているとこもあるとかで、ちょっと「何だか~?」です。
f0036857_20513855.jpg

これは菩提樹。
f0036857_2052731.jpg

布袋様。
確かその太鼓腹からでしょうか、金運の仏様と考えられているようです。
皆さん、真剣にお参りされてました。
f0036857_20522523.jpg
f0036857_20524272.jpg

本館に入ります。
f0036857_2053287.jpg

ひんやりした空気が漂う中で、仏像が厳かな雰囲気を醸し出しています。
f0036857_20531840.jpg

食事の用意は、お参りに来た人用のもの。
f0036857_20533726.jpg
f0036857_205446.jpg
f0036857_2054235.jpg

これはひときわ豪華な黄金の仏像。
f0036857_20544558.jpg
f0036857_20545985.jpg

沢山の信者さんが熱心なお祈りをしています。
f0036857_20551642.jpg

皆さん、独特の白装束です。
この広場一杯になるほど人の集まる時もあるそうです。
f0036857_20553522.jpg

鐘楼。
f0036857_20555492.jpg

ガイドはかなり熱心で、ベトナムの仏教、お寺、それを取り巻くベトナム人のいろいろを、本当に休むことなく話してくれました。
by shackinbaby | 2014-05-28 00:07 | 旅行 | Comments(6)
Commented by MK at 2014-05-27 18:43 x
あ、私も行きました。チョロン。使ったのは普通のバスで1万ドンでしたけど。

ただ、5月1日のメーデーだったので市場はお休み。
道端のお店でビールを飲みながら見ていると、観光客が次から次へとやってきて・・・インターナショナルな挫折感をひっそりと共有したという苦い思い出になっています。

Commented by leroy@帰宅中 at 2014-05-27 18:43 x
ベトナムのお寺はタイともまた雰囲気が違いますね。これだけ詳しく書かれてあるとまるで自分が旅行してるみたいです。これで地図が付いていればガイドブック以上でしょう。
Commented by shackinbaby at 2014-05-27 22:37
>MKさん
えっ、5月1日はお休みだったんですか、ビンタイ市場?
あそこはそんなに外国人観光客が来ますか?
僕の時はほぼジモティ・オンリーという景色でしたが・・・。
市場はとにかく面白く、特に外周の食料品屋のほうが見ていて楽しかったですね。
この後、(28)~(29)としてビンタイ市場のことを書く予定です。
僕の行った日はとにかく暑く、紫外線が強くて、後半だいぶ参っちゃいました。
MKさんのようにバスが使いこなせれば、更に面白くなるんでしょうが、僕はたぶん・・・無理です。
慣れているはずのタイでもまだ使いこなせませんから。
Commented by shackinbaby at 2014-05-27 22:37
>leroyさん
お仕事お疲れ様でした。
僕も旅行した気分になれるように(でも実際体験した事実だけを)書いているので、そうおっしゃっていただけると本当に嬉しいです。
ベトナムの仏教には道教の要素が混じっているのが、今回よ~く分かりました。
大乗仏教の中でも、本当にスタイルは各国違っていますね。
Commented by MT at 2014-05-28 13:00 x
紛らわしくて申し訳ありません。
閉じた市場のシャッターを睨んでいたら、観光のワゴンがたまたま続けて到着。
みんなシャッターの前で写真を撮っていたものですから、ガランとした街中でその姿が目立っただけで、ビンタイ市場にたくさんの観光客が来るというわけではないのだと思います。
また、チョロンへのバスは始点から終点なので、私なんかにも乗れてしまう便利路線なのです。ただそれだけ・・・(笑)。

それにしても、写真が本当に素晴らしいです。誠実で温かく、旅行に対する思い入れが伝わってきます。
Commented by shackinbaby at 2014-05-28 19:23
>MKさん
僕の方こそ失礼いたしました。
僕は読解力が不足してますね、すみませんでした。
観光のワゴンなら、ガイドが市場はこの日クローズを前もって知ったでしょうから、それはある意味仕方ないでしょうが、MKさんは残念でしたね。
ネット情報では「無休(店により異なる)」とありましたが・・・。
同じ市場でもベンタインのようなところだったら本当に無休かもしれません。
ビンタイ市場の写真、2回続きでアップします。
こんな雰囲気でした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日からですね、JALの国内線... reduced rates! ... >>