もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (27) 天后宮、ティエンハウ廟
覚林寺、ヤックラム寺を拝観してから、中華街を代表するもう一つのお寺、天后宮(ティエンハウ廟)にやってきました。
ツアーなので、僕は楽。
ガイドが冷房の効いた車のドアを開け閉めしてくれるは、時間配分は考えてくれるは、詳細な説明が付くは・・・。
同じ中華街、チョロンにあるとはいいながら、この2つの距離は結構離れています。
やはり自分でタクシーなど使いながら回っても良いのですが(その方が安上がり)、時間を有効に使ってるとは言えないかも・・・。
というのは、街の中心部と違ってタクシーの数がそう多くないのです。
捕まえるのが意外に難しかったりする印象でした、あの辺り。
f0036857_2137592.jpg

で、ここが天后宮(ティエンハウ廟)。
f0036857_21372852.jpg

ここにはかつて中国沿岸部の福建省、広東省、台湾等の人達によって、航海や漁業の守護神として信仰された女神、媽祖が祀られています。
1760年の創建とか・・・。
「穂城會館」と書かれていますが、これは広東省出身華僑の自治組織の事務所ということのようです。
f0036857_21374641.jpg

屋上にたくさんいるのは神様?
タイなどのラーマーヤナのように、何かのストーリーになっているんでしょうか?
f0036857_2138668.jpg

媽祖様とご対面。
f0036857_2138321.jpg

僕ら観光客にはこのお寺と言えば、何といっても渦巻き状の大きな線香でしょう。
f0036857_21385124.jpg

もちろんその他にも僕らにはエキゾチックに見えるものが一杯。
f0036857_21391464.jpg

寄付をした人の名前がたくさん張り付けてあります。
f0036857_21393351.jpg

この紙の色がいかにもですね。
蝋燭。
f0036857_21395252.jpg

おぉ、これです、これ。
f0036857_2140592.jpg

f0036857_2141335.jpg

f0036857_2141561.jpg
f0036857_21422042.jpg

売店でお札を買います。
そしてそれに自分の願いを書き込みます
f0036857_2142479.jpg

これを渦巻き線香に付けて、自分で線香に火を点けます。
そうすると、お寺の人(この時はオバちゃん)が長い棒を使って、天井の適当な位置に吊るしてくれます
f0036857_2143876.jpg
f0036857_21432620.jpg

この長い棒で・・・
f0036857_21434556.jpg

あっという間に天井に・・・。
f0036857_2144222.jpg

大きいものなら燃え尽きるまで1週間もかかるそうです。
f0036857_2144203.jpg

僕もやりたかったのですが、やると自分では写真撮れないので(それにガイドは僕以上に写真、下手そうだった、笑)・・・お札は買いませんでした。
でももちろん媽祖様に、僕と僕の家族、ここに来られる皆さんの今後の旅の安全は祈っておきましたよ(本当です)。
by shackinbaby | 2014-05-28 08:33 | 旅行 | Comments(4)
Commented by leroy@帰宅中 at 2014-05-28 17:48 x
まるでガイドブックですね、このお線香はわたしはマカオで見ました。
Commented by shackinbaby at 2014-05-28 19:24
>leroyさん
マカオは媽閣廟ですか?
あそこはポルトガル人が最初に植民をおこなったところと信じられていて、媽閣の広東語読みが「マカオ」の名前の由来になったんですよね。
あそこに祀られて阿媽は海の女神で、この媽祖と同じ意味です。
・・・なんて、またガイドブックみたいなこと書いちゃいました。
Commented by タイスキ2号 at 2014-05-29 09:13 x
タイでは渦巻き線香はあまり見ないです。香港で初めてこのタイプの線香が盛大にともされているのを体験した時、あまりの煙さに発作が出かかったことがあります。タイは夜間外出禁止令が少しだけ弱められたようです。
Commented by shackinbaby at 2014-05-29 10:21
>タイスキ2号さん
文武廟ですか?
そうだ、タイスキ2号さんは呼吸器がちょっと・・・っておっしゃってましたよね。
たばこ、止められてますか?
規制が弱められたって言ってもBTS11時、バス11時半までですものね、歓楽街は大打撃(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< もうこれ以上食べられません(笑... 今日からですね、JALの国内線... >>