「香港エクスプレス航空」の新デザイン、1600匹パンダ、香港食道キャンペーン
中国・海南航空系のLCC「香港エクスプレス航空」、同系の「香港航空」と外観の差別化を図るためか、ブランドの位置づけを明確にするためか、新しいロゴと新しい機体デザインを導入したそうです。
f0036857_11465328.jpg

機体後部の紫の図柄は香港の町並を表しているんだとか・・・。
で、この新デザイン機材(A320)の初号機の愛称を募集していたところ、何と「焼売」(シュウマイ)という名前に決定したそう。
ということは他のこれからの機も点心シリーズで行くんでしょうか?
餃子、腸粉、春巻、叉焼、馬拉とか?(笑)。
日本路線にもそのうち「焼売」号が飛んでくるかもしれませんね。
機内食には絶対焼売ありそうです。
点心を食べるのと同じ感覚で気軽に使える「香港エクスプレス航空」ということなんでしょうが、羽田発着便は思ったほどお安くないです。

あと最近の香港の話題といえば、「キャセイパシフィック航空」の1600匹のパンダ(人形)が特別塗装機「Spirit of Hong Kong」で香港到着という、このビデオ・クリップですかね。



人形はパンダ保護キャンペーンのためのもの、再生紙やリサイクル素材で作られてるんだそうです。

あ、そうそう、香港では、その「キャセイパシフィッツク航空」も協賛している香港政府観光局発信の香港の食の魅力に焦点を当てた「香港食道~MY TIME for HONG KONG」キャンペーンも注目といえますね。

     http://news.mynavi.jp/hongkong-shokudo/

ここでは香港の達人さんによる「香港のローカル朝食ランキング」とか「香港エッグタルトランキング」なんて読み物が興味深かったです。
前者のトップ3は「德如茶餐廳」、「瑞記咖啡」、「叁去壹點心粉麵」というマニアックなセレクション、後者は「百好咖啡餅店」、「蘭亭咖啡閣」、「美食園林餐廳」が上位でした。
次回の香港で、試してみなくちゃぁ。
by shackinbaby | 2014-06-30 00:06 | 旅行 | Comments(2)
Commented by fu-san at 2014-06-30 06:34 x
この「香港のローカル朝食ランキング」ですが、よくもこれだけ本当にローカルな所を選びますね。
私は駐在時代は九龍でしたので頻繁に行ったことはありませんが三件とも2-3回は行っています。
でも、わざわざ行くというよりは、朝から香港島に用事があった時に適当に入った感じで、特に狙っていくようなところでなないですね。。。
客層も地元のおっちゃんばかりでしたし。。
確かに味は悪くはないですが。。
Commented by shackinbaby at 2014-06-30 11:55
>fu-sanさん
こんなローカルなところに行かれたことあるんですか?
いくら駐在されていたとしても、それはすごいです。
僕は「次回、試してみなくちゃ」なんて書きましたけど、地図でその位置とか他の口コミを確かめると、果たしてその香港式朝食のためにそこまで行く価値がある??って思っちゃいました。
近くにいれば、話は別ですけれど。
特に食事は好みも強い世界なので、こういうセレクションの店は個人的に大当たりもあるし大外れもこれまた十分ある感じです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 急遽、弾丸旅行出来そうに・・・ 季節 >>