26時間ソウル (12) 「ソンスホン 」(손수헌)でランチ
沖縄の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」訪問、そして本当に久しぶりの上海旅行と、このブログで書きたいこと満載の状況。
このソウル訪問記は今回はなるべく端折り系で行きますね。
僕の行動を逐一報告は、止めておきます。
ソウル2日目の朝は早起き→プール→「コーナーストーン」での朝食のあと、ホテルの外を歩いてみます。
この辺りはビジネス街ともいえるところ、日曜日の人出は少なめです。
まして今はこの地区を代表する建物「COEX」のモールがリモデリング中、ほとんどの店が閉鎖中というのも関係しているのでしょう。
f0036857_13292693.jpg

地図を見ても、開いている店(地図で色のついているところ)はほんのわずかです。
「COEXインターコンチネンタルソウル」隣にある「現代百貨店」を覗いたり、小さいながらも免税店を覗いたりもしますが、最近の円安ウォン高、買いたいものはほとんどありません。
奥さんから頼まれていた某韓国ブランドの化粧品も値段をメールすると、「それならいらない」との返事が・・・。
散歩から帰って、「パークハイアットソウル」23階で時間をつぶします。
f0036857_13293870.jpg

これは23階エレベーター前にあるレセプション・デスク、でもスタッフがいたことはありません。
ビジネスセンターを超えて、この奥が「パーククラブ」というスパ・フィットネス・プールなどのレセプションとなります。
f0036857_13295175.jpg

プールは一つ上の階、24階にあります。
ラウンジから丸見えのプール、僕は人目の少ない時に(笑)、朝に夜に結構利用しちゃいました。
f0036857_1330410.jpg

温水プールだし、加湿もしてありそうなので、カメラのレンズはすぐ曇ってしまいます。
f0036857_13301791.jpg

ホテルのレイト・チェックアウトをお願いして、午後4時までは部屋を使えます。
ランチをゆっくりしてきてもまだ十分な時間があります。
f0036857_13303046.jpg

で、ソウル2日目のランチに選んだのは「ソンスホン」(SONSOOHEON 、손수헌)という江南にある肉料理中心の店。
この店も僕の今回のテーマ、新感覚派の料理を出すレストランなのです。

     http://www.ourhomehospitality.com/dining/dining01.asp?seq=150

f0036857_1330456.jpg

日本のウェブでは検索してもこの店のことは全く出てきませんが、英語の口コミサイトなどでは

“High standards are guaranteed” at Red & Green Korean BBQ and Modern Korean
Dining restaurant. This place is well known for prime cuts of the best quality steak,
cooked over specialized grills. Also, famous for lunch menus including “Bibimbab,
Bulgogi course”

などと評されている高級店です。
韓国の「OUR HOME」という食品ブランドが経営しているようです。
f0036857_13305913.jpg

入口には案内役の女性が出ていて、予約の名前を告げると、エレベーターで上がったところには、もう担当の女性が待ち構えていて、(名前も聞かれず)超片言でですが「いらっしゃいませ~」と僕を迎えてくれる、そう、「パークハイアットソウル」のチェックインと同じようなシステムです。
ディスプレイはモダン・コリアン。
前日の「プム・ソウル」などよりはずっとトラディショナル寄りですが・・・。
f0036857_1331259.jpg

店はかなり大きく、全部で140席くらいあると、それもホールとかなり多くの個室があるのがこの店の特徴のようです。
僕を担当してくれた女性の日本語の単語、英単語、手振り身振りでは「個室は12室ある」とのことでした。
個室は大小いろいろあって、ここはVIPルームと・・・。
f0036857_13314010.jpg

6~8人くらいの会食にちょうど良い感じの部屋です。
で、これが僕が通された部屋、2(~4)人用の部屋だそう。
f0036857_13323099.jpg

部屋の中もトラディショナル寄りのモダン・コリアン。
f0036857_13324399.jpg

個室料は無料のようです。
f0036857_13325618.jpg

メニューは写真入りの大きなもの、頼むと日本語のものも持ってきてくれます。
値段は韓国語メニュー、日本語メニュー同じです。
f0036857_1333787.jpg

ここでは肉料理が売り、特に質の良い銘柄韓国牛を多数揃えていて、値段も日本の基準からしても高い肉が並んでいます。
ただ美味しい肉なら日本でも食べられる、やはりここでは韓国ならではの、しかも新感覚のものじゃなくちゃ・・・。
それともう一つ、ここのメニュー、2人前からの料理やコースがとても多いのです。
f0036857_13332539.jpg

それらの条件をすべて満たすものの中から、僕のオーダーは「プルコギ定食」(36000ウォン)。
これは一人のオーダーでもOKと・・・。
コース仕立てで、最初は冷たい豆のスープが運ばれてきます。
すりおろした豆に胡瓜に似た植物が入っています。
いかにも夏のスターターで、ウェルビーイングな韓国スープです。
次は前菜の盛り合わせ。
f0036857_13334073.jpg

by shackinbaby | 2014-07-21 23:23 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 26時間ソウル (13) 「ソ... 26時間ソウル (11) 「コ... >>