JAL+ウェアラブルデバイス
JALと野村総研はこの5月、ホノルル空港でグーグルのメガネ型端末「グーグルグラス」の実証実験を開始したなんてニュースがありました。
「グーグルグラス」は現在、アメリカ国内でのみ試験運用を行っている段階。
電波法の関係で、日本国内では無線LANなどの電波を発する実験が出来ないので、ホノルル空港での実験となったそうです。
JALでは整備作業や貨物の積み込み時に、グーグルグラス着用で両手を自由に使えるハンズフリー環境を確保、作業効率の向上や負担軽減を図る実験などを行ったようです。
そのJAL、今度は野村総研と国内で同じ「ウェアラブルデバイス」でも「スマートウォッチ」を使った実証実験を羽田空港で開始するとのことです。
f0036857_20203585.jpg

機械から発する信号を使用し、スタッフの配置などをリアルタイムで把握する実験だそう・・・。
日系エアラインもだんだんハイテクになっていきますねぇ。


by shackinbaby | 2014-07-16 00:22 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2014-07-16 23:23 x
GoogleGlassはまだtelec認証を取っていませんから電波出せないですよね。
でも整備手順を表示するとか常に録画しておいてエビデンスにするとかいろいろ使い道は面白そうです。
Commented by shackinbaby at 2014-07-17 01:13
>nagiさん
あっ、難しい言葉出てきた・・・(笑)。
僕ははっきり言って記事にはしましたが、全然分かってません。
いろいろな可能性があって面白そうだと思いますが・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 羽田国際線ターミナルの新免税店 懐かしの神保町 (4) 共栄堂 >>