ジェットスターの見舞金サービス
LCC「ジェットスター・ジャパン」は日本国内線において「Starter Plus」運賃、もしくは「Starter Max」運賃で航空券を購入した場合に、欠航や一定の遅延で見舞金を支払うサービスを7月22日販売分から始めるとのことです。
具体的には、航空機が欠航または運休となった場合、または航空機の出発が当初の予定時刻から6時間以上遅れた場合に、「Plus」運賃での航空券購入なら10000円、「Max」運賃での購入なら20000円の見舞金が支払われるというサービス。
なるほど・・・。
でも、ということは、これからこの運賃を選ばないと、いわゆる「補償」は受けられなくなるということでしょうか。
LCCは何らかの理由で欠航した場合でも、後続自社便への振り替え、もしくは払い戻し以外の対応をしないのが普通で、だからこそ安価になっています。
しかし「ジェットスター・ジャパン」はこれまで欠航した場合にホテル代や食事代を負担するなど、レガシー・キャリアのような対応をしばしば行っています。
利用者としてはそれが嬉しいところ、「ジェットスター・ジャパン」を選ぶ理由にもなっているのでしょうが、今回のサービス開始で、「基本は必要最低限、他にサービスが必要なら追加料金」という「LCCの基本」に戻ることになるんだろうと、僕は解釈しました。
by shackinbaby | 2014-07-17 00:15 | 旅行 | Comments(4)
Commented at 2014-07-17 08:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-07-17 12:42
>さんだーばーどさん
すごい話を有難うございます。
僕には某U社に努める親友がいるって言いましたよね。
そういえば彼とのごく最近の雑談で「次XXするとしたらXXあたりだよね。あそこは怪しいよ」って・・・。
なので他社にも噂が広まるほどの話?
それともたまたま彼が思うところが当たってた・・・??
Commented at 2014-07-17 13:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-07-17 16:32
>さんだーばーどさん
もちろん彼にもこの話はもうしませんよ、大丈夫です。
口は堅いです・・・でもないか(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< ANA、「スカイトラックス」で... 26時間ソウル (8) 「プム... >>