上海、悪くないかも (3) 「アンダーズ新天地上海」の客室
ベルの先導で僕のアサインされた16階のスイートに向かいます。
エレベーターはルームキーをセンサーにかざす方式。
f0036857_15422575.jpg

28階建てですから、高いところの好きな僕は「もう少し高い階でも・・・」とつい欲が出ますが、激安追加料金で当日アップグレードしてもらった僕には何の文句も言えません。
エレベーターホールにあるイヴェント告知もすべて英語、ベルもホストほど流暢ではありませんが、癖の少ない英語で分かりやすかった・・・。
f0036857_1542367.jpg

廊下はほぼ全面に木材を使いシンプルでナチュラル、暗めな照明の中に部屋番号をややポップな字体で浮かび上がらせる・・・ホテル全体のポリシーに合ったデザインです。
f0036857_15425058.jpg

ドアを開けます。
f0036857_15431853.jpg

第一印象として、ロビーや廊下までとデザイン上の連続感充分の、木を多用した温かみの中に、クールなアーバンさもしっかり感じられる部屋・・・ということになるでしょうか。
部屋に入ってすぐの左は、洗面所、バスルーム、クローゼット、トイレなどが並び、奥はベッドルームにまで抜けてそうです。
f0036857_15432859.jpg

ここは後で見るとして、まずはリヴィングの部分を・・・。
f0036857_15433821.jpg

外から見た角の丸窓、なるほどこんな感じですか、中から見ると。
f0036857_15434839.jpg

これまた木製の印象的な大きいデスクがありますが、これは部屋によって違うタイプもあるようで、奥行きの狭いデスクがもっと細長く広がっているところもあるようです。
f0036857_15435768.jpg

そういうタイプは隣の丸いダイニング・テーブルがないようです。
f0036857_15441162.jpg

真下に見えているのが「新天地」、これなら通りを隔ててほぼ隣、いちばん近い部分には徒歩30秒といったところでしょうか。
それにしても、この窓の汚さは何?
めちゃくちゃに汚いです。
こうして写真に撮るとそうでもないかもしれませんが、上から下にかけて垂れ落ちる無数の白い線。
降灰があった後、雨が降って窓を汚した??
何度も話をしたdirector of roomsの女性にそれを言うと、悪びれもせず(?)
「来週にお掃除の予定なの、その後にまたいらっしゃって・・・」
と「I'm sorry」もありませんでした。
あまりにも明るくあっけらかんと言われたので、思わず僕も「近いうちににね」と返しちゃいましたが。
f0036857_15462072.jpg

写真右に見えているのがここ「アンダーズ新天地上海」の隣に建つ「ザ・ランガム新天地上海」です。
窓が四角っぽい他は、とても「アンダーズ」に似ています。
ここでふと気が付きました。
この「新天地」というのは、フランス租界時代に建てられた石庫門住宅を改築した再開発地区、ここ数年の間に最新エンターテイメント施設や高級ブティック、お洒落なショップやスタイリッシュなレストランが軒を連ね、上海の若者だけではなく上海を訪れる外国人観光客にとっても最高のホットスポット。
「アンダーズ」のブランド・イメージはパーソナルで上質なホテル、そして各都市の文化や個性を反映させた特徴 あるデザインと居心地の良い空間とされています。
するとこの「アンダーズ」や「ランガム」のこの作りは「新天地」に合わせた作り?
石庫門住宅へのモダン・オマージュ?
(石庫門住宅については http://www.explore.ne.jp/feature/shikumen01.php などを参照してください)
上海の最先端と租界時代の(石庫門住宅の)面影が見事に調和したこの「新天地」と、更にまた調和のとれたホテル・デザインと考えると、これは僕の妄想のし過ぎでしょうか?
ルームサービス・メニューはこのホテルのカジュアルでポップな一面を・・・。
f0036857_15442499.jpg

テレビはサムスン製品。
リモコンでも使えますが、こういうホテルでは部屋の操作はほとんど部屋に1台置いてあるiPadで可能です。
TVのチャンネル選局、照明、カーテンの開け閉めなどすべてこれ1台。
インターネットも出来ますし(ただし当ブログは一部繋がらなかった・・・何故?)、請求書も見られます。
f0036857_15444110.jpg

ウッドフロアの清掃は充分で、靴を脱いで部屋でリラックスする人にも、とても良い感じ。
f0036857_154715100.jpg

あれっ、ガラステーブルのガラスに何か書いてある・・・。
f0036857_15472612.jpg

これもデザイン?
お洒落なのかなぁ、こういうの。
f0036857_15474593.jpg

このセンスは僕にはよく分かりませんでしたが、じゃ、奥のベッドルームに行ってみましょう。
もちろんこの間はドアで閉めることも出来ます。
by shackinbaby | 2014-08-01 12:44 | 旅行 | Comments(12)
Commented by nagi at 2014-08-01 17:14 x
金盾はどんどん厳しくなりますね。
電話会議に影響が出たり結構たいへんです。
抜け道が開発されて、その後対策されてのイタチごっこですし。

上海は一度だけいったことありますが…あまり記憶に残っていないので新鮮な気分で読めます(爆
Commented by shackinbaby at 2014-08-01 19:11
>nagiさん
僕のようなお気楽系ブログのどこが「グレイトファイアウォール」にひっかかるんですか!とイライラ。
対抗するプログラムなんてのがあるんですか?
ま、あっても、説明されても、僕には全然分かりませんけどね。
あの国でビジネスするってのも本当に大変そうですね。
Commented at 2014-08-02 02:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-08-02 10:49
>tyubaさん
いつも有難うございます。
部屋に置いてあるミネラルウォーターだけで済んでしまったので、コンビニなどで水は買っていません。
いまはどこで買っても臭いなどは大丈夫なんじゃないでしょうか。
昨今の報道から疑えばきりがありませんが・・・。
全体的に上海は上海、他の中国とはちょっと違う世界水準の大都市と思いました。
Commented by ma-yamanaka at 2014-08-02 15:37 x
こんにちは待望の上海編を楽しませて頂いております。 今回紹介されているアンダーズは次に行こうかと思っていた場所なので参考になります。

私は丁度パークハイアットの記事を書いていたのですが、コンセプトがこちらとは趣がまったく違うので楽しみにしています。

ではまた!
Commented by Jun@SJC at 2014-08-02 16:50 x
>shackinbabyさん
特定のブログをブロックしてる訳じゃなくて、たとえばこのエキサイト・ブログ全体のどこかに当局的に問題のあるプログがあると、"exblog.jp"全体がブロックされます。
Commented by shackinbaby at 2014-08-03 18:36
>ma-yamanakaさん
上海については貴重なサジェスチョンをいただき本当に有難うございました。
ペニンシュラ、行ってまいりました。
あそこのテラスは、ペニンシュラ宿泊者以外の事前予約を受け付けないとのことでしたが、僕が宿泊したホテルのチーフ・コンシェルジュが、ペニンシュラの同役の人に交渉。
実際には最高の席が一人用にセッティングされて用意してありました。
あまりにも良くしてもらったので、夕食はあそこの中華に急きょ予定の変更、ここでもよく目を配っていただきました。
ma-yamanakaさんの「パークハイアット上海」のようなラグジャリーでいてスマートな滞在にはなりませんでしたが、「アンダーズ」も、それからもう1泊するホテルも、僕のコストパフォーマンスを絡めての評価では、充分満足して帰ってきました。
まだこれから延々と上海のことを書き連ねていくと思いますが、もし間違っていたり追加補足点などありましたら、ぜひご教示ください。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2014-08-03 18:36
>Junさん
いつも教えていただいて有難うございます。
なるほど、そうなんですね。
確か2ちゃんねるでかな、見たこと・聞いたことあるんですが、何かでアクセス禁止になると、同じドメインのところすべてからのアクセスが制限されるみたいな・・・そういうのと同じですか?
こういう事に僕は本当に疎いので、全然見当違いなことを書いていたらごめんなさいです。
Commented by さんだーばーど at 2014-08-03 20:21 x
アンダーズのこの台詞っぽいインテリアわたし結構スキです。
わたしの泊めていただいたお部屋の窓には「YOU'RE ALIVE, DO SOMETHING」と書いてありました。某スポーツ用品メーカーが言いそうなセリフですよね。
Commented by shackinbaby at 2014-08-03 21:21
>さんだーばーどさん
僕は書くんだったらもう少し目立つところに目立つように(下品になり過ぎずに)書いてほしいなぁ。
「ヒルトン成田」の壁の大きな漢字は嫌ですけど。
Commented by キテイジェット at 2014-12-13 23:34 x
“director of roomsの女性にそれを言うと、悪びれもせず(?)
「来週にお掃除の予定なの、その後にまたいらっしゃって・・・」
と「I'm sorry」もありませんでした。”
 ああ、いかにも “彼女” っぽい! 彼女に、アンダーズ東京の初日に、アンダーズラウンジで話しかけられてお話しました。いかにもハイアットにいそうな、若くして昇進する幹部候補生を絵に描いたような美人で、頭の良さそうな方でした。
 私は、彼女と英語で話したのですが、時折会話の中で出てくる彼女の日本語の発音が正確で、単語も「いまどき」な単語が出てくるから “この人、下手な私の英語に付き合ってくれているけど・・本当はかなり日本語が出来るんじゃ?” と思ってました。
 マンダリン台北の某美女といい、借金君様とは共通のお知り合いが・・・(笑)
Commented by shackinbaby at 2014-12-14 10:02
>キティジェットさん
はいはい、まだしっかり彼女のことを覚えています。
名前もまだ忘れてません(覚えやすいから?)。
まさにキティジェットさんご表現のような女性で・・・。
日本語も相当上手そうでした。
きっと将来ホテル界の上へ上へのぼりつめてゆく予感大です。
ハイアットじゃなくて別のホテルかもしれませんが・・・。
それとも独立して事業を・・・何をやっても成功しそうな感じがする女性でした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 上海、悪くないかも (4) 「... 上海、悪くないかも (2) 浦... >>