上海、悪くないかも (5) 「アンダーズ新天地上海」の客室の続きの続き
ハイアットの予約サイトには「アンダーズ新天地上海」のスイートについて

スタイリッシュでコンテンポラリーな80m²のスイートは、キングベッド1台を置いたベッドルームと独立したリビングルームを備え、窓からは新天地エンターテイメント地区を一望できます。 天井に設置されたLED照明はムードに合わせて調整できます。モダンなバスルームは床暖房、電子トイレ、光る半透明のバスタブを完備。 インターネットアクセス、「アンダーズ ラウンジ」でのリフレッシュメントなど、無料アメニティも揃っています

と書かれています。
f0036857_1633438.jpg

トイレはシャワートイレ、便座も自動で開きます。
f0036857_1682153.jpg

洗面所はダブル・ベイシン。
f0036857_164479.jpg

「スーパーポテト」っぽいデザインです。
マットな色合いをベースに、ベイシンやバスタブに工夫を凝らして、コンテンポラリーでポップ、他とちょっと違うバスルーム・エリアを作っています。
f0036857_1642269.jpg
f0036857_1643425.jpg

引出しの中にはこれだけのアメニティーが・・・。
f0036857_1644524.jpg

で、「工夫を凝らして」とはこれです。
スイッチ一つで、バスタブとベイシンの色が変えられるのです。
f0036857_1645767.jpg

これは乳白色。
バスルームはドア無しの開放的な作り、シャワー・エリアにもドアはありません。
f0036857_1651094.jpg

アメニティはフィレンツェの調香士「ロレンゾ・ヴィロレージ」(Lorenzo Villoresi)のもの。
割と好きな香りです。
ニューヨークで泊まった「セタイ」がこのブランドを使っていました。
f0036857_1652062.jpg

じゃ、バスタブの色を変えてみましょうか。
f0036857_1653274.jpg

最初は面白がっていろいろな色にしたりしていましたが、ふと、「だから、何?」と(笑)。
f0036857_1654520.jpg

やり過ぎると、日本人にはラブホ?って思っちゃうし・・・。
f0036857_1655655.jpg
f0036857_166692.jpg

ベイシン・バスルームの向かいは床暖房付きの床を隔てて大きな広いクローゼット。
f0036857_1662571.jpg

入ると自動点灯します。
f0036857_1664627.jpg

セイフティボックスはここです。
f0036857_1665739.jpg

さぁ、いつまで部屋にいないで、今日はサタデイ・ナイト(笑)、外に繰り出しましょう。
深夜まで開いているはずのホット・スポット「新天地」はすぐ隣です。
by shackinbaby | 2014-08-02 19:18 | 旅行 | Comments(2)
Commented by TOROZO at 2014-08-02 22:48 x
お洒落なんですけど、照明の色を変えるなんて・・・

ホント、ラブホじゃないですか!(^^

私はホテルの部屋に入ると、荷物を直ぐにスーツケースから出して
クローゼットの引き出しにしまう派です。
だから引き出しが多いホテルだと嬉しいです。

コンラッド・ソウルは引き出しが多くて良かったですね。
Commented by shackinbaby at 2014-08-03 18:36
>TOROZOさん
僕は残念ながら(幸いにして?)最近のラブホというものを知らないのですが、僕のラブホの内装イメージってこれのもう少し下卑た行きついちゃった感です。
もちろんこちらは品はしっかり保たれているんですが、もう少し違う形での「アンダーズらしさ」の方が好みです。
「コンラッドソウル」の風呂は僕は悪くないと思いますが、個人的にはシャワーブースが別じゃなくて一体型になっていたらもっと嬉しかったです(スイートは除く)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 上海、悪くないかも (6) 夜... 上海、悪くないかも (4) 「... >>