上海、悪くないかも (16) 「ウォルドルフアストリア上海オンザバンド」に到着
僕の上海2日目、午後1時半頃「南京東路」の食べ歩きから宿泊していた「アンダーズ新天地上海」に戻り、もう一度シャワーを浴びて、午後2時前にチェックアウト。
タクシーで今度は外灘(バンド)にある「ウォルドルフアストリア上海オンザバンド」(WALDORF ASTORIA SHANGHAI on the BUND、上海外滩华尔道夫酒店)に移動です。
上海での後半は、このヒルトンが持つたくさんのホテル・ブランドの中、最上級に位置する「ウォルドルフアストリア・コレクション」のホテルで過ごす予定なのです。
f0036857_20234298.jpg

「ウォルドルフアストリア」とはもちろんニューヨークの歴史ある超名門ホテルの名前。
ヒルトン・ホテルズの創始者コンラッド・ヒルトンが1949年このホテルを入手、以後ヒルトンの旗艦ホテルとして高級ホテルの象徴として世界に君臨、2005年からは、ヒルトン・ホテルズの最上級クラスのホテルを「ウォルドルフアストリア・コレクション」と命名、今ではアメリカに15軒、中国にこの上海と北京に2軒、カリブに2軒、ヨーロッパにはここでも取り上げたローマの「カヴァリエリ」やヴェルサイユの「トリアノンパレス」など5軒、中東に4軒、そして南米には1軒と計29軒のホテルがこのブランドに属しています。
(全部の名前に「ウォルドルフアストリア」と付いているわけではありません)
前述のようにアジアにはこの上海と北京の中国に2軒だけ、まだ日本には出来ていないホテル・ブランドです。
f0036857_20171815.jpg

上海の「ウォルドルフアストリア」は1910~20年代の租界時代に建てられた歴史的建造物が並ぶ外灘の中心に位置し、絵のように美しい黄浦江を背景に、上海全体から見てもランドマーク的存在のホテルとして、2010年にオープンしました。
元々は1910年に建てられた当時上海セレブがここに集ったという「上海総会」(SHANGHAI CLUB)というゴシック様式の建物をリニューアルしたもの。
(別名、「外灘2号」とも呼ばれています)
オールド上海の雰囲気たっぷりの、でも内部は最新設備で固められた、上海を代表する豪華ホテルになっています。
f0036857_20173097.jpg

ホテルはこの外灘側のスイートばかり20室からなる歴史的建造物内にある「ウォルドルフアストリア・クラブ」と、その後ろにそびえる新築の24階建ての「ウォルドルフアストリア・タワー」の2棟からなっています。
f0036857_20175453.jpg

僕の乗ったタクシーは外灘側のこのエントランスに着きましたが、実はホテルのレセプションはこの裏側の四川中路側。
こちらは主に外灘散策に出る(から帰る)人用といった感じ、でも雰囲気はこのエントランス、まさに外灘のホテル、まさにオールド上海、まさに「ウォルドルフアストリア」」です。
f0036857_20224590.jpg

警備員、ドアマン、ベルはいつも多数配置されていて、僕がチェックインだと分かると、荷物を持ち「チェックインはこちらで伺います」と僕を先導して、建物の中に入って行きます。
f0036857_20251150.jpg

(これが歴史的建造物の認定証のプレート)
f0036857_20183694.jpg

ドアはいつでも女性の手で手動で開けられます。
f0036857_20185281.jpg

わぉ、何という空間!
f0036857_20191315.jpg

こんな豪華なコリドーはちょっと他で見ません。
f0036857_20193555.jpg

左右に「ロング・バー」や「ラウンジ」など歴史感たっぷり、でも居心地の良く現代的にリニューアルされたスペースが並びます。
f0036857_2019531.jpg

清掃、整理整頓はいつでも完璧、空調もしっかり効いて、賑やかな外界とは別世界が広がります。
f0036857_2020830.jpg

ベルはそこそこの英語を話しますが、「アンダーズ」のホストほどではありません。
f0036857_2020346.jpg

ベルは僕のバッグに名前のタグが付いているか歩きながらチェックしているようです。
僕はネームタグを付けてないので、レセプションに向かう途中で「チェックインのお名前をお聞かせいただけますか?」と聞かれます。
f0036857_20205380.jpg

僕が名乗ると、「あ、分かりました」のしぐさ、そしてすかさず再度「ウェルカム・トゥ・ザ・ウォルドルフアストリア上海、ミスターshackinbaby(本当は本名で)」といってくれます。
日本人の名前を聞いただけで復唱出来る?
f0036857_20211142.jpg

僕はこのホテルの至る所で不思議な知られ方をしていたので、もしかするとヒルトンの最上級会員は何か特別な扱いをされているのかもしれません。
f0036857_20212583.jpg

歴史的建造物の部分から、どんどん奥へ、そしてレセプション・カウンターのある新館というかタワーの方に入って行きます。
結構距離はあります。
f0036857_20422100.jpg

by shackinbaby | 2014-08-08 11:32 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2014-08-08 12:22 x
こちらのホテルは上海での私のお気に入りの一つです。
新館タワーよりも旧館クラブほうがやはり良いですよね!
ご評価を楽しみにしております。
Commented by noa at 2014-08-08 13:02 x
やはり!WA、本当に趣きがあって良いですね。
私も旧館クラブの方が好きです!
楽しみ、楽しみ!
Commented by shackinbaby at 2014-08-08 20:57
>momoさん
momoさんはもうご体験済みでしたか。
僕はここ、ほぼ満足しましたが、旧館・新館の連結部分が上がったり下がったり・・・。
もう少しスムーズに連結出来てれば良かったかなと。
あと旧館から、新館に位置する施設にかなり距離があるとか・・・。
ま、小さいことですけれど。
Commented by shackinbaby at 2014-08-08 20:58
>noaさん
旧館の方に泊まった宿泊記はネットのそう多くないので、頑張って写真も撮ってきました。
順次アップしていきます。
何か追加情報、訂正事項などありましたら、よろしくお願いいたします。
Commented at 2015-11-23 11:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2015-11-23 18:53
>ぬぬっぽさん
ご心配をおかけして申し訳ありません。
僕の方は咳以外はもう問題ありません。
これも時間の問題でしょう。
XXにお住まいだったのですね。
お書きになられたように超一流のところをリーズナブルに利用されてらしたとすると、日本の最近の価格にはついていけませんでしょう。
最近でもXXではランチはそういう価格設定なんでしょうか。
ま、為替レートが以前と大きく変わってしまいましたから、同じだとしても僕ら日本人には痛いですかね。
これからもどうぞ時々お顔を見せてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


<< ひさしぶりの「だるま弁当」 プライベートジェット利用の九州... >>