上海、悪くないかも (17) 「ウォルドルフアストリア上海オンザバンド」にチェックイン
僕の上海2日目のホテルは外灘の「ウォルドルフアストリア上海オンザバンド」です。
f0036857_2163159.jpg

通常タクシーが着くのとは反対側の外灘側でタクシーを下ろされた僕は、ベルに伴われて、奥のタワーの方にあるレセプションまで歩いていきます。
f0036857_2165650.jpg

歴史的建造物と新築のタワーの2棟構成のこのホテル、2棟を無理やりくっつけた感はどうしてもあって、階段を上がったり下がったり、ハンディキャップのある人には優しく「ない」ホテルです。
(新築のタワーの中だけなら何の問題もないのでしょうが・・・)
この辺りが新旧のつなぎ目。
f0036857_2042215.jpg

下の階には広いオールデイ・ダイニングの「グランド・ブラッスリー」が見えています。
f0036857_20424671.jpg

クラブ→タワーに行く通路沿いにはカフェ「ピーコックアレイ」が広がっていて、この時間はアフタヌーンティを楽しむ人達で一杯でした。
f0036857_2043454.jpg

来ている人は見るからに一般の中国の人とは違う感じ、セレブっぽいというかお金持ち~~といった人たちばかり。
このホテルでは「アンダーズ」ほど西洋人風な顔には出会わず、ほぼ全員が中国人といった雰囲気でした。
f0036857_20515546.jpg

この奥からずっとこちらまで歩いてきて・・・
f0036857_20493185.jpg

やっとレセプション/ロビー・エリアに着きました。
結構遠い!
f0036857_20495538.jpg

(見えているのは地下1階のレストラン「グランド・ブラッスリー」入口、1階のロビー、2階のラウンジです。ラウンジはビジネスセンターも兼ねていて、ゲストなら誰でもくつろげる場所です)
f0036857_20514026.jpg

こちらのロビーも豪華な作りです。
f0036857_20521029.jpg

f0036857_20522754.jpg

チェックインはスムーズと書きたいのですが、僕のことはすぐに認識されたものの、何か手間取っている感じ。
f0036857_2050119.jpg

レセプショニストとちょっと偉そうな人(後でバトラーのチーフと判明)がPCを見つめキーボードをたたく、小声で話す、意味ありげな目配せをする・・・。
僕のここの予約はどうしてもリバー・ビューだけは確保しておきたかったのでKING DELUXE RIVER ROOMをADVANCE PURCHASEで2240元+、総額2576元というものです。
f0036857_2051765.jpg

しばらくしてから偉そうな方の人の「いつもご利用くださって有難うございます」から始まって、用意されている部屋の説明が・・・。
「とても良いお部屋をご用意していたのですが、もしshackinbaby様(本当は本名で)がよろしかったら、更に素晴らしい『当ホテル最高のお部屋』が提供出来そうです」。
ただその部屋は本当に特別な部屋なのでプラスXXXX元と最終チェックに1時間ほどいただきたい、そしてそのXXXX元はとてもスペシャルな追加料金なのでshakinbaby様専用のお値段、ご内密に・・・というような内容だったのです。
「アンダーズ新天地上海」に次いで、またもこのホテルで有料のアップグレード・オファーが。
用意出来る部屋は何とWALDORF DELUXE RIVER SUITEとのこと、そりゃあ「ホテル最高の部屋」でしょう、あそこなら上海中探しても一番の部屋かもしれません。
オリジナルの予約から何段階アップグレードなんだか・・・。
部屋のカテゴリー名は、予約するチャンネルにより多少違いますが、一般には
     ① デラックス・ルーム
     ② デラックス・リバールーム
     ③ デラックス・シティビュールーム
     ④ ジュニア・スイート
     ⑤ ラグジュアリー・スイート
     ⑥ ラグジュアリー・リバー・スイート
     ⑦ ノーブル・スイート
     ⑧ プレジデンシャル・スイート
     ⑨ ウォルドルフ・スイート(歴史的建造物内)
     ⑩ ウォルドルフ・リバー・スイート(歴史的建造物内)
     ⑪ ウォルドルフ・デラックス・リバー・スイート(歴史的建造物内)
といわれていますから、②から⑪までのスーパー・アップグレード(ただし有料、笑)。
アサインされた⑪は歴史的建造物部分(「ウォルドルフアストリア・クラブ」の方)のリバービューど真ん中のスイートです。
僕は「すみません、電卓貸してください」とお願いし(笑)、総額を確かめてから、一呼吸。
(最終金額はそういうことでここに書けませんが、通常の週末価格は6300元+くらい、その半額ちょっと上というくらいの値段でした)
そして、「じゃ、その部屋でお願いします」と・・・。
部屋の最終チェックが上がるまで「アフタヌーンティーでもいかがですか?」といわれたのですが(無料かどうかは?、たぶん有料でしょう)、僕は1時間あるならやりたいことが一杯あります。
荷物は部屋に入れておくように頼んで、これが正式のエントランス、四川中路側のドアから外に出て・・・
f0036857_20592241.jpg

ホテルの隣に位置するこれまた歴史的建造物をリニューアルして高級レストラン等(「ジャン・ジョルジュ」、「黄浦会」など)ばかりが入居している「外灘3号」という建物に向かいます。
ホテルは別名「外灘2号」、「外灘3号」までは歩いて約1分、ここの最上階7階にある「ニューハイツ」(新视角餐厅)というレストランのテラスで一息入れようと思うのです。
何でホテルの外まで?
それは景色です、ここまで来たら昼も夜も外灘・浦東・黄浦江の景色を楽しむ、それが一番だと思っているからです。
f0036857_20593968.jpg

「ニューハイツは」はその建物に入っているレストランの中では飛びぬけてカジュアル路線、それにこういう昼間の時間も開いているお店、ドリンクだけでも大丈夫なお店なのです。
by shackinbaby | 2014-08-09 00:52 | 旅行 | Comments(4)
Commented by Jun@SJC at 2014-08-10 05:49 x
これは喜んで1時間待っちゃいますね!
Commented by nagi at 2014-08-10 10:58 x
これは来ましたねー!
上海一番の部屋を大変楽しみに待っております(^_^)
Commented by shackinbaby at 2014-08-10 12:14
>Junさん
日本はお盆休みの時期に入りましたが、台風でとても天気が悪いです。
この時期国内移動・旅行の方は、ちょっと大変です。
僕は今日も仕事場ですが・・・。
ウォルドルフアストリアは有料とはいっても、通常このスイートにアップグレードされることはないとのことなので、僕は「選ばれたお客様」(バトラーの言葉)なんだそうです。
僕のどこが「選ばれた」なんだ!と思いましたが、彼らには彼らなりの基準があって、こうしてくれたんでしょう。
有難いと思っています。
Commented by shackinbaby at 2014-08-10 12:15
>nagiさん
はい、有難うございます。
この後アップしておきます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 上海、悪くないかも (18) ... ひさしぶりの「だるま弁当」 >>