思い立ったらすぐパタヤ (3) 「グランドハイアットエラワンバンコク」へ
JAL707便のバンコク・スワンナプーム空港到着はほぼ定刻のタイ時間午後10時55分。
日本との時差は2時間あるので、日本なら午前0時55分、機内で寝ているので眠気はありません。
ホテルに着いてから遊びに行けそうです(笑)。
f0036857_23573284.jpg

プレミアムレーンのクーポンをもらっているのでここを使いましたが、一般のレーンもそんなに混んでいるという感じではありませんでした。
このレーンは待ち無し、ストレスフリー。
僕は預け荷物もないし、取りあえずのタイ・バーツの現金も持っているので、あっという間に空港タクシー乗り場に・・・。
タクシー乗車は11時15分、ということは着陸してから(降機ではありません)20分しかたっていません。
f0036857_23581773.jpg

むあっとくる南国の湿気、あぁ、バンコクに来た!です。
そういえば以前はドンムアン空港に着くと、あの空港特有の黴臭い独特の臭いを感じたものですが、スワンナプーム空港もそれとはまた違う臭いが最近出てきています。
タクシーの列は長くなく、待つこと2~3分。
以前のようにタクシーに乗るのに長く待つということはありませんでした。
ま、これは時間にもよるでしょうが・・・。
僕の乗ったタクシーの運転手は出来た人(笑)。
僕が「チュアイ・パーパイ・グランドハイアットエラワン・ノイ・クラップ」というと大きくうなずき、「ハイウェイ?」と聞いてきます。
高速を使うか聞いてきたのです。
僕は「マイ・チャイ・クラップ」、「マイ」はNO、それだけだとぶっきらぼうらしいのでチャイも付けてみました。
すると運転手、不満な顔もせず下道を行き始めました。
なので高速料金もかからず、僕のホテルまでは約190バーツ+空港サーチャージ50バーツ。
1バーツは大体3.5円です。
f0036857_2358541.jpg

11時55分には、懐かしのラチャプラソン(ラチャープソン)交差点に建つ「グランドハイアットエラワンバンコク」に到着です。
f0036857_23591927.jpg

最近の僕のハイアット入門のため、今回の旅行1泊目はハイアットにしたのです。
f0036857_23593169.jpg

ここは過去に3度泊まったことがあります。
家族4人でスイート+コネクティングの部屋に泊まったこともあるし、「スパコテージ」がプール脇に初めて出来た時にショールームをしたことも・・・。
でも最近ではここのレストランに来たことはありましたが、とんとご無沙汰のホテルでした。
f0036857_23594441.jpg

ホテル・ロビーのグランド感は相変わらず昔のままで、このクラシカルなコロニアル・デザインにはいつでも圧倒されます。
f0036857_23595636.jpg

(↑はロビー階脇にある「ザ・ダイニング・ルーム」というレストラン、もちろんもうクローズしています)
客室はリニューアルされているとの話ですが、このロビーだけは手を付けていないようです。
というか、これはもう変えようがないこのホテルのアイコン的存在なのでしょう
f0036857_001157.jpg

ホテルの予約はハイアットのウェブからのマイエリート・レートで4960バーツ++、総額で5837バーツ。
日本円に直すと18800円くらいです(1バーツ約3.5円)。
f0036857_01329.jpg

バンコクは最近の観光不況でホテル価格が下がっているということですが、こういう高級ホテルはあまり下がっていないよう。
ただ「BK3K」という3000ゴールドパスポート・ポイントがもらえるオファーをやっていたので、今回のステイでは何と5000ポイント以上もポイントが貯まりました。
カテゴリー1のホテルなら1泊泊まれるポイント。
こういうところで隠れたディスカウントはしてるんですね。
f0036857_004930.jpg

ホテルは22階建て、その18階にアサインされました。
チェックインはインルーム・チェックイン。
17階がクラブラウンジで、そこには階段で降りていけるようになっています。
(16階からは上がる階段があります)
f0036857_005172.jpg

エレベーターも部屋も、カードキーでアクセス可能。
f0036857_01258.jpg

きっとエレベーター・ホール、廊下もリニューアルされているんでしょうが、以前を思い出せません。
でもドアを開けると・・・
f0036857_012279.jpg

あぁ、これはどう見ても以前とは違います、最近リニューアルされた客室でしょう。
f0036857_03169.jpg

いかにものスタイリッシュなミニバー用アーモア。
f0036857_022560.jpg

フルーツの後ろの象の積み木は有料のギフトでした。
f0036857_023693.jpg

バナナ(クルアイ)と龍眼(ラムヤイ)。
f0036857_024245.jpg

上と下のドアを開けてみると・・・
f0036857_041330.jpg

こんな感じ。
f0036857_05363.jpg

冷蔵庫の中です。
f0036857_04288.jpg

by shackinbaby | 2014-08-25 00:15 | 旅行 | Comments(15)
Commented at 2014-08-25 12:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jun@SJC at 2014-08-25 16:24 x
パクチー苦手・辛いもの苦手なんで今まで眼中になかったのですが、最近どうもバンコク・タイが気になってしょうがないのです。
借金君ブログの過去記事も順番に読ませて頂いています。
そこへ来て丁度のタイミングでタイへの旅行記が!楽しみにしています。
Commented by サリー at 2014-08-25 17:34 x
タイ語でタクシーの運転手に行き先を告げられるなんて凄いですね!昔々よくタイに一人旅で遊びに行っていた頃は片言くらい話せたものですが、今はもうすっかり忘れてしまいました。
ラチャプラソン(ラチャープソン)交差点は私にとっても懐かしいところです。ああ、久しぶりにバンコクに飛んで行きたくなりました(笑)。
Commented by nagi at 2014-08-25 18:08 x
ああ、タイいきたい!
ようやくイベントを超えたのでちょっと旅行計画でも建てないと。
Commented by shackinbaby at 2014-08-25 21:44
>Nobさん
僕だけに読めるコメントを有難うございます。
大感謝です。
何故にここを?は、FSPの呪縛ゆえです。
Nobさんのプランは相当お安かったですか?
僕は3000ポイントのボーナスが付かなかったら、他(ヒルトン系とか)にしちゃうところでしたけど。
ソフトの件ですが、僕、今まで写真はすべて撮りっぱなしで、何かソフトなどを使って修正したことがないんです。
(あ、僕の顔が写りこんじゃったのを塗りつぶしたことはあります)
お教えいただいたソフトの概略を見てみました。
便利そうですね。
僕に使いこなせるかは??ですが(僕、こういうのにまったく音痴なんです)、ここぞという時には使わせていただきます。
お教えいただいて有難うございました。
Commented by shackinbaby at 2014-08-25 21:45
>Junさん
香草類が全部だめなんですか?パクチー(香菜)のみですか?
タイの料理には、どうしてもかなり使われますねぇ。
絶対お嫌なら、ローカル・レストランでなければ
「マイ・サイ・パクチー・カップ」
で100%通じます。
「マイ」は否定形、「サイ」は入れるです。
「辛くしないでください」は
「マイ・ペッ・ナ・カップ」。
ご想像の通り「ペッ(ト)」が辛いです。
でも通常の観光客の行くレストランでは、英語が通じますし、この程度はウェイター・ウェイトレスには必須会話なので、どんなひどい発音でも通じると思います。
タイはさらっとでもディープにでも、廉価にも高級にも、どういう風にでも楽しめる旅行者にとって本当に素晴らしい国です。
観光インフラも整備されていますので、ぜひぜひ・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-08-25 21:46
>サリーさん
定型句を言っただけですよ、全然なんてことありません。
僕の知ってるタイ語なんて20~30個くらい、あと定型句を少し。
彼らもプロ、タイ語以外はほとんど駄目な人がほとんどですが、何とか客から行き先を聞こうと単語を拾い上げます。
今回の強調は「エラワン」という誰でも知っている名前と「ハイアット」。
でもこの「ハイアット」って発音が難しくて、僕はタイでは「ハヤット」で「ヤ」にアクセントを置いて発音しています。
あと「ロンレーム・エラワン」とも付け加えました。
「ロンレーム」はホテルの意味です。
Commented by shackinbaby at 2014-08-25 21:46
>nagiさん
イベント、お疲れ様でした。
旅行の計画を立てる、これがもう旅ファンには嬉しいんですよね。
今回の僕みたいに、思い立って10分でチケット発券まで行っちゃうのって、あれこれどう旅行しようか考える旅行最初の楽しみを放棄しちゃってます。
タイならやはり10月中旬以降の乾季が良いんじゃないでしょうか。
雨期のタイも良いって言いますが、やはり行動に少し制限がかかりますんで・・・。
Commented by Jun@SJC at 2014-08-26 13:10 x
>shackinbabyさん
ありがとうございます。
逆に好き嫌いを完全に無視した場合、「タイ料理入門するなら、まずこれを(ここで)食べなきゃ」っていうのは、ありますか?
Commented by shackinbaby at 2014-08-26 13:42
>Junさん
はい、ソムタムなどの野菜を使ったサラダ系(ヤム)、スープとしてかの有名なトムヤムクンやトムカーガイなど、タイ・カレー(ゲーン)にシーフードというのが日本人が食べるタイ料理の定番かと思います。
Junさんにはまず少し西洋風のアプローチの入った「ナーム」(メトロポリタン・バンコク内)あたりを、ここはシェフが非タイ人です、お勧めします。
あと市内にいくつもある「バーン・カニタ」グループ、ここはどこでも正統派の高級タイ料理が食べられます。
これらでお好みの料理が見つかれば、その後はどんどん土着系の店にディープに進んでいくことが出来ると思います。
タイ料理はタイで食べないと全然駄目です。
アメリカのタイ料理店のものは、いくら本格派、高級店といわれるところに行っても、本場のあのスパイスの調合具合には出会えません。
Commented by shackinbaby at 2014-08-26 13:42
それから辛くない料理だっていろいろありますよ。
海老のすり身揚げのトートマンクン、誰が食べても美味しくないという人はいないです。
でも付けダレ(蜂蜜ベース)がとにかくタイで、これを付けるだけで、もう口の中がタイ~~~です。
もし旅程がお決まりになったら、もう少し具体的なことを申し上げられるかもです。
こんなことくらいしか僕にはJunさんにお教えすることがないので、喜んで・・・。
Commented by Jun@SJC at 2014-08-26 16:18 x
「タイ料理はタイで食べないと全然駄目」
なるほど! これはもう現地に行って本物を体験するしかないですね。
バンコクのベテランに教えて頂いて、背中をぐいっと押されました!
Commented by shackinbaby at 2014-08-26 21:54
>Junさん
和食だってやっぱり日本でがベストでしょ、それと同じです。
カルチャーも同じ仏教徒とはいえ、日本とは全然違う体験が出来、実にエキゾチックです。
Commented by Jun@SJC at 2014-08-27 14:42 x
バンコクはホテルもいろいろなタイプがひしめいているし、計画を練るだけでも嬉しい悲鳴ですね!
Commented by shackinbaby at 2014-08-27 18:33
>Junさん
そうなんです、バンコクはホテル天国なんです。
大手のチェーンホテルはすべて出揃ってますし、個性的な独立系ホテルもたくさんあります。
どこのホテルも日本などと比べると圧倒的に素晴らしいコストパフォーマンスで、僕らをもてなしてくれますよ。
タイ人のホスピタリティはホテル業向きで、どのクラスのホテルでもそれなりに嫌な思いをすることは少ないと思います。
ぜひ、ホテル選び、悩んじゃってください(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 思い立ったらすぐパタヤ (4)... 「OKOBAN」は「お交番」? >>