「OKOBAN」は「お交番」?
「TSAロック」でお馴染みの「TRVEL SENTRY」が運営するインターネット専用のロストバゲージなどの「遺失物拾得連絡」を目的とした無料サービス、「OKOBAN」(オコバン)をお使いの方ってどれくらいいらっしゃるんでしょう。
「OKOBAN」はいまや世界共通語となっている「交番=KOBAN」から付けられた名前ということで、これが発表になった時には、僕も結構興味がありましたが、最近はほとんど忘れてしまっていました。
「OKOBAN」の「O」は、交番は市民の安全・落し物の預け先として世界の市街地で機能している施設、そんな日本が生んだ偉大な機関に敬意を表しての「お=O」なんだそうですから、日本でもっと普及しても良いサービスですが・・・(そんなこともないか、笑)。

     http://www.okoban.com/index.php/jp

このサービスは、まず「OKOBAN」の対象製品を購入し、製品に登録されている個別認識コード(UID)を「OKOBAN」のサイトで登録するだけで簡単に誰でも無料で利用することが出来ます。
UIDコードは「TRAVEL SENTRY」がランダムに作成して、「TRAVEL SENTRY」のサーバー上で管理されます。
ロストバゲージなどの際に、もし拾得者が「OKOBAN」のホームページで、製品に取り付けられているUIDコードを入力すると、「OKOBAN」のホームページを介して、事前に登録している所有者にeメールで連絡が来る、というシステム。
すごく便利なシステムだと思うのですが、まず「OKOBAN」搭載の品物でなくてはいけません。
スーツケースとか鍵。
それがどこで買えるか、いろいろ種類があるのか、値段は・・・などのハードルは高いし、拾得者、これはたぶん空港職員などが対象になると思われますが、「OKOBAN」のホームページからアクセスして所有者にメールが来るという流れは、そんなことをしなくても航空会社の方で搭乗者リストから連絡はつくでしょうし、このシステムにはPCが必須、しかもこのシステムは拾った人の善意によって成り立っていて、ロストバゲージの際の発見を約束するものではない・・・など難点も多いです。
「OKOBAN」のタグを購入してPCやスマホなどに貼りつけても機能しますが、所得者の善意によるわけですし、空港外に出てしまったら善意など到底無理でしょう。
う~~ん、やっぱりまだ僕には不要かな、このサービス。
by shackinbaby | 2014-08-25 00:14 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2014-08-25 11:14 x
善意を当てに出来ない海外では・・・?でしょうね。
PCやスマホなどに貼りつけるタグは800円程度のようです。
あくまでも盗難紛失除けのお札と考えるほうが良いのでは(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-08-25 11:43
>momoさん
善意を当てに出来ない海外、日本ではこのシステムそのものが知られておらずPC普及率も悪いので、やはり「おまじない」とか「気休め」程度ですかね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 思い立ったらすぐパタヤ (3)... 思い立ったらすぐパタヤ (2)... >>