ウィークエンド香港 (5) ホテルは「ハイアットリージェンシー香港沙田」
キャセイパシフィック航空CX549便の香港到着は現地時間(日本との時差は1時間)の午後7時45分。
同55分に飛行機のドアは開きました。
イミグレーションのe道は空いていて待ち時間ゼロ、通過時間たったの10秒くらいとウルトラ簡単入国。
預け荷物もないので、そのままエアポート・エクスプレスのホームに・・・。
コンコースのチケット売り場は並んでいる人が多かったので素通り、下車駅で支払うことにします。
午後8時3分とか4分発くらいのエアポートエクスプレスには乗れ、次の駅「青衣」で降ります。
下車したプラットフォームで運賃HK$60をカードで支払い。
改札を出るとすぐ「的士」の表示、タクシーは何台も客待ちしていて、すぐに乗れました。
英語は通じにくいこともあるので、「香港凱悦酒店沙田」と書いた紙は用意してあります
タクシー乗車時間は午後8時20分。
同40分には沙田にある「ハイアットリージェンシー香港沙田」に無事到着です。
運転手は年配、ラジオからは京劇のようないかにも中華中華した音楽が流れてきます。
緑の多い周りの風景といい、高層ビルだらけの香港中心部のタクシーとは趣がだいぶ違います。
値段はメーターでHK$105,それに有料道路代$5X2で、計HK$115(日本円で約1600円)。
遠い遠いと言われがちのこのホテルに、飛行機のドアが開いてから何と45分で到着です。
このホテル、ロケーション的にも思ったほど悪くはありません。
ところでどうしてこのホテルに?
f0036857_23315911.jpg

それは値段です。
香港のホテルはどこもかなり高値、3軒あるハイアット・ホテルの中ではとりあえずここが一番安かったし、前回始めて泊まった時とても満足したホテルだったからです。
チェックインはスムーズ、レセプションでは僕のゴールドパスポート・カードを見るなり、「リージェンシークラブ・ラウンジでチェックインさせていただきます」と25階のラウンジまで丁寧なアテンドが付きます。
f0036857_23321490.jpg

前回の宿泊時とは違ってこの日は本当に良い天気、ラウンジのガラス窓からは沙田のハーバービューが一面に広がっていて、壮観です。
アウトドア・テラスの方も夜になると温度も湿度もやや下がるのでしょう、これまた前回より気持ち良く過ごせそうな感じです。
f0036857_2334456.jpg

レセプショニストはとてもアテンティブな女性。
嬉しいことに「本日は私どもで一番良いお部屋をご用意いたしました。ハーバービューのスイートです」と言われます。
え~、うっそ~、やった~!
安い値段での宿泊なのにスイートぉ?
アップグレード券を使ったわけではないのに、インボラでですよ。
ラッキー!
f0036857_2335589.jpg

僕の予約はハイアットのウェブからで、「7 days advance」でHK$1125+、日本円にすると総額約17300円というもの。
僕がよく使う「マイエリート料金」は予約時表示がなかったので、週末だから設定がないのか、それとももう売り切れていたのか・・・。
これで午後4時までのレイト・チェックアウト、ラウンジの利用なども付いてのスイート・アップグレードですから、僕には文句、何もありません。
f0036857_23352284.jpg

ラウンジで前回話がとても弾んだ日本大好きというまだ若い男性スタッフには「オカエリナサイマセ」と日本語で挨拶されるし、気分良くラウンジと同じ25階廊下の一番奥にあるスイートのドアを開けます。
f0036857_23353641.jpg

豪華さは広さ以外あまりありませんが、清潔だし、窓からは一面のハーバービューだし、備品も足らないものはないくらいに揃っています。
広さに関しては普通の部屋のほぼ2部屋分、70㎡以上はあるでしょう。
f0036857_23355161.jpg

キチネット部分はこんなに広く、簡単な食事なら十分対応出来る感じです。
ただ電子レンジはないのでチンするわけにはいきませんが・・・。
コーヒーはネスプレッソで、カプセルは6個置いてありました。
f0036857_23361674.jpg

合板のちゃちい作りで部屋全体同様質感には欠けますが、それでもこれだけスペースがあれば・・・。
f0036857_23363181.jpg

トイレは2つあり、そのうちの一つ。
f0036857_23364826.jpg

クローゼットの隣から隣(奥)のベッドルームに行けます。
f0036857_2336592.jpg

この部屋もリヴィングの方と同じくらいの広さ。
f0036857_23441071.jpg

前述のように質感は高くないものの、あるべきところにあるべきものがあり、使いやすいスタンダードな作りです。
f0036857_2344232.jpg

最近のハイアットのようなデザイン優先ではなく、スイッチなども分かりやすくシンプル。
f0036857_23443793.jpg

テレビはサムスン製、NHKも映ります。
f0036857_23445121.jpg

コンセントにはコネクターも置いてあります。
f0036857_2345493.jpg

窓の方から部屋全体を見たところ。
こちらにもあるクローゼットは開けると点灯する仕掛けです。
f0036857_23452032.jpg

最後に洗面所からお風呂を見てみましょう。
f0036857_23453222.jpg

一面すべてが鏡という作りで、明るさ・広さ共に問題なし。
f0036857_23454641.jpg

通常のハイアット・アメニティ―、2本のミネラルウォーター、ガウン・・・。
トイレと浴室のドアをそれぞれ開けたところです。
f0036857_23455841.jpg

ドアは共に濃い色を使っていて、中は透けないようになっています。
f0036857_23461756.jpg

アメニティはVerbena、水量・水圧・水共に問題ありません。
ただ前回泊まった部屋のようにベッドルームとの間がガラス張りで、外まで見える・・・という作りではありませんでした。
部屋を一回り見て写真にも納めると、ちょっと小腹が・・・(笑)。
ラウンジはまだ開いていますがこの時間はほぼドリンク・オンリーと少しのフルーツだけ。
何かちょっと食べたい・・・。
このホテルの周りにはレストランらしきものもほとんどありません。
とするとホテル内のレストランかルームサービス。
とりあえずラウンジのレセプショニストに相談してみます。
by shackinbaby | 2014-10-06 00:09 | 旅行 | Comments(8)
Commented by ホテラバ at 2014-10-06 18:01 x
つくづく思いますがshackinbabyさんのアップグレード率ってすごくないですか?もちろんよく考えてホテルを選んでるんでしょうけど、高額のステイタスカードのデスク経由で取る予約なんてのを遥かにしのぐ優遇されぶりですね。ここまで行くと予約通りの部屋だったりするとヘンな気分になるのでは?皮肉じゃなくそう思います。
Commented by shackinbaby at 2014-10-06 20:11
>ホテラバさん
そうですかね、そう言われればそうかもしれません。
僕は基本的にケチなので(笑)、何か特典が付くってのが好きなんです。
例えばアップグレードとか・・・。
だからそうしてもらいやすいホテル・チェーンの上級会員になったりしてるわけです。
僕が超高級ホテルとか、独立系の名門ホテルなんかに泊まっていたら、アップグレードなんてきっとありませんよ。
Commented by ホテラバ at 2014-10-06 21:52 x
そうですか?アマンタカのスイートもすごかったし香港のリッツカールトンのスイートも上から2~3番目のスイートでしょう。やっぱりshakinbabyさんは何か持ってるんですよ。
Commented at 2014-10-06 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-10-06 22:51
>ホテラバさん
あ、そういえば、そういう事もありましたね。
でもせいぜいそのくらいでしょう。
アップグレードって本当に永遠の謎で、でもいくつかの偶然の複合ってのがその理由として一番考えられそうですよ。
ステイタスによるシステミック・アップグレード以外では・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-10-06 22:52
>TOROZOさん
有難う~~~!
いつも本当に有難うございます、感謝しています。
こっそり直しておきました(笑)。
そこまでしっかり見ていただいて、ブログ主としてもうこれ以上言うことがありません。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by fu-san@DFW at 2014-10-07 06:46 x
ハイアットリージェンシー香港沙田には宿泊したことがありませんが香港での赴任時代も現在も客先がここの近くのScience Parkにありますので沙田には良く行きました。というか赴任時代のサービスアパートが九龍塘でしたので毎日沙田でバスに乗り換えて通勤していました。
でも、沙田に泊る気にはならないんですよね。。 周りに何にもありませんので(笑)。。
Commented by shackinbaby at 2014-10-07 13:39 x
>fu-sanさん
遠くダラスから有難うございます。
沙田はたぶんfu-sanさんの時代より更に発展していると思いますが、やはりここは新界、田舎っちゃあ田舎です。
ましてハイアットのある大学駅周辺は中文大学だけですものね。
尖沙咀までホテルのバスで40分、渋滞があればもう少しかかります。
やはりここはある程度香港に泊まり観光も済み、香港はもう数回めのリピーターが雰囲気の変化と経費の節減のために泊まるホテルでしょうか。
後は中文大学に関係ある人、語学研修の人とか・・・。
最近は値段上がっちゃったから、もう長期滞在は値段的に無理かもですが、安かったときに一部屋2人で2週間くらいは何とかなったようですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 世界で最も安全な都市ベスト6 ボーナス・マイルいっぱい >>