ウィークエンド香港 (10) 「天香楼」で世界一高価な麺を
「ハイアットリージェンシー香港沙田」から無料のシャトルバスで尖沙咀へ・・・。
さぁ、いよいよ香港食べ歩きの本番です。
どこに行きましょう。
尖沙咀の彌敦道(ネイザン・ロード)を北上しながら、このレストランは?あの店は?と過去の記憶やネット情報をもとにランチするところを探します。
そして最終的にやはりこの時期、蟹を食べてみることにしました。
蟹ならあそこか?と思いついたのが「天香楼」です。
正確に言えば蟹専門の店ではなく、杭州料理のレストラン。
f0036857_20424725.jpg

ただ蟹、特に上海蟹はこの店が香港での正規代理店のようなことをやっていた関係で、一年中この店では食べられるのですが、そこはやはりこの時期の蟹が一番美味しいはずです。
うん、蟹にしよう、「天香楼」にしよう・・・。
記憶をたどりながら、「ザ・ミラ香港」のところで金巴利道(キンバリー・ロード)に入って行きます。
この辺りの奥はごちゃごちゃしているのでしばらく来ていないと注意が必要。
「福臨門酒家」を過ぎて柯士甸道(オースチン・ロード)に入ると、あっ、あった、「天香楼」の大きな看板。
f0036857_20442647.jpg

それにしても入りにくい店ですね。
ドアはすべてレースのカーテンで覆われていて、中はうかがい知れません。
f0036857_20453030.jpg

ここに行ったことのある人のコメント見てもほとんどの人が
「入りにくい。常連さんばかり。店員が無愛想。異常なまでに値段が高い」
と散々な言われようですが、でも必ず「でも美味しい」と締めくくられています。
f0036857_20492688.jpg

思い切ってドアを開けると、やはり予想通りクールな対応。
今の言葉でいうと塩対応?(笑)
「あ、外人さんかぁ」というような応対と思っていただければ近いと思います。
店の中はテーブルごとに大きなパーテーションがある作り、僕が行った時はたった一組が食事中だっただけ、何とも閑散とした店内です。
f0036857_20494261.jpg

メニューも出されますが、「上海蟹を・・・」と取りあえず英語で切り出すと、老練そうな年配のウェイターは「ジャパニーズ?」と聞いてきます。
うなずくと、片言の英語と日本語で
「1時半には店を閉めたい。日本人に人気なのは蟹粉撈麺です」
と時計をちら見しながら、メニューを指さします。
そりゃあ僕も「蟹粉撈麺」は食べたいけれど、何もそんなに急がせなくても・・・。
日本人はこれって決めてるんでしょうか。
よし、こうなったら僕も客だ、好きにさせてもらおうと、ただ時間的に蒸し蟹をゆっくり食べている時間はなさそうだったので、杭州料理の代表格、「龍井蝦仁」を小盆で、そしてくやしいけど「蟹粉撈麺」を。
f0036857_21103074.jpg

料理はかなり早く出てきますが、さすがさすがでした、この「龍井蝦仁」。
淡水蝦の何とぷりぷりしていること、火も入れ過ぎてないし、薄味なのにしっかりしている塩の使い方。
そして素晴らしいのは龍井茶の香り。
食べていて口の中が爽やかになるような、春風が吹いてくるような感覚に襲われます。
店員に美味しいというようなサインをすると「そうだろう」と言わんばかりうなずき、顔にわずかながら笑顔が出ます。
でも店員同士の私語もあり、約束の1時半ごろには別のテーブルですが、オウナーの愛犬まで出てきました。
人が食べているところに犬??
やはりこのレストランは日本人にはその対応はどうしても△です。
そして「蟹粉撈麺」の登場。
f0036857_21113863.jpg

撈麺の入った小丼と餡の入った皿とで運ばれてきますが、写真撮る前に老ウェイター、さっと皿の餡を丼にかけてしまいます。
普通これで3~4人前くらいに分けても良いくらいなんだそう、それを僕は一人で食べます。
贅沢でしょう?
f0036857_21122710.jpg

どう贅沢かって、正真正銘の陽澄湖で取れた上海蟹7杯分の蟹ミソだけを使ったあんかけの混ぜ麺なんですよ、これ。
餡の綺麗なオレンジを出すため、足の身は一切使わないとか、見えないところで最高の材料を贅沢に使っていると・・・。
f0036857_21132464.jpg

一口すすると、上海蟹の濃厚な蟹ミソが口いっぱいに広がって、その風味がいつまでも口に残ります。
これを何と表現して良いか適当な言葉が見つかりませんが、他で食べる「蟹粉撈麺」とは大違い、変な臭みも一切ないし、まさに絶品というしかないでしょう。
一緒に出される黒酢を垂らしても、またキリっとした味わいになり、美味しいです。
ただこれを1人で食べると、とにかく濃厚で、これはもう少し食べたいくらいの量を分けて食べるほうがより美味しいのかもしれません。
f0036857_21141860.jpg

値段はメニューから写すのを忘れましたが、お茶とこの2品でHK$780(日本円で約11000円)くらいでした。
ま、これは食べてみるしかないでしょう。
蟹を使った料理の中でも、僕はかなり好きですね、これ。
この値段から「世界一高価な麺」と書いてしまいましたが、それが正しいかどうかは分かりません。
私見です。
by shackinbaby | 2014-10-12 00:09 | 旅行 | Comments(14)
Commented by たくろう店長 at 2014-10-12 03:12 x
あんかけラーメンに11000円!!!!!

"はかたや"何杯分だろう・・・・(T_T)
Commented by muchikopapa at 2014-10-12 12:10 x
おいしそうです。蟹7杯で1万円弱。安いと思います。小熊飯店では確か一人当たり10杯と料理数皿、デザートで5万円程度だったと思います。食べてみたい。
Commented by shackinbaby at 2014-10-12 22:40
>たくろう店長さん
全部での値段ですから、麺だけなら7000円強だったと思います(不確か)。
僕も今回、一度だけですよ(たぶん)。
Commented by shackinbaby at 2014-10-12 22:41
>muchikopapaさん
全部で11000円くらいですから、麺だけなら不確かですが7000円くらいだと思います。
小熊飯店辺りで食べたら、それはすごい値段になってしまうでしょう。
今年は中国の反腐敗政策の徹底で、上海蟹の需要が激減、卸値が相当下がっているようです。
Commented by MEG at 2014-10-13 15:33 x
写真家の菊地和男さんのご本で見て以来、いつかはと思い続けてはや何年。。。
クレジットカードが使えないというし、そうなると極上紹興酒を楽しんでみたい
私たちは一体いくら用意していけばいいのかしらんとか、行かれた方の評価も
分かれるようだし、などと考えてしまって結局未訪問でした。
先日お盆の頃に発売されたhanakoにまたこのお店が載っていて、「もうそろそろ贅沢しても
罰も当たらないでしょ、次あたり行ってみようかしらねえ」と思っていたところでした。
タイミングよすぎ♪
記事を拝見して、背中を押していただいた気持です~。

家賃の異常な高騰で、繁盛店ですら引っ越しや閉店を余儀なくされる昨今の香港
ですから、行けるうちに行っておかねば!
Commented by shackinbaby at 2014-10-13 20:54
>MEGさん
天香楼は今はクレジットカードも使えます、大丈夫です。
料理は日本語の訳も付いている代表的な料理だけが書いてある小さなメニューではなく、グランド・メニューには随分いろいろな広州料理、上海料理が並んでいました。
複数で行かれたら、しっかり吟味してお料理を選ばれると良いです。
英語は通じにくいですが、ウェイターによって英語も日本語も少し分かる人がいるので、何とかなります。
料理そのものは本当に美味しかったです。
HANAKOの香港特集は僕も読みました。
Commented at 2014-10-13 21:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-10-13 23:55
>hXhXcXiさん
お写真拝見しました。
この店はフレンチの店のようですが、麺のお味はいかがでした?
Commented at 2014-10-14 07:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-10-14 18:04
>hXhXcXiさん
いつもお教えいただいて有難うございます。
hXhXcXiさんとやり取りを交わさせていただいてると、台湾、とても行きたくなっちゃいました。
鉄板のお店でもよいし、知られざる名店でも良いのですが、一人旅用のお薦めの店とかあったらいくつかお教えいただけませんでしょうか。
高級店、B級、一人で入れそうならどんなタイプでも結構です。
お時間のある時にでもよろしくお願いいたします。
(お忙しいようならどうぞ無視しちゃってください)
Commented at 2014-10-14 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-10-14 23:26
>hXhXcXiさん
早速のお返事有難うございます。
そうなんです、僕はfacebookやってないんですよ。
申し訳ありません。
ご紹介のサイトはちゃんとブックマークしてあります。
実はますます台湾に行きたくなってしまって困っています。
いま、僕の仕事の状況、そしてJALの空席と値段、チェック中です。
上手くいくと良いけど・・・。
Commented by hisabou at 2016-01-25 09:25 x
沖縄でヨットレースをした後沖縄より香港に行って天香楼よってみます。そのあと陸羽茶楼の1階でお茶と洒落込みたいですね。しかし香港は物価が上がりました。もっとも返還前との比較ですが。10人宴会でゴチしても屁でも無い金額だったのに。
Commented by shackinbaby at 2016-01-25 12:34
>hisabouさん
初めまして(ですよね)、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
那覇から香港ですか、ピーチの他にどんなキャリアーが飛んでいるのかと調べてみたら香港航空と香港ドラゴン航空が飛んでいるんですね。
ヨットの後のお疲れ直しに香港で美味しいもの、最高だと思います。
ぜひ楽しんでらしてください。
そしてまた何かあればいつでもコメントいただけると嬉しいです。
ヨットのことは全く無知ですが、hisabouさんが良い成績を残されますことを祈っております。
名前
URL
削除用パスワード


<< タイのヒルトン、「discov... 福岡で小龍包、「南翔饅頭店」 >>